ここでは実際に映画「マレフィセント」を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

マレフィセントの評価・・・3つ星

Maleficent02

原 題: MALEFICENT
製作年: 2014年
製作国: アメリカ
出演者: アンジェリーナ・ジョリー エル・ファニング サム・ライリー シャルト・コプリー
    : イメルダ・スタウントン ジュノー・テンプル レスリー・マンヴィル
    : ブレントン・スウェイツ ケネス・クラナム ハンナ・ニュー
監 督: ロバート・ストロンバーグ
製 作: ドン・ハーン ジョー・ロス
脚 本: ポール・ディニ(英語版) リンダ・ウールヴァートン

あらすじ

主演にアンジェリーナ・ジョリーを迎え、ディズニー・アニメの名作「眠れる森の美女」をモチーフに、同作で悪役だった魔女マレフィセントの知られざる物語を実写で描き出す3Dダーク・ファンタジー大作。共演はエル・ファニング、シャールト・コプリー。監督はこれまでプロダクションデザイナーとして活躍し、これが監督デビューとなるロバート・ストロンバーグ。とある王国で、待望のロイヤル・ベビー、オーロラ姫が誕生し、盛大なお祝いのパーティが開かれる。ところがそこに、“魔女”と恐れられる邪悪な妖精マレフィセントが現われ、“16歳の誕生日の日没までに、姫は永遠の眠りに落ちるだろう。そして、それを解くことができるのは真実の愛のキスだけ”と恐ろしい呪いをかけてしまう。 (TUTAYA Onlineより引用)

 

感想/レビュー

あまり興味はなかったんですけど、結構話題になっていたので取り合えず見てみました。

率直な感想は「あぁ~そんな感じなんだぁ」という感じです。

眠れる森の美女の話通りに進むのかと思っていたので、結構な割合で期待を裏切られました。

この作品はあくまでマレフィセントであるということを頭に入れておく必要がありますね。

原作の知識はこの作品には不要ですね。

出演者にはトゥームレイダーシリーズなどに出演しているアンジェリーナ・ジョリー、SUPER8などに出演しているエル・ファニング、ビザンチウムなどに出演しているサム・ライリー、エリジウムなどに出演しているシャルト・コプリー、ハリー・ポッターシリーズなどに出演しているイメルダ・スタウントン、三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船などに出演しているジュノー・テンプル、ロミオとジュリエットなどに出演しているレスリー・マンヴィル、ガンズ&ゴールドなどに出演しているブレントン・スウェイツ、ザ・ヘラクレスなどに出演しているケネス・クラナムらが起用されていました。

この作品で話題を集めたキャスティングはなんといってもアンジェリーナ・ジョリーの娘であるヴィヴィアンの起用でしょうね。

普通の3歳児4歳児ではあの場面でアンジーを怖がって近づこうとしないんだとか(笑)。

だから仕方なく娘を起用したんだとかしないとか・・・。

マレフィセント予告編動画(これからみようと思っている方に)

