海外ドラマ「ARROW/アロー Season5」第一話『Legacy/残されたもの』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season5 登場人物/キャスト

オリバー・クイーン/アロー → スティーヴン・アメル
ダイナ・”ローレル”・ランス/ブラックキャナリー → ケイティ・キャシディ
テア・クイーン/スピーディ → ウィラ・ホランド
ジョン・ディグル → デヴィッド・ラムゼイ
クエンティン・ランス → ポール・ブラックソーン
フェリシティ・スモーク → エミリー・ベット・リカーズ
カーティス・ホルト → エコー・ケラム
レネ・ラミレス/ワイルドドッグ → リック・ゴンザレス
イブリン・シャープ → マディソン・マクラフリン
ローリー・リーガン/ラグマン → ジョー・ディニコル

 

第一話/エピソード1のあらすじ

ローレルが死に、ディグルとテアの2人ともチーム・アローを離れてしまった後、オリバーはフェリシティに支えられながら、グリーンアローとして、犯罪者たちと新しい(そしてあまりにも経験がなさすぎる)正義の味方たちであふれたスター・シティに対処することになる。オリバーが市長としての仕事とスター・シティを守る仕事を両立させようとしているのを見て、フェリシティは新しいチームを作ることを勧めるが、オリバーは反対する。だが非常に危険な新たな敵、トビアス・チャーチが現れると、彼は新たなチームを結成することがスター・シティにとって最善なのだと気づく。フラッシュバックでは、ロシアでブラトヴァと対峙するオリバーが描かれる。 (ワーナー公式サイトより引用)

 

ARROW/アロー Season5動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason5の第一話『Legacy/残されたもの』のネタばれになりますので注意してください。

ダミアンダークを倒したチーム・アローだったがローレルは死にディグルとテアはチームから離脱してしまった。

オリバーはフェリシティと二人で街を守っていたが市長とグリーンアローの二つをこなすオリバーは多忙を極める。

オリバーは市長として警察官が集まる支援会に出席した際、汚職警官がはびこっており今の警察は信用できないと口にしてしまい、秘書として働くテアは火消しに追われる。

オリバーはグリーンアローとして爆弾魔との戦いに身を投じ、新兵器で爆弾を見事に解除することに成功するがそこにマスクをかぶった別のヒーローも姿を現す。

そのマスクをした男は通称ワイルドドッグと呼ばれており、勝手に爆弾を解除しようとするがオリバーがそれを止めて素人は手を出すなと警告する。

更にオリバーは今後二度と同じ気を起こさないように足に矢を射ってしまう。

街ではオリバーの懸念した通り汚職警官が犯罪者を殺し金をかすめ取ろうとしていたが、トビアス・チャーチ率いる組織がそこへ現れ警官を殴り殺した揚句、その場にいた人間たちを部下にしてしまう。

