ここでは実際に映画「死霊館」を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

死霊館の評価・・・4つ星

原 題: The Conjuring
製作年: 2013年
製作国: アメリカ
出演者: ベラ・ファーミガ パトリック・ウィルソン ロン・リビングストン リリ・テイラー
    : シャンリー・キャズウェル ヘイリー・マクファーランド ジョーイ・キング
    : マッケンジー・フォイ カイラ・ディーヴァー シャノン・クック
監 督: ジェームズ・ワン
製 作: トニー・デローザ=グランド ピーター・サフラン ロブ・コーワン
脚 本: チャド・ヘイズ ケイリー・W・ヘイズ

あらすじ

「ソウ」「インシディアス」のジェームズ・ワン監督が、実在する著名な超常現象研究家エド&ロレーヌ・ウォーレン夫妻が1971年に体験した衝撃の事件を基に描く戦慄のオカルト・ホラー。出演はヴェラ・ファーミガ、パトリック・ウィルソン、リリ・テイラー、ロン・リヴィングストン。エドとロレーヌのウォーレン夫妻は、数々の心霊現象を解決してきたゴーストハンター。そんな夫妻のもとに、ある日ひとつの相談が持ち込まれる。それは、ロードアイランドの人里離れた一軒家に引っ越したペロン一家が不気味な怪現象に悩まされているというもの。さっそく現地へと向い、調査を開始する夫妻だったが…。(TUTAYA Onlineより引用)

 

感想/レビュー

TUTAYAのホラー部門で上位にあったので内容などは全く知らずに借りました。

作品を見ての感想はこれまで見たホラーの中でもかなり怖い部類に入りました。

自分はホラーが好きですが得意なわけではないので見ながらかなりビビっていました。

手汗がやばかったですw

ホラーってだんだん怖くなっていくイメージだったのですがこの作品はいきなり怖いので心休まる時が全くなかったですね。

おそらくビビりメーターは振り切りっぱなしだったでしょうw

実話をもとにしているって言うのがまた恐怖をあおりますよね。

出演者にはディパーテッドなどに出演しているベラ・ファーミガ、インシディアスシリーズなどに出演しているパトリック・ウィルソン、フィフス・ウェイブなどに出演しているロン・リビングストン、ホーンティングなどに出演しているリリ・テイラー、ブラッディ・スクールなどに出演しているシャンリー・キャズウェル、アメリカン・クライムなどに出演しているヘイリー・マクファーランド、ホワイトハウス・ダウンなどに出演しているジョーイ・キング、インターステラーなどに出演しているマッケンジー・フォイ、ダークプレイスなどに出演しているシャノン・クックらが起用されていました。

出演者には別のホラー映画に出ている俳優さんが多く起用されていましたね。

パトリック・ウィルソンはインシディアスでもみましたが、おそらく監督が一緒なので起用されたのでしょう。

子役がなにげに豪華でしたね。

死霊館予告編動画(これからみようと思っている方に)

以下からはネタばれになりますので注意してください。

1968年、看護師である2人の女性が「アナベル事件」についてウォーレン夫妻に話していた。

看護師である2人は異変を感じ霊媒師に相談したところ人形に「アナベル・ヒギンズ」という7歳の少女が取りついているといわれる。

霊の境遇に同情した2人はアナベルに人形に取りつく許可を与えてしまいこの時から状況が一変する。

手に余った2人がウォーレン夫妻に相談すると、人形には例など取りついておらず悪魔が人形を操作して彼女たちをだましていたのだといわれる。

その後2人の住んでいたアパートは神父によって清められ、アナベル人形はウォーレン夫妻によって持ち帰られた。

人形は自宅の資料室に厳重に保管してあり、エド(パトリック・ウィルソン)は娘にも勝手に出入りしないように注意していた。

1971年、ペロン一家はロードアイランド州ハリスヴィルの田舎にある一軒家を購入した。

少しばかり古い家だったが大きな屋敷で夫妻は大満足していた。

家族が荷物の整理をしていると閉ざされていた地下室への入り口が見つかる。

そこには前の住人が置いていったものが大量に残っていたがお金になりそうなものは何もなかった。

だがこの時から一家に異変が襲うようになる。

朝起きると妻のキャロリン(リリ・テイラー)の体にはあざができていたが全く身に覚えがない。

更にすべての時計が3時7分で止まっていたのである。

この時は対して気にも留めなかった夫妻だったが、愛犬が死んでいたり娘が夜中に腐臭を感じるなどの異変が起き始めていた。

夫のロジャー(ロン・リビングストン)長期の仕事に出かけ、子供たちが学校に行った際、キャロリンは末娘のエイプリル(カイラ・ディーヴァー)都かくれんぼをして遊んでいたが、手を鳴らして霊が自分の存在をアピールし始める。

