ここでは実際に映画「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐の評価・・・5つ星

epi302

原 題: STAR WARS EPISODE III: REVENGE OF THE SITH
製作年: 2005年
製作国: アメリカ
出演者: ヘイデン・クリステンセン ユアン・マクレガー ナタリー・ポートマン
    : クリストファー・リー イアン・マクディアミッド サミュエル・L・ジャクソン
    : ジミー・スミッツ フランク・オズ アンソニー・ダニエルズ ケニー・ベイカー
    : テムエラ・モリソン ピーター・メイヒュー
監 督: ジョージ・ルーカス
製 作: リック・マッカラム
脚 本: ジョージ・ルーカス

あらすじ

クローン大戦の勃発から3年、戦争自体は終結に向かっていたものの、依然としてジェダイの騎士団と分離主義者たちとの戦闘は各地で繰り広げられていた。そんな中、パルパティーン最高議長がドゥークー伯爵によって誘拐される事件が発生。しかしオビ=ワンとアナキンの活躍によってパルパティーンは無事救出される。心の弱さを克服できないアナキンは、パルパティーンの真の狙いに気づかないまま、次第にオビ=ワンよりもパルパティーンに心を許すようになっていく。一方、そんなアナキンに不安を抱くパドメのお腹には彼の子の命が宿っていた。(TUTAYA Onlineより引用)

 

感想/レビュー

スターウォーズシリーズの第6作目になります。

エピソード1から通してのストーリーになっており、ダースベーダーが誕生するまでを描いた完結編になります。

率直な感想は完結編だけあって1,2よりも断然盛り上がりました。

アクションもふんだんに盛り込まれ、間違いなく面白かったです。

暗黒卿の正体やジェダイが衰退した理由、アナキンが暗黒面に堕ちる背景など要素は盛りだくさんです。

ご覧になる場合は是非エピソード1から通してご覧ください。

出演者には前作同様ヘイデン・クリステンセンユアン・マクレガーナタリー・ポートマンイアン・マクディアミッドアンソニー・ダニエルズサミュエル・L・ジャクソンケニー・ベイカーらが起用されています。

出演者にはほとんど変化はありませんでしたね。

それだけに主要キャラがどのように変わっていくのかがよくわかります。

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐予告編動画(これからみようと思っている方に)

以下からはネタばれになりますので注意してください。

物語の背景(Wikipediaより引用)

クローン大戦の勃発から約3年が経過し、戦争は銀河共和国優位の情勢にあった。しかしそんな中、パルパティーン最高議長がコルサントに襲来した独立星系連合軍に捕らえられてしまう。

