海外ドラマ「ARROW/アロー Season5」第四話『Penance/巧妙な罠』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season5 登場人物/キャスト

オリバー・クイーン/アロー → スティーヴン・アメル
ダイナ・”ローレル”・ランス/ブラックキャナリー → ケイティ・キャシディ
テア・クイーン/スピーディ → ウィラ・ホランド
ジョン・ディグル → デヴィッド・ラムゼイ
クエンティン・ランス → ポール・ブラックソーン
フェリシティ・スモーク → エミリー・ベット・リカーズ
カーティス・ホルト → エコー・ケラム
レネ・ラミレス/ワイルド・ドッグ → リック・ゴンザレス
イブリン・シャープ → マディソン・マクラフリン
ローリー・リーガン/ラグマン → ジョー・ディニコル

 

第四話/エピソード4のあらすじ

オリバーとライラは、協力してディグルのために秘密の任務を遂行しようとする。それを知ったフェリシティは計画に反対し、関わらないことにする。だが、トビアス・チャーチが街を破滅させかねない攻撃を開始した時、グリーンアローの指揮なしでチームの新メンバーたちを送り出すべきかどうか、フェリシティが決めなければならなくなる。(ワーナー公式サイトより引用)

 

ARROW/アロー Season5動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason5の第四話『Penance/巧妙な罠』のネタばれになりますので注意してください。

チャーチの側近であるセルジオがコード産業からコンピューター・チップを盗もうとしていた。

オリバーは新人3人を同行させるがその中にローリーの姿はない。

オリバーはイブリンに矢で射るように指示するが、それを無視してレネが銃で狙撃してしまい、しかも外してしまう。

結局セルジオはオリバーの矢でとらえたのだが、指示を聞かないレネに対してオリバーは怒りをあらわにし、セルジオとチップを警察に届けるように指示を出し帰って行った。

オリバーがアジトに戻るとローリーが待っており、フェリシティから話を聞き一緒にやっていくことはできないと打ち明けられローリーはチームから脱退してしまう。

オリバーはフェリシティと話しローリーと話し合った方がいいと助言する。

市庁舎へ向かったオリバーは副市長であるランスに警察がチップを保管庫に収めるまで同行するようにと指示を出した。

カーティスはどこででも手に入るようなものをチャーチが盗もうとしていたことから何か狙いがあるはずだといい詳しく調べる。

一方、オリバーはライラと協力してディグルを脱獄させようとしていた。

オリバーは脱獄に必要な反分子化合物をパーマーテクノロジーズに盗みに入り、異常を検知したフェリシティはオリバーに連絡を入れるが、盗みを働いていたのはオリバー自身なのである。

戻ってきて準備をするオリバーにフェリシティはディグルはこんなことは望んでいないと非難するが、オリバーはディグルは間違った決断を下そうとしているといい断固自分の道を行こうとする。

オリバーはテアとランスにも数日留守にするといい一人で陸軍刑務所へと向かった。

だがその途中でレネとカーティスとイブリンに待ち伏せされる。

どうやらフェリシティの差し金で3人はオリバーを行かせまいとするが、オリバーは手加減なしで3人を倒すと一人で刑務所へと向かってしまった。

その後フェリシティはローリーの元へ行き自らの行ったことを謝罪し、ローリーの気持ちの整理がついたらまた戻ってきてほしいと話した。

一方、セルジオから押収した盗品を地方検事のチェイスとランスが保管庫に運ばれるのを見届けていた。

無事に保管庫まで届けられたと思ったが、突然押収したケースが振動し出し爆発してしまう。

そこへチャーチ一味がやってきて保管庫から大量の武器を盗んでいってしまう。

チェイスは捕らえているセルジオを尋問し情報を吐かせようとするが全く何もしゃべらない。

そのころオリバーとライラは別々のルートで刑務所に潜入することに成功し、ライラの案内でオリバーがディグルのいる独房を目指した。

しかしディグルは集合棟へ移されようとしており、もし移動が完了すると脱獄させることは不可能だとライラは話す。

更に警備に潜入がばれるタイムリミットも近付いており、ライラは撤退を指示するがオリバーはあきらめない。

オリバーは警報が鳴り監視が厳しくなる中わざと自分の存在を知らせるような行動をし刑務所内は厳戒態勢となる。

これによりディグルは元の独房へ戻ってくることになり、その中でオリバーは待ち伏せていた。

オリバーを見たディグルは自分はここで償おうと思っていたのにと話すが、オリバーは償いはするべきだかここではなくスパルタンとして償うべきだと話しディグルを納得させる。

オリバーは盗んだ反分子化合物を使って床に穴をあけるとそこからディグルと共に地上へ出た。

2人は警備員に囲まれてしまうがそこへライラが軍用ヘリに乗ってやってきて2人を回収してくれたのだった。

一方、チャーチの狙いが犯罪対策ユニットを壊滅させることだとわかるが、オリバーがいない中チーム・アローは出動するべきかどうか迷っていた。

そこへローリーが戻ってきたためフェリシティはチームにGOサインを出す。

チャーチに警察署を襲撃され、そこにはセルジオの尋問を行っていたチェイスの姿もあった。

チェイスは覚悟を決めるがそこへラグマンがやってきて壁を破壊し他の仲間を呼び込むとともに残った人間たちを脱出させてくれた。

だがその途中でカーティスがチャーチの投げたナイフで背中を刺されてしまい、イブリンとレネがカーティスをフォローするが逃げきれそうにない。

レネは自らがチャーチを引きつけている間にカーティスとイブリンを逃がし、ランスの迎えで現場から脱出することに成功したがレネはチャーチに捕らえられてしまう。

フェリシティはレネを見捨てるという決断を下したことに責任を感じていたが、そんなフェリシティをローリーが励まし、お互い責任感に押しつぶされないように歯止めをかけ合おうと話す。

そこへオリバーが戻ってきて捕らえられたレネは必ず救い出すと宣言するのだった。

刑務所から脱獄させてもらったディグルは逃亡者となるためしばらくはオリバーが用意した隠れ家に身を寄せることになった。

ここから随所に出てくるオリバーの過去の回想
—————————————————————————————————–
2つ目のテストにも合格したオリバーは早速3つ目のテストを受けさせられることになる。

アナトーリはコバールの部下であるキョートルという男が牢の中に入っていることをオリバーに教えてうまくききだしてくるように指示しオリバーの体にウォッカをかけた。

オリバーは酔っぱらいの演技をしてうまく警察に捕まり牢の中に入れてもらうとすぐにキョートルに接触した。

オリバーはコバールの居場所を言わなければ妻や娘に危害が及ぶと脅し、コバールとの連絡に使っているIPアドレスを入手することに成功する。

オリバーは看守にばれないようにキョートルを殺すとその後釈放された。

アナトーリはオリバーがキョートルを殺したことでブラトヴァに入るためのテストはこれで終了だといい、オリバーはブラトヴァとして認められることになった。
—————————————————————————————————–

なんだかいまいち盛り上がりに欠ける回でしたね。

ただディグルが無事に脱獄できたのはよかったです。

ローリーも無事にチームに戻ってきましたけど、今度はレネが敵につかまってしまいましたね。

使い道があるとか言っていたのでまたオリバーを引き寄せるためのエサにでもされるんですかね?

そういえばオリバーが市長としていなくなった理由をテアが痛風って言っていましたねw

オリバーもそれで通しましたがあの場面はおもしろかったです。

以上がSeason5の第四話『Penance/巧妙な罠』のあらすじと感想のレビューでした。