また夜中には三女のクリスティーン(ジョーイ・キング)が何かに足を引っ張られ、ドアのところに何かがたっていると主張するが一緒の部屋にいた次女のナンシー(ヘイリー・マクファーランド)には見えなかった。

さらに四女のシンディ(マッケンジー・フォイ)には夢遊病のけがあり、夜な夜な長女のアンドレア(シャンリー・カズウェル)の部屋に行きタンスを頭でたたいていた。

最初はただの夢遊病だと思っていた家族だったが、2度目にアンドレアが対応した際にはタンスの上に霊が潜んでおりアンドレアは襲われてしまう。

すぐにロジャーが駆け付けことなきを得たがもはや偶然では片付けられなかった。

そして決定的なことが起きる。

夜中、キャロリンが物音に気が付き子供たちの部屋を見て回るがみな静かに寝ていた。

それでも物音が鳴りやまず家の中を調べていると地下室へ通じる扉が勝手に開く。

キャロリンは恐怖を感じ下まで降りようとはしなかったが扉が突然閉まりキャロリンは地下室へと追いやられてしまう。

そして地下室ではなにもいないのにボールが転がってきたり電球が壊れたりパニック状態に陥るキャロリン。

入口にマッチが置いてあったことを思い出したキャロリンがそれをつけてみるとすぐ横で手を鳴らす音が聞こえたのである。

必死に助けを呼ぶキャロリンだったがそこへタイミングよくロジャーが帰ってきてなんとかことなきを得る。

これ以上このままにしておくことはできないと感じた夫妻はゴーストハンターとして有名なエド&ロレイン・ウォーレン夫妻に相談を持ちかける。

エドは少し前に悪魔払いを手伝いその時のトラブルでロレインの精神がやられた経験があったため今回の依頼は断ろうとするが、夫婦の様子を察知したロレインが依頼を承諾する。

後日エドとロレインが家にやってくるとロレインはすぐに異変に気がついた。

ロレインは霊が見える霊媒体質であり、そのおかげもあって数々の霊に関する事件を解決できていたのである。

エドとロレインは夫妻から話を聞いて悪魔が取りついている可能性を考える。

エイプリルは湖の近くでオルゴールを発見しており、それについている鏡にはローリーがみえると話していた。

ロレインがエイプリルの言うとおりにオルゴールを鳴らしてみると本当に子供霊が見える。

2人が家のことについて調べてみると過去に以下のようなことが起こったことが分かる。

ここからWikipedia引用
ペロン一家が競売で入手した家は元は農家で、1863年に「ジェドソン・シャーマン (Jedson Sherman)」という人物が建てたものだったが、彼の妻「バスシーバ (Bathsheba)」は生後7日目の我が子を悪魔の生け贄にしようとしたのを夫に見つかり、巨木に登り「この土地を奪う者は呪ってやる!」と叫んで首つり自殺を遂げ、悪霊と化した。バスシーバは母親の心を持っておらず、神からの授かりものである子供を捧げることは究極の冒瀆で魔女としての格が上がる貢ぎ物という認識しかなかった。彼女の死亡時刻は午前3時7分。実は、バスシーバは魔女だったのだ! しかも悪名高い「セイラムの魔女裁判」で公判中に死亡した「メアリー・タウン・イースティ (Mary Towne Estey)」の親戚であった。1930年代の住人であるウォーカー夫人の森で謎の失踪を遂げた息子ローリーこそエイプリルの「見えない友だち」であり、ローリーの失踪後、ウォーカー夫人は地下室で自殺し、200エーカーの土地は分割されて売却、敷地内に家があった少年が池で溺死、近隣の家のメイドも自殺と不審な事件が続いていた。

その後エドが夫妻からの調書を録音したレコーダーを再生しているとキャロリンが話している声が入っていないことが判明する。

なぜだか理由はわからなかったが3時7分になるとレコーダーが勝手に再生され、キャロリンが話していた部分にうめき声のようなものがはいっていた。

エド達は悪魔払いを行うために必要な証拠を集めようと助手のドルー(シャノン・クック)とブラッド・ハミルトン巡査(ジョン・ブラザートン)呼び機材を設置し監視を始めた。