U-NEXT

以下からはネタばれになりますので注意してください。

内容は眠れる森の美女を題材に本来なら悪役であるマレフィセントを中心に描いたものになります。

あるところにヘンリー王が支配する人間の王国と、その国に隣接する平和な妖精の国がありました。

妖精の国には王はおらず、住民が信頼関係で結ばれていました。

この二つの国は長い間対立しており、これを統一できるのは英雄か、邪悪なものだけと言われていました。

妖精の国ムーア国には様々な生き物が暮らしており、その中には妖精もいました。

その中でもひときわ目立っていたのはマレフィセントという純粋で明るい妖精でした。

ある時ムーア国に人間の盗人がやってきます。

盗人の名はステファンと言い、まだ幼い少年でした。

マレフィセントはステファンにもうムーア国に来ないように警告しますが、ステファンはそれを無視して何度もムーア国を訪れます。

E784A1E9A18C1

やがて2人は恋に落ち、ステファンはマレフィセントの16歳の誕生日に「真実の愛のキス」を捧げました。

しかし二人の愛は長くは続きませんでした。

ステファンは野心に取りつかれ、出世することだけを考えるようになっていきました。

時は流れ、貧しい家の出身だったステファン(シャールト・コプリー)はやがて王の側近にまで上り詰めました。

そんな時、人間の国の王であるヘンリー王(ケネス・クラナム)はムーア国への侵略を開始します。

しかしムーア国の守り神であるマレフィセント(アンジェリーナ・ジョリー)の前に敗れ去ってしまいます。

WS000002

国に戻った王はマレフィセントを討ちとったものに次の王になる権利を与えると言いました。

それを聞いたステファンは昔のようにマレフィセントの元へと向かいます。

マレフィセントはこれまでのステファンの行いを全て許し、以前と同じように接しました。

だがステファンは野心を捨て去ることができませんでした。

マレフィセントに睡眠薬を飲ませ、寝ている間に翼を切り取って持ち帰ったのです。

Maleficent-(2014)-91

ステファンはこの功績を認められ次の王になりました。

裏切られたマレフィセントは国境に茨をつくり人間が入ってこれないようにしました。

o0800033112916229118

更にマレフィセントは自らの翼の代わりにカラスのディアヴァル(サム・ライリー)を召使いとし、人間の国の動向を監視させました。

maleficent-2014-dvdrip-xvid-sametrg-avi_001596136-e1409572241713

また平和だった妖精の国はマレフィセントが恐怖による支配を敷いたのです。

01

2つの国は相容れぬまま月日は流れ、ステファン王に子供が生まれました。

オーロラとなずけられた子供は国で盛大に祝われ、妖精の国から親善大使として3人の妖精が祝福を授けに向かいました。

Maleficent-008

しかしオーロラの誕生を知っていたマレフィセントは招かれていない祝いの席に現れます。

そしてオーロラ姫に「16歳の誕生日の日に糸車の針で指をさし永遠の眠りにつく、そしてその眠りは真実の愛のキスでしか解けない」という呪いをかけました。

14032103_Maleficent_06

ステファン王はなんとかマレフィセントの呪いを防ぐべく、国中の糸車を全て焼却し、残骸を城の地下へと封印しました。

更に16歳の誕生日までオーロラを3人の妖精に預けることにしました。

3人の妖精はひっそりとオーロラを育てるつもりでしたが、マレフィセントには筒抜けでした。

また3人の妖精には人間の子供を育てた経験などなく、何をどうしたらいいか何もわかりませんでした。

それを見かねたマレフィセントは3人にはばれないように子育てに協力することに。

子供はすくすくと育っていきます。

オーロラが5歳の時、偶然森でマレフィセントにであってしまいます。

マレフィセント写真(サブ)

純粋なオーロラはマレフィセントに近づき、抱っこと愛らしい様子で迫ります。

マレフィセントは思わずオーロラを抱き上げてしまいます。

また8歳のときには崖から落ちたオーロラを魔法で助けてあげます。

15歳になったオーロラ(エル・ファニング)は純粋で、とても美しい女性に成長しました。

ある時、マレフィセントはオーロラを魔法で眠らせるとムーア国へと連れて行きます。

zaq

オーロラは初めて見るものに感動し、更にマレフィセントのことを「フェアリー・ゴッド・マザー」とよび、いつも自分を見守ってくれていたことを知っていると話しました。

08_2 マレフィセントとの出会い

それからマレフィセントはたびたびオーロラをムーア国へと連れて行きました。

2人の間には確かな信頼関係が結ばれていたのです。

マレフィセントはオーロラの世話をするうちに、オーロラにかけた呪いを後悔するようになっていきました。

ある時呪いを解こうと試みますが、自分の力で解くことはできませんでした。

MaleficentReview

誕生日が近付く中、オーロラ姫はフィリップ王子(ブレントン・スウェイツ)と偶然出会います。

pa1140_iho_comp_v0014.1073_R

それを見ていたマレフィセントはディアヴァルに彼こそ呪いを解く人間だと言われます。

しかしマレフィセントはそんなもの信じていませんでした。

そうこうしているうちに、オーロラは翌日に16歳の誕生日を迎える日になっていました。

だけどもこの日、オーロラの育ての親である3人の妖精が口を滑らせ、オーロラの父親のことや呪いのことを全て知られてしまいます。

オーロラは呪いのことをマレフィセントに聞きに行きますが、呪いをかけたのがマレフィセントであるとわかったオーロラは悲しみに暮れ城へと向かってしまいます。

Maleficent-(2014)-115

城についたオーロラは誕生日の1日前に戻ったため、王には歓迎されず部屋に閉じ込められてしまいます。

しかし隠し扉を見つけたオーロラは何かに引き寄せられるように地下へと向かっていきます。

そこはかつてステファンが糸車を封印した場所でした。

そこでオーロラは指を糸車の針で刺してしまい、眠りについてしまいます。

maleficent_a

オーロラのことをなんとかして助けたいマレフィセントは、オーロラと偶然知り合ったフィリップ王子を連れて城へと向かいます。

そしてオーロラとキスをさせますが、オーロラは目覚めませんでした。

20141229190953

やはり真実の愛など存在しないと悟ったマレフィセントはオーロラに別れのキスをし立ち去ろうとしました。

maleficent-kisses-aurora

するとこのキスによりオーロラは目を覚ましてしまいます。

目覚めたオーロラを連れて国へと戻ろうとするマレフィセントだったが、ここにステファン王が立ちはだかります。

鉄の網にとらわれたマレフィセントはディアヴァルをドラゴンへと変身させてその場を乗り切ろうとします。

Maleficent-6

ですが、人間もなかなか手ごわく絶体絶命のピンチに陥ります。

しかし、避難していたオーロラが王の部屋でマレフィセントの翼を発見します。

オーロラは囚われていたその翼を解放すると、翼はマレフィセントの元へと向かっていきました。

マレフィセントに翼が戻ったのです。

翼を得たマレフィセントは空を自由に翔け回り、ステファン王たちの包囲網を脱出します。

全てを取り戻したマレフィセントはオーロラを連れてムーア国へと帰っていきます。

暗く邪悪なものに支配されていたムーア国はマレフィセントの変化とともに昔の平和な国へと戻っていきました。

そしてその国の新たな女王にはオーロラが選ばれ、人間の国とムーア国を結ぶ懸け橋となったのです。

2つの国を統一したのは邪悪なものでもなく英雄でもなく、一人の純粋な少女だったのでした。

・・・という感じです。

オーロラ姫が眠ってから10分ぐらいで目覚めたのには思わず笑ってしまいました。

またドラゴンになったのがディアヴァルだったのも衝撃でした。

このあたりでようやくこの作品は眠れる森の美女ではないんだなとわかりました(笑)。

この作品を見ようと思っているなら、童話とは関係ないファンタジー映画として見ることをおすすめします。

そういえば3人の妖精の吹き替えは福田彩乃が一人で3役こなしているそうです。

ポテンシャルたけ~~!!

以上がマレフィセントの感想とレビューでした。