海外ドラマ「THE FLASH/フラッシュ Season3」第十話『Borrowing Problems From The Future/未来の悪夢』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season3 登場人物/キャスト

バリー・アレン/フラッシュ → グラント・ガスティン
アイリス・ウェスト → キャンディス・パットン
ハリソン・ウェルズ/リバース・フラッシュ → トム・キャヴァナー
ケイトリン・スノー → ダニエル・パナベイカー
シスコ・ラモン → カルロス・バルデス
ジョー・ウェスト → ジェシー・L・マーティン
ヘンリー・アレン/アース3のジェイ・ギャリック → ジョン・ウェズリー・シップ
ジュリアン・アルバート → トム・フェルトン
ウォーリー・ウェスト → キーナン・ロンズデール
ジェシー・ウェルズ/ジェシー・クイック → ヴァイオレット・ビーン
 

第十話/エピソード10のあらすじ

バリーの見た未来でアイリスがサビターに殺されてしまう。同じく未来に登場していたプランダーという悪党がセントラル・シティに姿を現すが、バリーはプランダーを捕まえたらアイリスの運命がより未来に近づくのではないかと恐れる。ウォリーは、プランダーを捕まえるのを躊躇しているバリーを不審に思い、キッドフラッシュとしてプランダーを捕まえようとする。一方ケイトリンは、ジュリアンにある仕事の話を持ちかける。(ワーナー海外ドラマ公式サイトより引用)

 

THE FLASH/フラッシュ Season3動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason3の第十話『Borrowing Problems From The Future/未来の悪夢』のネタばれになりますので注意してください。

アイリスと暮らし始めたバリーは未来でアイリスが殺されたところを見てから悪夢にうなされるようになる。

アイリスはバリーを心配して夢の内容を聞こうとするがバリーは答えなかった。

するとここで二人にじけの知らせが入り、アイリスはウォリーに先を越される前に行った方がいいと冗談げにいった。

バリーはウォリー共に火事の現場となっているビルに到着し、中に取り残されたパターソン刑事を発見する。

バリーはパターソン刑事が密室に閉じ込められていたことから扉を開けるとバックドラフトにより爆発が起こるとウォリーに教え、バックドラフトが起こらないように2人で工夫してパターソン刑事を助け出した。

現場にいた人間たちはフラッシュとキッドフラッシュをあがめていたが、助けられたパターソン刑事はキッドフラッシュはしょせんフラッシュの金魚のフンだといってウォリーのことを認めていなかった。

スターラボに戻ったバリーは今後も経験を積むために自分と一緒に活動するようウォリーに伝えた。

その後ウォリーはジョーと約束があるといい警察署へ。

ケイトリンはこのところ手錠の調子がおかしいとシスコに訴えていたが、それは充電不足であるためきっちりと充電しろと教えた。

そこへHRがセグウェイに乗って登場し、かなりの浮かれ気分だった。

いよいよスターラボ爆発ツアーのグランドオープンが明日に迫りその準備が終わったのだという。

HRはバリーとケイトリンとシスコをスターラボの一般開放する部分に連れていきシスコのホログラムなどを見せた。

受付にはロシア人のオルガという女性が採用されており、HRはケイトリンにもバリスタとして働かないかと持ちかけるが断られてしまう。

その後ケイトリンは警察署のジュリアンの元へ行き力をなくすための手助けをしてほしいと頼むが、自分にできるのはメタ・ヒューマン用の牢にぶち込むだけだと断れてしまう。

だがその後ジュリアンから連絡が入り先日の非礼を詫びると、自分と同じような境遇にいるケイトリンに会うと自分が傷つけた人間のことを思い出してしまい罪悪感にさいなまれると話した。

どうすれば前に進めるのかと落ち込むジュリアンにケイトリンは一緒にスターラボで働かないかと持ちかける。

一方、宝石店で強盗事件が発生しバリーはすぐに現場へと向かった。

バリーは犯人が奪った宝石を奪い取り勝ち誇った様子で勝利宣言をするが、犯人が未来のニュースで自分が捕らえたと報道されていたモリーロであったことで困惑してしまう。

そして一瞬のすきをつかれて強力な銃で撃たれてしまいモリーロには逃げられてしまう。

バリーがラボに戻るとHRがモリーロをプランダーと名づけ、それが未来で見た名前と同じであることを思い出し、バリーはアイリスが死ぬ未来へ着々と進んでいることを実感する。

バリーが捕まえ損ねたことからウォリーが今度は自分も行くと話すが、バリーの態度がこれまでと一変し事件に関わることを禁止したのである。

バリーの態度の代わりように困惑するチームフラッシュ。

バリーはHRに小説のことを聞いて未来のことを変えられるのかを訪ねてみた。

するとHRはちょうどそのようなことを題材にした小説を書いたことがあったが、自分の結論は過去はかえられないとのことだった。

その後再びプランダーが宝石店を襲ったと知らせが入りバリーは急いで現場へ向かった。

逃走用のヘリをジャックしようとしているプランダーを発見したバリーは銃の弾をかわしてプランダーを一撃で仕留めるが、プランダーが撃った弾がバリーを追尾してきたのである。