 
オビ=ワンとアナキンはパルパティーン最高議長を救出するためグリーヴァス将軍の乗る戦艦インビジブル・ハンドに乗り込んでいった。

image_199f61b1

オビ=ワンとアナキンの関係は相変わらずで、アナキンは無茶と思えることを平気でやってのけていた。

戦艦にたどり着いた2人はパルパティーンが囚われている場所にドゥークー伯爵がいるのを確認した。

明らかに罠がはってあると考えられたが2人はかまわず前進する。

ドロイドが行く手を阻む中、2人で協力してパルパティーンの元へ急ぐ。

そして展望タワーに囚われたパルパティーンを発見する。

だが救出目前でドゥークー伯爵が立ちはだかる。

オビ=ワンは今度こそ協力してドゥークーと戦おうとアナキンにいい、アナキンも3年前の轍を踏まないよう協力してドゥークーに挑む。

しかし開始間もなくオビ=ワンはドゥークーの強力なフォースにより気絶させられてしまう。

それでもアナキンは果敢にドゥークーに挑みかかる。

強力な戦士に成長したアナキンはドゥークーにも引けを取っておらず、かつての借りを返すように奴の両腕を切り落とした。

アナキンはドゥークーの首にライトセーバーをつきつけるが、殺すことができない。

そんなアナキンにパルパティーンが殺せと命じる。

苦悩する中、アナキンはドゥークーの首を切り落とした。

アナキンは気絶したオビ=ワンを担ぎ、パルパティーンと共に急いで脱出を図る。

だが途中でレイ・シールドに捕らえられ、グリーヴァス将軍のもとへ連行される。

グリーヴァス将軍は2人からライトセーバーを取り上げるが、アナキンの指示によりR2D2が一瞬のすきをついて武器を取り戻す。

オビ=ワンとアナキンはパルパティーンを守りながらドロイドを蹴散らしていく。

劣勢になったグリーヴァス将軍は戦艦のガラスをたたき割り、そのすきに逃げだした。

オビ=ワンとアナキンは墜落しそうな船をなんとか不時着させることに。

大気圏に突入すると戦艦は真っ二つになり制御不能となるが、アナキンの操作により無事に着陸することに成功する。

コルサントに戻ってきたオビ=ワン達はマスター・メイス・ウィンドゥらに出迎えられる。

この時オビ=ワンは今回の手柄はアナキンにあるとして自分は一人で帰って行った。

パルパティーンはグリーヴァス将軍が残っている限り戦争は終わらないとし、メイス・ウィンドゥも必ず逮捕すると約束した。

議員から祝辞を述べられるアナキンだったが、物陰からパドメが見つめているのを発見する。

アナキンはすぐに駆け寄り会いたかったとパドメに語りかける。

picrevengeofsith12

パドメもアナキンの無事を喜び、アナキンとの間に子供ができたことを知らせる。

突然の出来事に言葉を失うアナキンだったが、パドメと共にその幸せを喜んだ。

そのころ、逃げ帰ったグリーヴァス将軍は今回のことを暗黒卿に報告。

暗黒卿はグリーヴァス将軍に分離派の幹部たちをつれてムスタファーへ移動するよう指示。

更に戦争の終結が近いと予言し、ドゥークー伯爵がいなくなったことを心配する将軍に、もうすぐ新たな弟子がやってくると予見する。

一方、アナキンはパドメと共に過ごし幸せをかみしめていた。

だが夜中悪夢にうなされ目が覚める。

それはかつて母親が死ぬ間際にみた悪夢と酷似しており、夢の中で死んだのはパドメだった。

アナキンは心配するパドメに夢の内容を正直に話し、この夢を現実にさせないと決意を示した。

tumblr_n180ijknK71r4nvv3o5_r1_1280

そんな中、共和国では任期が終わっても議長の座から退かないばかりか、これまで以上の権限を持つようになったパルパティーンにジェダイ評議会は不安を募らせていた。

パルパティーンの近くに暗黒面の気配を感じ取っていたからである。

パルパティーン自身もジェダイ評議会が自分に対して不信感を募らせていることに気が付いていたため、評議会を牽制する意味でアナキンを私的代理人とし評議会に送り込み、アナキンにマスターの称号を与えるよう提案する。

ジェダイ評議会はパルパティーンの思い通りには動かないと言いつつも、アナキンを評議会の一員とした。

だが評議員にはなったものの、マスターの称号は与えないという異例の決定を下した。

また評議会はアナキンに逆にパルパティーンをスパイしろという指示を内密に出した。

異例づくめの決定に不満が募っていくアナキンはだんだんジェダイのことが信じられなくなっていく。

この時ヨーダは惑星キャッシークで劣勢となっていたウーキーの援護に向かう。

star-wars-episode-iii-clone-trooper-yoda-chewbacca

数日後のある夜、アナキンはパルパティーンに呼び出される。

パルパティーンはアナキンにグリーヴァス将軍がウータパウにいるという情報をつかんだとアナキンに話し、グリーヴァスとの戦いにはアナキンがうってつけだと考えていると話す。

