海外ドラマ「Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第七章 氷と炎の歌」第六話『Beyond The Wall/壁の向こう』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

第七章 氷と炎の歌 相関図(クリックで拡大)(スターチャンネル公式サイトより引用)

GOT2

 

第六話/エピソード6のあらすじ

死者を1人捕獲するため“壁”を越えたジョンたちは、薄氷の上で“死の軍団”に包囲される。ジョンはジェンドリーを“壁”へ走らせ、デナーリスに使い鴉を送るよう命じる。サンサとリトルフィンガーに対する疑念を強めるアリアは、サンサがかつてロブに書いた手紙のことでサンサを責める。妹のことを恐れ始めたサンサは彼女の部屋に忍び込み、ある物を発見する。ひと晩経ち氷が固まり、ついに“死の軍団”の猛攻撃を受けるジョンたちだったが…。(ワーナー公式サイトより引用)

 

Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第七章 氷と炎の歌 動画(これからみようと思っている方に)

以下からは第七章 氷と炎の歌の第六話『Beyond The Wall/壁の向こう』のネタばれになりますので注意してください。

死者を捕らえるために北へ向かったジョンたちはお互いの話をする。

ジョンはベリックから父親の話を聞きジョンが生き返ったことを知っているベリックは共に光の王を神としてあがめていることを喜んでいた。

ジョンはジョラーとも話しモーモント総帥から受け継いだロングクロウをジョラーに返そうとするが自分には受け取る資格がないと言われ、この先も子孫に受け継いでいってほしいといいジョンに返した。

フィンターフェルでは手紙を手に入れたアリアがサンサに家族を裏切ったと責めていた。

その手紙とはかつてサンサがキングスランディングにいたときにサーセイらに無理やり欠かされた手紙で、「王都へ来てジョフリーに忠誠を誓いラニスター家との対立を避けて欲しい」と書かれていた。

更にアリアは父親が処刑された時にサンサはジョフリーらと共にいたと指摘し、サンサもアリアは助けに来なかったと反論するが、アリアは自分は家族を裏切っていないと反論する。

サンサは今ウィンターフェルにいられるのはジョンのおかげではなく自分のために駆け付けたヴェイルの騎士のおかげだと口にする。

それを聞いたアリアは北部諸侯が手紙のことを知るのが怖いのだろうと指摘し、サンサがその手紙をどうするのかと尋ねるがアリアはまだわからないと答えた。

その後サンサは手紙のことをリトルフィンガーに相談するが、彼は一体アリアがどこでその手紙を手に入れたのか見当もつかないと悪びれもなく語った。

リトルフィンガーは手紙のことが北部諸侯に知られたらと恐れるサンサにアリアが家族を裏切るはずがないと話す。

更にリトルフィンガーは不安ならサンサとアリアの両方に忠誠を使っているブライエニーに仲介させてはどうかと提案する。

しばらくすると王都のサーセイからサンサへ招待状が届くがサンサはそれを断固として拒否した。

そして自分の代理としてブライエニーにキングスランディングへ向かうように指示し、リトルフィンガーのことが気がかりなブライエニーはポドリックだけでも護衛に残そうとするがサンサがその必要はないといってブライエニーを遠ざけてしまう。

アリアが手紙を諸侯に伝えることを恐れるサンサはアリアの部屋に忍び込み手紙を探し始めた。

するとかばんの中から人の顔をかたどったものが出てくる。

そこへアリアがやってきてブレーヴォスで”顔のない男”になる訓練をして顔を手に入れたと話す。

アリアは訓練中に行った嘘を暴くゲームをサンサに仕掛けようとするがサンサは受け入れず、顔を何に使うのか質問してくる。

アリアは顔があれば自分以外の別人になれるといいナイフを手に取ると、サンサになればどんなふうに感じるだろうといってサンサに近づいて行く。

サンサが実の妹に恐怖を抱くが、アリアはナイフをサンサに渡して部屋を出ていった。

一方、死者の軍団を探すジョンたちがしばらく進むと吹雪で前が見えなくなる。

だが目を凝らすとその先には目の青い白クマが見えこちらに向かってくる。

吹雪で視界が悪いジョンたちは白クマに襲撃され2人殺されてしまう。

ベリックは燃える剣で応戦しジョンやジョラーも剣を取るが獣相手にうまく攻撃が当たらない。

すると今後はソロスが襲われてしまいハウンドが助けようとするが、白クマの体には火が付いており、それを恐れてハウンドは身動きが取れない。

皆で協力してなんとか白クマを倒すことはできたが、被害は小さくなかった。

ベリックはソロスの胸にできた傷を燃える剣で焼き応急手当てをした。

ジョンたちが更に進んでいくとホワイトウォーカーが十数体の死者を連れて歩いているのを発見する。

ジョンらはこれをチャンスだと考えたき火で敵をおびき寄せて奇襲をしかけた。

戦況はほぼ互角だったがジョンがホワイトウォーカーを殺すと死者も次々と崩れ去り、運よく一体だけ生き残った。

ジョンたちはその一体を捕獲し戻ろうとするが、そいつに仲間を呼ばれてしまう。

ジョンは最も若いジェンドリーに走って壁に戻り使い烏を送るように指示を出し、自分たちも薄氷の上に逃げるが周りを囲まれてしまう。

ただし薄氷は死者の重みに耐えきれず大きく割れてしまい、ジョンたちは死者に囲まれて逃げ場を失ってしまった。

ジェンドリーはなんとか壁までたどり着きジョンたちの状況を使い烏を使ってデナーリスに送ることに成功する。

敵に囲まれたまま一晩過ごしたジョンたちだったが、傷を負っていたソロスはそのまま息を引き取ってしまう。

絶体絶命の状況だったがベリックは夜の王を倒せばまだチャンスはあるといい、ジョンに光の王が自分たちをよみがえらせたのはそのためだと話す。

一方、ティリオンはデナーリスに衝動的になるのはやめてくれといい、ターリー親子を殺したことに苦言を呈していた。

ティリオンはこのまま無茶な行動を続けるとデナーリスが新たな世界を築くことができなくなる可能性があるといい、後継者を決めておくべきだと提言するがデナーリスはその話は玉座に座ってからだと一蹴される。

