ここでは実際に映画「ポリス・ストーリー3」を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

ポリス・ストーリー3の評価・・・3つ星

原 題: 警察故事3/超級警察、英語題:Police Story 3
製作年: 1992年
製作国: 香港
出演者: ジャッキー・チェン ミシェール・キング マギー・チャン トン・ピョウ ケン・ツァン ユン・ワー
監 督: スタンリー・トン
製 作: ウィリー・チェン エドワード・タン
脚 本: フィレー・マー リー・ウェイイー エドワード・タン

あらすじ

「ポリス・ストーリー/香港国際警察」、「九龍の眼/クーロンズ・アイ」に続く“ポリス・ストーリー・シリーズ”の3作目。全アジアを牛耳る麻薬王チャイバを逮捕するため、香港国際警察のエース・チャンは、中国公安の敏腕女性部長ヤンと共に、潜入捜査を開始する……。今回もジャッキーが、麻薬組織相手に“キレた”アクションを展開、相棒のミシェール・キングもジャッキーに劣らぬ派手なアクションを披露。 (TUTAYA Onlineより引用)

 

感想/レビュー

ポリススト―リーシリーズの3作目になります。

率直な感想はこれまでの作品に比べると明らかにいまいちという感じです。

監督が変わってしまったせいなのかこれまでのキレキレのアクションとコミカルな演出が影をひそめてしまいジャッキーの良さが半減してしまっていました。

主演をジャッキーとミシェール・キングの2人にして、どちらかといえばミシェール・キングを前面に押し出してしまっていたためジャッキーの影がかすんでしまいましたね。

結局1作目が一番面白かったですね。

出演者にはこれまでのキャストに加えて007 トゥモロー・ネバー・ダイなどに出演しているミシェール・キングが新たに出演していました。

そういえば署長がちゃっかり変更されてましたね。

ポリス・ストーリー3予告編動画(これからみようと思っている方に)

