海外ドラマ「THE FLASH/フラッシュ Season2」第十四話『Escape from Earth-2/アース2からの帰還』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season2 登場人物/キャスト

バリー・アレン/フラッシュ → グラント・ガスティン
アイリス・ウェスト → キャンディス・パットン
ハリソン・ウェルズ/リバース・フラッシュ → トム・キャヴァナー
ケイトリン・スノー → ダニエル・パナベイカー
シスコ・ラモン → カルロス・バルデス
ジョー・ウェスト → ジェシー・L・マーティン
エディ・ソーン → リック・コスネット
ヘンリー・アレン → ジョン・ウェズリー・シップ
ジェイ・ギャリック → テディ・シアーズ
ロニー・レイモンド/ファイアーストーム → ロビー・アメル
マーティン・シュタイン教授/ファイアーストーム → ヴィクター・ガーバー

 

第十四話/エピソード14のあらすじ

アース2への旅のスリルに満ちた結末を描いたエピソード。ズームはある人物を必死に捜していたが、STAR(スター)ラボチームもズームの隠れ家を早急に見つけようと必死だった。チームはアース2にいる人物の中で、最も意外な人物から手助けしてもらうことになる。一方、アース1ではジェイにジオマンサーを封じさせるため、ケイトリンがヴェロシティ・ナインを完成させようとしていた。(ワーナー海外ドラマ公式サイトより引用)

 

THE FLASH/フラッシュ Season2動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason2の第十四話『Escape from Earth-2/アース2からの帰還』のネタばれになりますので注意してください。

<アース2>

バリーを捕らえたズームはスピードを盗むために必要なウェルズ博士を街中くまなく探しあらゆる場所にメッセージを残していた。

スターラボにいるハリーは助手のヘンリーに職員を避難させるように指示する。

シスコは一人でスターラボまで戻ってきてズームの居場所を特定するためにリバーブの使っていたサングラスを利用して能力を使おうとしていたがそのような時間は残されていなかった。

また捕らえていたアース2のバリー(今後はバリー2)も目を覚ましてしまい状況は悪化の一途をたどる。

そうこうしているうちにスターラボへズームがやってきてしまう。

ハリーはシスコとバリー2を連れて隠し部屋であるタイムボルトへ逃げ込み、偽の壁を作ることによってなんとかズームをやり過ごした。

シスコ達は連れ去られたバリーを助けるためにまずは警察官であるアイリスに協力を求める。

バリー2は今まで起きたことを全てアイリスに伝え、これまで接していたバリーが自分ではなかったことを話した。

にわかには信じられない内容だったが現在の状況から信じざるを得なかった。

シスコ達はバリーを助けるためにズームの隠れ家をなんとかして見つけようとしていたが手掛かりが何もない。

そこでズームの手下に直接聞くことを思いつき、恋人であるデスストームを殺されたキラーフロストことケイトリンにズームの居場所を聞くことに。

バリー2の追跡アルゴリズムを使いケイトリンが現在森の中に潜んでいることがわかり4人はすぐにそこへ向かった。

一方、捕まったバリーは父親に対して怒りの感情をあらわにするジェシーに、父親のハリーはすべてにおいて君を優先していたと話した。

またバリーの向かいに捕らえられている仮面をつけた謎の人物は壁を叩きバリーたちに何かを伝えようとしていた。

バリーはそれがモールス信号でないことに気が付いていたがどんな法則で壁を叩いているのか全く分からなかった。

それでもバリーはジェシーを説得して協力して脱出の道を探ることに。

ジェシーは男が壁を叩くのが最大でも5回であることに気が付き、それを聞いたバリーは捕虜が使う暗号であることに気が付く。

捕虜は暗号として5×5マスにアルファベットを入れてやり取りしていたのだという。

この時CとKは音が同じため一緒であるとみなすという。

この法則に従いマスクの人物が壁をたたく回数を聞いて”JAY”と伝えようとしていることが分かる。

それはアース1に来ているジェイ・ギャディングのことだと思ったが、その直後ズームが戻ってきてこいつとは会話をするなと言われてしまう。

ズームは自らの体を振動させてバリーの檻の中に入ってきて痛めつけるだけ痛めつけると再び出ていった。

だがこれを見たバリーは檻の抜け方が分かったと言い笑顔を見せた。

そのころ、ケイトリンを見つけたシスコ達はズームの居場所を教えてほしいと頼むがズームを裏切れば殺されると言い襲われてしまう。

シスコはこっちの世界のケイトリンが自分の世界のケイトリンと同じぐらいロニーを愛していたなら力を貸してくれるはずだと言い、ケイトリンは道案内をしてくれることになった。

ケイトリンはズームは崖の上に隠れていると言い高い崖にある横穴に案内してくれた。

そこはまさにスピードスターでないと入ることのできない場所だった。

ケイトリンは氷の足場を作ってくれてシスコ達はそれを使って中に入った。

バリーとジェシーを見つけたシスコ達はすぐにジェシーの檻を破壊し、ケイトリンに鎖を切ってもらい救出することに成功する。

だがバリーが捕まっている檻はケイトリンでも破壊することができなかった。

バリーはズームが行っていた壁抜けもなぜか自分にはできなかったため自分を置いて逃げるように言ったが、バリー2が氷の足場を使って崖の上まで来るというあり得ないことが自分にもできたのだからフラッシュである君にもできるはずだと言いバリーを奮い立たせる。