その話を光栄に思うアナキンだったが、パルパティーンは自分をスパイするように言われたのではとアナキンにつきつける。

パルパティーンに後ろめたさがあったアナキンは彼に真実を見破られてしまう。

するとパルパティーンはアナキンに賢者ダース・プレイガスを知っているかと聞いてくる。

920x920

ダース・プレイガスは偉大なシスであり暗黒面のフォースを使うことで愛する者を死の運命から救ったと教えた。

パドメのことを救いたい一心のアナキンはその話に強い興味を抱くが、その力を得るにはジェダイでは無理だと言われてしまう。

その後、アナキンはパルパティーンから得た情報をジェダイ評議会で話し、グリーヴァスの討伐は自分が相応しいと名乗りを上げる。

だがアナキンを信用していない評議会はその役にオビ=ワンを指名してしまう。

更に不満が募っていくアナキンだったが、そんな彼をパドメは優しく慰めた。

ウータパウに到着したオビ=ワンは宙港管理官のティオン・メイドンからグリーヴァスはこの上にいると知らされる。

what-happened-to-obi-wan-after-star-wars-revenge-of-the-sith-will-he-return-will-obi-470130

敵だらけの中、オビ=ワンは帰ったふりをしてグリーヴァスがいる建物に忍び込む。

そして敵のドロイドが何十体といる中に一人で降り立った。

グリーヴァスはオビ=ワンに一対一の決闘を持ち込み、4本のライトセーバーを手に取りオビ=ワンに襲い掛かる。

だがにわか仕込みの剣術にオビ=ワンがやられるはずもなく、オビ=ワンがグリーヴァス将軍を圧倒する。

そこへ要請していた援軍のコーディがやってくる。

追い詰められたグリーヴァス将軍はバイクに乗り逃走。

後を追ったオビ=ワンだったが今度は逆にグリーヴァスに追い詰められることになる。

しかしグリーヴァスの一瞬のすきをついて、オビ=ワンは彼の心臓に銃を撃ち込んだ。

これによりようやくグリーヴァスとの決着がつく。

一方、オビ=ワンとグリーヴァスの戦いが始まったことを受け、パルパティーンに何らかの動きがあると予想したメイス・ウィンドゥはアナキンを偵察に送りだす。

star-wars-revenge-of-the-sith-850

だが予想に反してパルパティーンに動きは見られなかった。

それどころか、アナキンに対して質問ばかりしてくる。

それだけでなくアナキンとパドメが結婚し子供がいること、更にアナキンがパドメの死を予見していることまでも把握していた。

パルパティーンはパドメを救うためには暗黒面の力を使うほかなく、自分ならパドメを救えると言いだす。

パルパティーンは自分が賢者ダース・プレイガスの弟子ダース・シディアスであることを明かしたのだ。

パルパティーンがシスであることを知ったアナキンはライトセーバーを抜きパルパティーンにつきつけるが、彼を殺しても何も解決しないといいこのことをジェダイ評議会に知らせに戻った。

アナキンから衝撃の事実を知らされたメイス・ウィンドゥはパルパティーンを逮捕するために彼の元へ向かう。

アナキンは自分も一緒に行くといったが、メイス・ウィンドゥは同行を許さなかった。

待機を命じられたアナキンはこんな時でもパドメのことを心配していた。

そしてこのままパルパティーンが処罰されればパドメを救う手立てを失うと思ったアナキンは命令に背きメイス・ウィンドゥの後を追ってしまう。

一方、パルパティーンの元へやってきたメイス・ウィンドゥは彼の逮捕を宣言するが、それを聞いたパルパティーンはライトセーバーを起動しメイス・ウィンドゥ達に襲い掛かった。