その後、ジョンからの知らせを受けたデナーリスはドラゴンを引き連れて助けに向かおうとするがティリオンはそれを止める。

デナーリスはティリオンに言われ指示通りにした結果タイレル家とアンサーリードを失ってしまったといいドラゴンにまたがって北へ向かってしまう。

相変わらず硬直状態になったジョンたちだったが、ハウンドが暇を持て余し石を死者に投げ始めた。

これにより足場が安定したことに気がついた死者は進軍を開始しジョンらは追い詰められてしまう。

仲間が次々に殺されていきトアマンドも敵に引きずり込まれそうになるがそれをハウンドが助ける。

もう駄目だと思われたその時、頭上にドラゴンが現れ炎で死者を一掃していく。

地上に降り立ったデナーリスは生き残った者たちを回収するが、3頭のうちの1頭であるヴィセーリオンに氷の矢を放ち、ヴィセーリオンは一撃で命を奪われてしまう。

そのさまに唖然とする一行だったが、夜の王がデナーリス達が乗るドラゴンを狙うのを見たジョンは今すぐ逃げろと指示し、自分は迫りくる死者を止める役目を担った。

ドラゴンはジョンを乗せることなく飛び立ち、夜の王がはなった氷の矢もなんとかかわすことに成功した。

デナーリスは失意の中カーセルブラックに帰還した。

死者によって湖の落されたジョンはなんとか自力で這い上がってきたが、ジョンが生きていることに気がついた死者が戻ってきてしまう。

今度こそ絶体絶命だと思われたジョンだったがそこへ馬に乗ったベンジェンがやってきてジョンを助けてくれる。

ベンジェンは時間がないといいジョンを馬にのせて逃がすと自分は死者に向かっていきあえなく命を落としてしまう。

カーセルブラックでは死者をキングスランディングに送る役目をハウンドが負うことに。

壁の上でジョンの帰還を待つデナーリスとジョラーだったがジョンの姿は見えない。

あきらめようとしたその時、カーセルブラックの鐘が鳴り下を見ると馬に乗ったジョンが戻ってきたのだった。

ダヴォスらは急いでジョンの服を脱がせて治療に当たり、この時ジョンの心臓に傷があるのをデナーリスが見ていた。

船の中でジョンが目覚めると目の前にはデナーリスの姿が。

ジョンが「すまない、行くべきではなかった」と話すとデナーリスは悲しみをこらえ壁の向こうに言ったから夜の王のことを知ることができた言い、死者の軍団の打倒を誓った。

ジョンはデナーリスのことをダニーと愛称で呼び、デナーリスのことを真の女王として認めると話すとデナーリスは民が認めないと反論する。

ジョンは君のことを知れば皆納得するといいデナーリスに忠誠を誓うことを示唆するのだった。

そのころ、夜の王はヴィセーリオンの死体を湖から引き揚げていた。

夜の王がヴィセーリオンに手をかざすとヴィセーリオンは目を開き、その目は青く光るのだった。

———————————————————————————-

夜の王つえ~~。

まさかドラゴンが一発でやられるとは。。

しかもそのドラゴンがホワイトウォーカーの手先になってしまいましたし、死者との戦争は困難を極めそうですね。

今回の話では取りあえずミアのソロスだけが死亡しましたね。

トアマンドもダメかと思ったけどハウンドが助けてくれてよかったです。

ハウンドが死者をキングスランディングに送り届けた時の反応が見ものですね。

主要人物はまだまだ死にそうですけど、取りあえずスターク陣営の人間だけは死なないでほしいです。

ただアリアとサンサはかなり険悪なムードになってきましたし、正直サンサの本心が見えないところは不安ではありますね。

リトルフィンガーにいいように踊らされてしまっていますし、さっさとブランが介入して本当のことを教えてあげればいいんですけどね。

アリアがサクッとリトルフィンガーを殺しちゃえばいいですけどね。

ブライエニーもキングスランディングに送っちゃいましたし、ハウンドと再会するのが楽しみです。

ジョンとデナーリスはかなりいい雰囲気になっていましたね。

これは結婚秒読みなのは間違いないでしょう。

ジョンはレイガー・ターガリエンとリアナ・スタークの子供なのでデナーリスとは親戚同士ですし、このままだとターガリエンが王座に就くことになりますね。

それはそれで複雑ですけどジョンならまあいいのかなあ。

やっぱり今後の展開はブランに握られていますね。

次回が第七章の最終話なのでどのような展開になるのか非常に楽しみです。

以上が第七章 氷と炎の歌の第六話『Beyond The Wall/壁の向こう』のあらすじと感想のレビューでした。