すると「あの女がやらせた」という声をブラッドが耳にし声のする方へ行ってみるとメイド姿をした霊にブラッドが襲われる。

更にシンディの夢遊病が再発したように見えたが、ロレインは霊が操っていると話す。

シンディはアンドレアの部屋にあるタンスのところへ行き姿を消してしまう。

エドが紫外線ライトで痕跡を調べてみるとタンスの中に隠し扉がありそこにシンディがいるのを見つける。

エイプリルはローリーは怖いことがあるとその部屋に隠れたと話す。

ロレインがその部屋を調べてみると確かにローリーが持っていたオルゴールが置いてあった痕跡が見つかる。

更に魔女が首をつったと思われる縄も見つかるのだが、突然床が抜けロレインは例の地下室へと落ちてしまう。

そこでロレインがオルゴールを鳴らし鏡をのぞいてみると魔女に憑依されて息子を殺してしまい「あの女がやらせた」と嘆くウォーカー夫人がうつりこむ。

すると今度は首をつった魔女が現れロレインに襲い掛かってくる。

ロレインは娘からもらっていたロケットで首を絞められるがなんとかロケットを外し地下室から脱出することに成功する。

そしてロレインはすべてわかったとエドにいい、すべては魔女が体を乗っ取ってやらせたことだと説明した。

更に今度はアンドレアの髪が引っ張られ部屋中を引きずりまわされるが、ロレインが髪を切ったことでなんとかおさまった。

エド達は悪魔払いの許可がバチカンから降りるまで一家をモーテルに避難させることに。

翌日、ロレインが洗濯物を干していると突然天気が悪くなり、キャロリンが休んでいる部屋をのぞくと魔女の霊が。

ロレインが急いで部屋に向かうがキャロリンはすでに魔女に取りつかれていたがロレインはそのことに気がつかない。

モーテルに避難する時、ロレインは湖の方から「ママ」ときこえ、湖を見てみると娘のジュディ(スターリング・ジェリンズ)の死体が映り込む。

ロレインは急いで実家に電話をして母親に娘の安否を確認してもらい無事が確認できた。

だが魔女の攻撃はこれだけでは終わらなかった。

魔女は地下室に残ったロレインのロケットを通じてジュディに接近したのである。

夜中違和感を感じたジュディが家の中を調べてみると父親から入ってはいけないといわれていた部屋の扉があいていることに気が付く。

ジュディが他の部屋を確認してみるとアナベル人形を持った霊の姿が。

必死に助けを呼ぶジュディだったが助けは来ない。

胸騒ぎがしていたロレインはとエドは急いで家に帰り間一髪で魔女の攻撃からジュディを守ることに成功する。

エドが資料室を調べてみるがアナベル人形のケースにはかぎが掛かり厳重に保管されていた。

一方、モーテルで休んでいるはずのキャロリンはクリスティーンとエイプリルを連れて車でどこかに向かっていた。

モーテルに戻ってきたロジャーは娘たちからそのことを聞いてすぐにエドに電話する。

ロレインはキャロリンはすでに魔女に乗っ取られており、屋敷で娘たちを殺すつもりだと話す。

エドは屋敷で落ち合おうといい急いで屋敷へ向かった。

屋敷に到着するとハサミを持ったキャロリンが娘を殺そうとしており、なんとか止めることに成功したがブラッドが傷を追ってしまう。

キャロリンの顔は魔女に乗っ取られた影響で醜悪な姿になっており、エド達は家から連れ出そうとするが魔女が抵抗し家から出すと殺される可能性があった。

更にここで部屋にいたはずのエイプリルが姿を消してしまう。

助手のドルーはクリスティーンを車にのこし急いでエイプリルを探した。

エド達は地下室でキャロリンの体を縛り付け、エド自ら悪魔払いを開始したのである。

鳥が屋敷の周囲を飛び交い、壁や窓に激突し死んでいき、車で一人待っていたクリスティーンはひどく怯える。

激しく暴れるキャロリンは自力で拘束を解き地下室の隠し通路から逃げ出し、同じくその通路から逃げいていたエイプリルを発見し殺そうとする。

ロレインやロジャーは必死の説得でキャロリンに呼びかけ、なんとか彼女は本来の自分自身を取り戻した。

魔女は地獄に追い払われようやくペロン家とウォーレン家に平安が訪れた。

エイプリルが拾ったローリーのオルゴールはエドの資料室に収められた。

——————————————————————–

いや~怖かったですね~。

悪い霊は魔女の一人だけなんですけどこっち側からしたらそんなことはわからず、たくさんの霊が出てくるのでとにかく怖かったです。

母親が地下室に閉じ込められてマッチをつけたところと長女がタンスの上の霊に襲われたところが一番やばかったですね。

これまで見たホラー映画の中でトップレベルに怖かったです。

正直面白かったかどうかはわかりませんw

スピンオフとしてアナベル人形の話も映画化されているようなのでそちらもちょっと気になりますね。

一人で見ると確実にメンタルがやられるので複数人で見ることをおすすめします。

まあホラー好きで全く問題ないという方は一人でもいいと思いますけどね。

あ~怖かった。。。

最後に続編である死霊館 エンフィールド事件の予告動画も載せておきますね。

死霊館 エンフィールド事件の誕生の予告

後ついでにスピンオフのアナベル 死霊館の人形の動画も掲載しておきます。

アナベル 死霊館の人形

以上が死霊館の感想とレビューでした。

U-NEXT