仲間の3人は瞬く間に殺されてしまい、メイス・ウィンドゥと暗黒卿の一騎打ちが始まった。

メイス・ウィンドゥは暗黒卿を追い詰めるが、そこへアナキンがやってくる。

暗黒卿は最後の抵抗を見せフォースを使いメイス・ウィンドゥを殺そうとするがライトセーバーに跳ね返され、顔がみるみる変貌していく。

メイス・ウィンドゥはそのまま暗黒卿を殺そうとするが、アナキンはジェダイの掟にそむいていると言い待ったをかけた。

だがメイス・ウィンドゥは生かしておく方危険だと言いライトセーバーを振り下ろした。

命乞いをする暗黒卿はパドメのことも口にし、それを聞いたアナキンはメイス・ウィンドゥの腕を斬り落としてしまう。

苦しむメイス・ウィンドゥの隙をついて暗黒卿はメイス・ウィンドゥを建物から放り投げてしまう。

とんでもないことをしたと後悔するアナキンだったがもう後戻りはできなかった。

暗黒卿はアナキンに自分の弟子となって暗黒面を学ぶよう指示し、ダース・ベイダーという新たな名前を与えた。

更に暗黒卿はベイダー卿にジェダイ聖堂へ行き、皆殺しにして来いと命じる。

それだけでなく暗黒卿は各地に散らばっている配下の人間にジェダイ暗殺の指令を出す。

これにより各地に散らばっていたジェダイの騎士は次々に殺されていく。

暗殺の手はヨーダやオビ=ワンにも及ぶが、彼らは自力で逃げ延びることに成功する。

714full-star-wars -episode-iii----revenge-of-the-sith-screenshot

この事態を受けジェダイ聖堂に戻ってきたベイル・オーガナ議員だったが、コルサントに着いた途端クローン兵に銃を向けられる。

そこへ生き残っていたジェダイ候補の少年がやってきて兵を倒していくが、その子は結局殺されてしまう。

ただそのすきにベイル・オーガナ議員は逃げ延びることに成功する。

その後ベイルは逃げ延びたヨーダと合流し、そこへオビ=ワンも合流する。

starwars-rots-lunch_1115855414

ベイルはコルサントでの議会に出席するよう要請が出ており、ヨーダ達はその機会にジェダイ聖堂に忍び込む計画を立てる。

一方、ジェダイ聖堂で子供に至るまで殺しを行ったベイダー卿はアナキンとしてパドメの元へ向かっていた。

アナキンはジェダイが裏切ったとパドメに話し、戦争を終わらせるためにムスタファーへ行くと告げる。

そのころ、作戦通りジェダイ聖堂に忍び込んだヨーダとオビ=ワンは惨劇を目の当たりにする。

悲劇はそれだけでなく、オビ=ワンが殺しを行った犯人を監視ホロカムで確認すると、そこに映っていたのは弟子のアナキンだったのである。

オビ=ワンとヨーダはアナキンが暗黒面に堕ちたことをしった。

このままでは共和国がほろぶと悟ったヨーダは暗黒卿と対決することを決意する。

オビ=ワンにはアナキンの後を追うよう指示した。

この時、パルパティーンは議会で自らを皇帝と僭称し、銀河帝国の誕生を宣言していた。

議員席からこれを見ていたパドメとベイルは自由がなくなったことを痛感する。

コルサントからムスタファーへいったアナキンはそこに残っていた分離主義者達を問答無用で殺した。

その後ドロイドも全て停止され、クローン戦争が終結した。

アナキンの捜索を託されたオビ=ワンは居場所を知るためにパドメの元を訪れる。

そこでオビ=ワンはアナキンが暗黒面に堕ちたことを告げる。

Star_Wars_Episode_III_Revenge_of_the_Sith-2

だがパドメは信じようとしない。

オビ=ワンはパドメの子供のことも知っており、父親がアナキンであることも察していた。

オビ=ワンは残念だと言い部屋を出て行った。

その後パドメは真実を確かめるためにC3POと共に宇宙船に乗り込みムスタファーを目指した。

その船にオビ=ワンはこっそりと忍び込む。

パドメがムスタファーに到着するとアナキンもすぐに出迎えた。

アナキンが暗黒面に堕ちたという話を信じていないパドメは一緒に逃げて2人で子供を育てようとアナキンに言った。