以下からはネタばれになりますので注意してください。

東南アジアの麻薬シンジゲートを牛耳る大物マフィアのボスであるチャイバ(ケネス・ツァン)を逮捕するために中国警察と香港警察が手を組むことに。

香港警察の署長とチョー警部(トン・ピョウ)は優秀な人材を派遣する必要があるといいチェン(ジャッキー・チェン)の名前が候補にあがる。

署長とチョー警部は交通課に異動になっていたチェンにやる気を出させるために一芝居打ちまんまとチェンを任務につかせることに成功する。

恋人のメイ(マギー・チャン)に別れを告げたチェンは警部の指示で中国警察の元へと足を運ぶ。

そこで協力して捜査する中国警察のヤン警部を紹介され(ミシェール・キング)チェンは偽装した身分を覚えるようにいわれる。

なぜなのか理由もなく、チェンが不思議に思っていると訓練場へ案内され、実力を疑われているチェンは隊長と手合わせを命じられる。

なんとか実力の片りんを見せたチェンは早速チャイバの部下で炭鉱場で強制労働させられているパンサー(ユン・ワー)を脱獄させる任務に就く。

チェンは仲間と協力してなんとかパンサーを脱獄させることに成功する。

チェンはチャイバに命じられて助けに来たと嘘をつくも、カンフーの腕を買われて仲間になることに成功した。

これによりチェンはうまく麻薬シンジケートの内部に潜入できたのである。

後日、パンサーはチェンの生まれ故郷にいって家族に挨拶するといい出す。

当然チェンの身元は嘘であり焦るチェンだったが、見覚えのある看板が目に入りそちらへ行くと自分を叔父だという少年がやってくる。

その村には警察によりチェンの架空の家族が仕込まれており、知らないのはチェンだけだった。

またチェンの妹の設定であるホンはヤン警部自らが演じていた。

母親役はチョー警部が演じており、会話に困ったパンサーはチェンとヤンを連れて食事へ向かった。

だがここで運悪く公安に出くわしてしまいパンサーの正体がばれて争いになってしまう。

ヤンは公安の一人に接触し自分たちが潜入捜査をしているといい援軍を待つよう命じるが相手は下っ端でその話を信じなかった。

やがて応援が来てしまうが、来たのはヤンの上司に当たる人物でなんとか逃げることに成功した。

更にヤンはここで考案を殺してしまったという演技をして自分もパンサーの組織にもぐりこむことに成功したのである。

2人はパンサーと共に船でチャイバの元へ向かったのだが、途中でまたもや警察がやってきてしまう。

チェンとヤンは被害が最小限になるように戦いなんとか死人を出さずにその場を切り抜ける。

チャイバの元へ連れて行かれた2人だったが一目見るなり警察だといわれて拘束されてしまう。

当然2人は抵抗し護衛を叩きのめしたところでそれが芝居だったと明かされ仲間に認められる。

2人は早速麻薬の商談の場に連れて行かれるのだが、そこでチャイバは他の取引相手と騒動を起こし銃撃戦に発展してしまう。

結局大元とチェン達以外は全員死んでしまい、生き残ったチェン達はますますチャイバに気にいられる。

その後チェン達はチャイバの命令でマレーシアへと連れて行かれる。

チェン達はなぜかマレーシアの立地をよく覚えるようにいわれる。

この時偶然にもチェンの恋人であるメイも案内ガイドとしてマレーシアに来ていた。

そして不運なことにプールで休憩中に顔を合わせてしまう。

チェンは必死に任務だと伝えたがメイは聞く耳を持とうとしない。

一旦別れたあと、チェンは一人になったところで再度メイに接触し特殊任務に来ていることを伝える。

この時近くにパンサーが来ていることを察したメイはとっさに演技をして恋人であることを悟られないようにする。

しかしエレベーターの中でそのことを同僚に話してしまい、パンサーの仲間にもきかれてしまう。

当然すぐにパンサーに伝わってしまいチェン達は警察であることがばれてしまったうえにメイは人質に取られてしまう。

そのころマレーシアではチャイバの妻(ジョセフィーヌ・クー)の裁判が行われており、麻薬取引で有罪が確定していた。

チャイバの妻はチャイバが持っているスイス銀行の暗証番号を知っているたった一人の人物だったためチャイバはどうしても助け出したいと思っていた。

パンサーたちは裁判が終わった後移送される隙をついてチャイバの妻を助け出そうとする。

チェンたちはメイを人質に取られており従わざるを得ない状況だった。

チェン達は交通事故騒ぎを起こし、そのすきをついてチャイバの妻を脱走させた。

だがチェンはチャイバの妻の逆に人質に取りメイの解放を要求した。

チャイバはメイを解放したためチェンもチャイバの妻を相手に渡した。

ここで逃走しようとするパンサーたちの車にヤンが飛び乗りそれを見たチェンも車を拝借して後を追跡する。

しかしチャイバの妻はヘリに乗り換えてしまったためチェンもたれていたロープ階段にしがみつき後を追う。

ヤンはバイクを拝借し、列車に不時着したヘリのを後を追った。

列車の上ではチャイバの妻をめぐる攻防が繰り広げられる。

結局ヘリは高架に当たり爆発し、チャイバはそれに巻き込まれて死亡した。

チェンとヤンはチャイバの妻の命は救い、ずっと秘密にされていたチャイバの銀行口座の暗証番号を聞き出し事件は解決したのだった。

NG集

——————————————————————–

これまでの作品に比べて格段にクオリティが低かったですね。

ストーリー展開は早くてよかったんですけどなんだかもの足りない感は否めませんでした。

2人のアクションシーンは目を見張るものがありましたが、そのせいかジャッキーのアクションが若干薄かったような気もします。

決して悪くはないのですがこれまでに比べると見ごたえはないので残念でしたね。

まあシリーズを通してみているなら見てみることをおすすめします。

なおポリス・ストーリーには4作目として位置付けられている「ファイナル・プロジェクト」があるのですが、ストーリーに関連性はないので見るのはここまでにしておきますね。

スピンオフ作品としてミシェール・キングが主演となっている「プロジェクトS」という作品もあるようなので興味のある方はそちらもご覧になってみてください。

私は見ませんが・・・。

以上がポリス・ストーリー3の感想とレビューでした。