それを聞いたバリーは再度体を振動させて檻からの脱出を試み今度は成功したのである。

だが喜びもつかの間、ズームが戻ってきてジェシーを殺そうとしてしまう。

しかもズームが言うにはケイトリンはやはりズームと共謀しシスコ達を隠れ家まで導いていたのだという。

絶体絶命だともわれたが、ケイトリンはズームにロニーを殺されたことを思い出し反旗を翻したのである。

ケイトリンはズームの体を凍結させるとそのすきに皆を逃がしたのである。

ただバリーは仮面の人物が気がかりで、必ず助けに戻ると伝えその場を後にした。

スターラボに戻ってきたバリーたちはアース1へ帰る準備を進める。

ハリーはジェシーにもうここでは生きてはいけないと言いアース1へ行くことを伝えジェシーもそれに納得した。

<アース1>

アース1ではジオマンサーの対処に追われており、更にケイトリンはジェイの細胞がヴェロシティ7によって劣化していることに気が付く。

ケイトリンはそのことをジェイに伝えるとともにヴェロシティ7を超える薬を作ろうとしていた。

そのころ、アイリスは新しい編集長からフラッシュに対する真実の記事を書くように言われてしまい困ってしまう。

アイリスは新たに現れたスピードスターの記事を書くと言い、スターラボに足を運ぶ。

アイリスはジェイに新たなスピードスターのことを記事にしたいと伝えたところでアラームが鳴る。

ジオマンサーがテレビを通じてフラッシュに宣戦布告し地震によって人のいるビルを倒壊させようとしていたのである。

まだ試し打ちもできていなかったがジェイは新たに出来上がったヴェロシティ9をうち人民の救助に向かった。

ジェイの活躍により無事に人民は救助されスターラボに戻ったジェイはへろへろになりながらも誇らしげに笑った。

ジェイは少し休んでくると言い下の階に行き、ケイトリンはヴェロシティ9によりジェイの細胞がどのように変化したのかを見ていた。

すると今度はヴェロシティ9の効果により細胞が回復していたのである。

ケイトリンはすぐにジェイに伝えようとするがここでなんとジオマンサーがスターラボに乗り込んできたのである。

ジオマンサーはスターラボを破壊し始め、アイリスとケイトリンは必死に逃げたがしつこく後を追ってくる。

ケイトリンはあるものを探しに部屋に入ったが地震により物が倒れケイトリンにした時期になってしまう。

アイリスは一人でジオマンサーに立ち向かおうとするが歯が立たない。

すると目覚めたケイトリンがメタ・ヒューマン拘束装置を使ってジオマンサーを捕らえることに成功したのである。

その後ジョーも呼んでジオマンサーはパイプラインに収容されることになったのだが、ジオマンサーの地震によってせっかく直したスピードキャノンが破損していたのである。

バリーが設定した48時間まで1時間をきっており、ジェイたちはすぐにスピードキャノンの修復に取りかかる。

ジェイは直すためにはスピードキャノンをリブートさせるしかないと言うが、そのためには不安定になった裂け目に近づく必要があり、あまり近づくと吸い込まれてしまう危険性があった。

ジェイは裂け目の周りに空気の層を作ればいいと言い、ジョーも協力することに。

ジェイが薬を撃って高速で裂け目の周りを走り空気の層を作るとジョーが装置1つ1つをリブートして回った。

これによりなんとかスピードキャノンを直すことに成功したのである。

そしてバリーによりアース2からシスコとジェシーが帰還したのである。

残るはハリーだけだったがアース2ではハリーがズームに捕らえられていたのである。

ハリーはズームのすきをついて注射器をさし、そのすきにバリーがハリーを救出してアース1へ帰還した。

ジェイは裂け目を閉じるための爆縮リアクターを投げ込み、裂け目を閉じることに成功したと持ったが次の瞬間裂け目からズームの手が出てきてジェイを貫き裂け目の中にジェイを引きずりこんでしまうのだった。


———————————————————————————-

アース2のケイトリンは最終的には協力してくれましたね。

ただあの状況では確実にズームに殺されていそうな感じではありましたね。

シスコは思っていた通りリバーブのサングラスを持って帰っていましたけど結局使う機会はありませんでしたね。

バリーが捕まっていた時に仮面の人物からジェイと伝えられていましたけどあれってどういう意味なんでしょうね?

って言うかあの仮面の人物は誰なんでしょうね?

最後はジェイがズームに殺されてしまい、ケイトリンがかわいそうでしたね。

しかも裂け目はすべて閉じちゃいましたからもうどうすることもできませんし。

これからどうなることやら。

以上がSeason2の第十四話『Escape from Earth-2/アース2からの帰還』のあらすじと感想のレビューでした。