だがアナキンはもうどこにも逃げる必要はない、なんならパルパティーンも殺して2人で帝国を支配しようと告げる。

それを聞いたパドメはオビ=ワンの言っていたことが本当だとわかりショックを受けアナキンに死にたいと言った。

そこでアナキンは宇宙船に乗ったオビ=ワンを発見し、パドメが裏切ったと思いフォースで首を絞める。

オビ=ワンは彼女は関係無いと言いアナキンに離すよう言った。

アナキンは裏切るよう仕向けたなとオビ=ワンを罵倒し、オビ=ワンはおまえが招いたことだと答えた。

アナキンの思想はもはや完全な帝国主義のものになっており、話は通じなかった。

そして2人の壮絶な戦いが幕を開ける。

この戦いと同時にヨーダと暗黒卿の戦いも幕を開けていた。

激闘の末、アナキンはオビ=ワンに敗れる。

残っていた左腕と両足を切断され、体は炎に包まれる。

オビ=ワンはアナキンに弟のように思っていた、愛していたと告げその場から立ち去って行った。

一方、ヨーダは暗黒卿を殺すことはできなかった。

ヨーダはベイルに連絡を取り脱出を図る。

ヨーダを退けた暗黒卿はベイダー卿に危険が迫っているというフォースの乱れを感知し、すぐにムスタファーへと向かった。

そこで無残な姿となったベイダー卿を発見するが死んではいなかった。

暗黒卿は彼をすぐに治療施設へと運び、失った手足には義手を取りつけ、全身サイボーグのような状態になった。

アナキンを倒したオビ=ワンはパドメを連れてヨーダと合流。

パドメをすぐに治療施設へ運ぶと、体はどこも悪くないのに生きる意志が感じられず死にかけていると言われる。

このままでは子供もろとも死んでしまうと言われ、パドメは出産の準備に取りかかる。

パドメが宿していた子供は双子であり、最初に生まれた男の子にはルーク、後に生まれた女の子にはレイアと名付けた。

だがパドメはこの出産の後命を落としてしまう。

2人をシスの目の届かない場所に隠すため、レイアはベイルに引き取られ、ルークはスカイウォーカーの血を引くタトゥイーンのラーズのもとに連れて行かれた。

revenge of the sith luke

ルークの様子はオビ=ワンにより監視されることになる。

またヨーダはオビ=ワンにかつてシスに倒されたクワイ=ガン・ジンが、リビング・フォースの神秘によって冥界から戻ってきたと伝え、彼と交信する方法を伝授する。

その後、ナブーではパドメの葬儀が行われ多くの民衆が参加していた。

また目覚めたベイダー卿はパドメはアナキンの激しい怒りにより死んでしまったと告げられる。

Star-Wars-Episode-III-Revenge-Of-The-Sith-Darth-Vader-darth-vader-18356785-1599-677

パドメを救うために暗黒面に堕ちたアナキンだったが、それが原因でパドメが死ぬことになったのである。

また新たに皇帝として君臨することになったパルパティーンは帝国軍の巨大宇宙ステーションデススターの建造を急がせるのであった。

Revenge-of-the-Sith-Death-Star-1-680x434

・・・という感じです。

いやーこれまでで最も内容の濃いストーリーでしたね。

事実上ジェダイは滅びることになってしまったため、これからはシスの時代に突入ですね。

パドメを救うために暗黒面に堕ちたのに、それが原因でパドメが死ぬってかわいそうな話でしたね。

オビ=ワンは前半全くいいところがありませんでしたが、後半は大活躍で安心しました。

クワイ=ガンの話も出てきましたし、これ以降の話でも出てくることが予想されますね。

ともあれあんなに活発に動くヨーダとはここでお別れでしょう(笑)。

映像のギャップにショックを受けないよう心の準備をしてからエピソード4に行きますかねぇ。。

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望トレーラー

以上スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐の感想とレビューでした。