慌てて逃げるバリーだったが弾を振り切ることはできず、シスコは振動してすりぬけろとアドバイス。

壁をすり抜けたバリーはなんとか直撃を免れるが、未来を変えたいと思っているバリーはプランダーを捕らえることを躊躇する。

そこへキッドフラッシュが現れ意識を取り戻しバリーを撃とうとしているプランダーを捕らえたのである。

初めての犯人逮捕に大いに喜ぶウォリーとジョーだったがバリーだけは怒りをあらわにする。

バリーの怒りが理解できない一行だったがそこへHRが空気を読まずにやってきてグランドオープンだからすぐに着換えろ指示した。

もやもやは晴れないままグランドオープンとなったが客は全く来ていない。

ようやく来たと思った客も有料と知った瞬間帰ってしまった。

その状況を見てシスコは結局HRは役立たずだと口にしてしまう。

すると今度はジュリアンがやってきて例の件を受けたいと話す。

何のことかわからないバリーたちにケイトリンはジュリアンもサビターの被害者であり、一人でいても問題は解決せず傷ついた心を癒すにはチームに入ってもらった方がいいと話したのである。

ジュリアンに同情したバリーたちは前向きに考えると伝えた。

またケイトリンの言葉を聞いたバリーはアイリスをタイムボルトに連れていき、未来の記事を見せた。

アイリスもその記事をかいたのが自分ではなくなっていたことに気が付き、仕事を辞めた程度にしか思わなかったがバリーから賢者の石をスピードフォースに捨てた際に未来に行ってしまいアイリスが殺されたところを見たと話したのである。

残酷な真実に涙を流すアイリスとバリー。

最近ウォリーにもきつく当たっていたのは未来を変えようと必死だったためだと話す。

バリーは必ずアイリスを守ると誓い、アイリスは皆にも話すべきだと答えた。

バリーはジョー以外の人間を集め未来で見てきたことを隠さず話したのである。

バリーがプランダーの件で変だったのはそれが未来を変えるためのカギになっているからではないかと考えていた。

その時のニュースから未来を変える手掛かりが得られると考えた一行はバイブに力を使ってバリーが見た未来を再度見てみることに。

そのニュースで見たことをHRが書き出した。

  • モリーロ フラッシュの活躍で逮捕
  • ミュージック・マイスター出版契約
  • ルイージの店 再開
  • ジョー・ウェスト 表彰
  • キラーフロスト 逃走中
  • スターラボ・ミュージアム 閉館
  • ゴリラ襲撃の復興 続く

これによりアイリスの死以外にもケイトリンがキラーフロストとなり消息不明になることが明らかとなる。

また未来の映像ではアイリスが殺された瞬間、いなかったはずのHRが銃を持って助けようとしている要素が加わっていた。

これをすべて変えていけばアイリスが死ぬ未来を変えることができると信じるチームフラッシュ。

そこへウォリーがやってきてプランダーが脱走したときかされる。

プランダーが次にどこを狙うかわからないため街中にある宝石店をピックアップしたシスコだったが、バリーは未来のニュースを思い出し美術館にいることを皆に伝える。

バリーはウォリー共に現場へ行き、見事にキッドフラッシュがプランダーを捕らえることに成功した。

未来の出来事を一つ変えることに成功したバリーたち。

更に客が来なかったスターラボ・ミュージアムにはシスコの手腕により見事に客足が増えたのである。

その後、バリーの家で引越し祝いをすることになり皆を招いたバリーたち。

HRは引越し祝いに爬虫類のカメをバリーに送った。

またジュリアンも祝いにやってきてバリーたちは正式にジュリアンを迎え入れることを彼に伝えたのである。

更にシスコはジュリアンと協力してネックレス型のメタ・ヒューマンの力を抑えるデバイスを作ってケイトリンにプレゼントしたのである。

このまま未来を変えていけると信じる一行だったが、街のとある場所でゲートが開き中から女性が出てきた。

彼女の腕から出るホログラムに移っていたのはHRだった。

———————————————————————————-

最後に出てきた女性は誰だったんですかね?

HRのホログラムだったことからアース19から来たってことなんでしょうが、フェイントでウェルズ博士を探しに来たってことはないですよね?

未来のニュースを見たバリーたちはそれを手がかりに未来を変えようとしていますが、何気にグロッドがまた出るようなニュースもありましたね。

チームフラッシュに新たに加入することになったジュリアンですが、サビターが言っていた裏切り者がジュリアンのような気がしてなりません。

ジュリアンが裏切ってサビターが復活してアイリスが殺されて、バリーが死ぬより過酷な運命をたどるってことなんじゃないですかね?

まあでも今回の話では順調に未来を変えて言っているので、このままアイリスが死なない未来が来ることを願いましょう。

以上がSeason3の第十話『Borrowing Problems From The Future/未来の悪夢』のあらすじと感想のレビューでした。