現場にやってきた警察は殺されていた警官が汚職していた可能性を指摘し、上官はランスがいたころは無茶ばかりしていたが規律は保たれていたと愚痴をこぼす。

更にこの時の会話でランスが街に戻ってきていることがわかり、この会話をオリバーもきいていた。

オリバーは市長としてランスに会いに行くと酒浸りに戻っていた。

どうやら彼女だったドナとは別れたらしい。

オリバーはランスに近くローレルの銅像の式典があるためそれに出席してほしいと話した。

アジトに戻ったオリバーはフェリシティにトビアス・チャーチを探すように指示するが、フェリシティはトビアス・チャーチを探すと同時にワイルドドックについて調べ始める。

フェリシティは現状オリバーだけでは手が足りておらず、ディグルやテアは戻ってこないと思っており新たなチームを作るべきだと考えていたからである。

その後オリバーはローレルの式典に出席しランスもやってくるが、そこへチャーチの組織が襲撃してくる。

オリバーはテレビが回っているため正体を明かすことができず仕方なく捕まった。

チャーチの目的は街の支配者になることで、そのために一番の実力者であるアローを倒そうとしていた。

市長であるオリバーはその餌として連れ去られたのである。

オリバーが連れ去られたことでテアはランスに警察に協力してもらおうとするが、ランスにその気はない。

逆にランスはテアが助けに行くべきだと思っていたがテアは今の普通の女性としての生活を失いたくないと思っていた。

ランスは気持ちは分かると言ったが、望まぬ道でも進まなければならないこともあるとテアに話す。

捕らえられたオリバーはこんなことをしてもグリーンアローは現れないといい人質を解放しろともちかけるがチャーチは拒否した。

更に口うるさいオリバーを黙らせようと別の部屋に連れていき部下に痛めつけさせようとするがオリバーは縄抜けをして逆に敵を殺した。

オリバーが次々やってくる敵を殺していくとそこへスピーディがやってきて助けてくれる。

オリバーたちは人質を助けようとするが赤外線式の爆弾が仕掛けられていたため助けることができず一時撤退した。

アジトに戻ったオリバーはテアから人を殺したことを責められるが、オリバーは自分はダミアン・ダークを殺そうと思えば何度も殺せたがそうしなかった結果ローレルが殺されたといい、二度と同じ過ちは犯さないとテアに話す。

テアはローレルはそんなことを望んでいないといいアジトから出て行ってしまう。

ランス警部はいる人間でなんとかするしかないといい、かつて警察で同僚だった信用できる人間を選び出しオリバーに協力させることに。

オリバーは警察と協力してチャーチの元へ戻りなんとか人質を全員助け出すことに成功した。

ヘリで逃げるチャーチを追うオリバーはヘリの中で激しい戦いになるが結局振り落とされ捕らえることはできなかった。

その後オリバーは市長直属の新たな犯罪対策ユニットであるACIを設立し、先の作戦に参加した4人の信頼できる警官を任命した。

そのころ、フェリシティはオリバーに内緒で新たなチームのメンバーの選別を行いカーティスに面接に言ってくれるように頼んだ。

カーティスはワイルドドックが出没する場所へ向かったがそこでチンピラに絡まれてしまう。

チームの大事さを痛感したオリバーは軍に戻ったディグルに連絡を入れ新しいチームを作ることをどう思うか相談し、ディグルも賛成だと話す。

オリバーはフェリシティが新しいチームを作れといっているのを聞き入れ、人員をスカウトすることに。

家に帰ったフェリシティにはなんとビリー・マローンという新たな恋人ができていた。

だがその夜、ACIの4人の警官の一人であるコナハン警部補がグリーンアローと同じような格好をした謎の男に殺されるのだった。

ここから随所に出てくるオリバーの過去の回想
—————————————————————————————————–
ロシアにやってきたオリバーは地下で行われる闇のストリートファイトに参加していた。

相手を殺したオリバーだったがその相手はブラトヴァの構成員だったらしくオリバーは捕らえられてしまう。

オリバーは持っていた手帳を取られこれは何だと聞かれると父親の物だと話す。

ようがなくなったオリバーはその場で殺されそうになるが、そこへアナトーリ・クニャゼフがやってきてオリバーを助けてくれる。

アナトーリはかつてオリバーがリアンユーで捕まった時に一緒の囚われていた人物でオリバーが助けた過去があったのだ。

アナトーリはなぜロシアにやってきたのかを尋ね、オリバーはコンスタンチン・コバールを殺しに来たと話す。

それを聞いたアナトーリは死んでいた方がましだったと口にし、オリバーに「泳がないサメは溺れる」ということわざを与える。

アナトーリはコバールは軍を所有しておりそれに対抗できるのはブラトヴァだけだといってオリバーをブラトヴァの構成員にするべく試練を与える。


—————————————————————————————————–

ダミアン・ダークを倒してからすでに5カ月も経過していたんですね。

テアとディグルがチームを抜けているのはさびしいですけどまあそのうち戻ってくるでしょう。

新しいチームにはどんな人間がはいってくるのか楽しみです。

オリバーはフェリシティとの仲を修復したいと若干思っているようですけどフェリシティにはすでに男ができちゃっていましたね。

あれがまともな男ならいいんですけどフェリシティは男運ないからな~。

オリバーのフラッシュバックではついにブラトヴァが出てきましたね。

シーズン1からの謎がようやく解明されそうです。

それにしても久しぶりにアナトーリ・クニャゼフが出てきましたけど覚えてないですよねw

過去の記事を見てみるとどうやらオリバーと一緒にスレイドにつかまっていたようでしたね。

オリバーの指を外して縄抜けさせたところはおもしろかったです。

以上がSeason5の第一話『Legacy/残されたもの』のあらすじと感想のレビューでした。