ここでは実際に映画「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命・・・2つ星

beyondthepines02

原 題: The Place Beyond the Pines
製作年: 2012
製作国: アメリカ
出演者: ライアン・ゴズリング ブラッドリー・クーパー エヴァ・メンデス
    : レイ・リオッタ ベン・メンデルソーン マハーシャラ・アリ デイン・デハーン
    : エモリー・コーエン ローズ・バーン ブルース・グリーンウッド
監 督: デレク・シアンフランス
製 作: リネット・ハウエル シドニー・キンメル アレックス・オルロフスキー
脚 本: デレク・シアンフランス ベン・コッチオ ダリウス・マーダー

 

あらすじ

「ブルーバレンタイン」でコンビを組んだデレク・シアンフランス監督とライアン・ゴズリングの主演で贈るクライム・ドラマ。ある罪を巡る父親同士の因果が、その息子たちへと引き継がれて展開していくさまを、それぞれに視点を変えた3つの物語で描き出していく。共演はブラッドリー・クーパー。移動遊園地で曲芸バイクショーをする孤独な天才ライダー、ルーク。ある日、かつての恋人ロミーナと再会した彼は、彼女が自分との子どもを密かに生んでいたことを知り、2人を養うために銀行強盗に手を染める。そんなルークを、正義感にあふれる新米警官エイヴリーが追い詰めていく。15年後、何も知らないルークの息子ジェイソンとエイヴリーの息子AJは高校で出会い、すぐに仲良くなるのだが…。 (TSUTAYA online より引用)

 

感想/レビュー

ライアン・ゴズリングは好きな俳優の一人なので、評価が高かったので見てみました。

率直な感想は、終始暗い映画で見るのに疲れました。

ドライヴといい、ライアン・ゴズリングが出演する作品にはこういったものが多いんですかね?

まあ彼の役柄を上手く表しているとも言えますが、正直この手の映画は個人的にあまり得意ではありません。

でもストーリーはよく作られていたと思います。

好きな人にとってはものすごくはまる映画だと思います。

自分にははまりませんでしたけど。

出演者にはドライヴやブルー・バレンタインなどに出演しているライアン・ゴズリング、世界にひとつのプレイブックやリミットレスなどに出演しているブラッドリー・クーパー、ワイルド・スピードX2やアザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!などに出演しているエヴァ・メンデス、ジャッキー・コーガンなどに出演しているレイ・リオッタ、ブレイクアウトなどに出演しているベン・メンデルソーン、クロニクルや欲望のバージニアなどに出演しているデイン・デハーン、インシディアスやX-MEN: ファースト・ジェネレーションなどに出演しているローズ・バーン、スタートレックなどに出演しているブルース・グリーンウッドなどが起用されていました。

こうしてみるとかなりの豪華俳優陣ですね。

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命予告編動画(これからみようと思っている方に)

U-NEXT

以下からはネタばれになりますので注意してください。

内容は犯罪を犯した父親、その父親を殺した警官、彼らの息子がメインとなる3つの物語から構成されているものになります。

移動式のサーカスでバイクショーに出ていた孤独な天才ライダーであるルーク(ライアン・ゴズリング)は、ある日かつての恋人出会ったロミーナ(エヴァ・メンデス)と再会する。

ルークはあと数日で街からいなくなることになっていたのだが、ロミーナが自分との子供を秘密で産んでいたことを知る。

4378a9986072d8b9943319cbb18ff2c2

ルークはサーカスをやめて、ロミーナと生きようとするが、ロミーナにはすでに新しい夫がおり相手にされなかった。

それでもルークは自分の子を自分の手で育てようと努力する。

ある日ルークがバイクに乗って走っていると、一人の男と出会う。

その男はロビン(ベン・メンデルソーン)という名前で、車の整備工場を営んでいた。

ルークはその男のもとで働くことになるが、仕事にもなれたころにロビンからルークに仕事の話が持ちかけられた。

その仕事とは銀行強盗を行って金を稼ごうというものだった。

最初は拒否していたルークだったが、子供のためにお金がいるルークは仕方なくロビンと共に銀行強盗を行うことに。

仕事はうまくいき、2人は大金を手にすることに。

ryan-gosling-shirtless-in-place-beyond-the-pines-exclusive-still-01-517df

ルークは手に入れたお金を息子のために使うために、ロミーナにお金を渡した。

何度か銀行を襲った後、ルークはさらなる金を手に入れるために1日に2回銀行を襲おうと言いだす。

ロビンはここが引き際であるといい、ルークの提案には乗らなかった。

後日、ルークは1人で銀行を襲いに向かう。

しかしバイクのタイヤがパンクしてしまい、警察から逃げきれなかった。

ある民家に押し入ったルークは追ってきた警官のエイヴリー(ブラッドレイ・クーパー)に撃たれ、死んでしまう。

P

エイヴリーもこの時足を撃たれていたため、エイヴリーの正当性が認められ彼は一躍ヒーローになる。

後日、エイヴリーの元へ同僚がやってきて、ロミーナの家へと向かった。

それはルークが渡したお金を見つけて、自分たちで横領するためだった。

正義感にあふれるエイヴリーはこのことを正直に自分の上司に報告し、腐敗した組織を立て直そうとするが、その腐敗は上司たちにまで及んでいた。

The_Place_Beyond_The_Pines_02

数日後、エイヴリーは同僚から呼び出され郊外へと連れ出されたが、身の危険を感じたエイヴリーはその場から逃げることに。

そして警察が汚職にまみれている証拠を手にし、信用できる検事に今回のことを全て明し、自らは検事の補佐としての地位を手に入れることに成功する。

こうしてかつての同僚たちは逮捕され、警察の汚職が明るみに出ることとなった。

それから15年後、エイヴリーは知事選に出馬するほどまでになっていた。

The_Place_Beyond_The_Pines_04

息子のAJ(エモリー・コーエン)も大きくなり、17歳で高校に通っていた。

しかしなかなか家にいられないエイヴリーは、息子との間に壁ができていた。

AJは高校3年生から別の高校に通うことになり、そこでルークの息子のジェイソン(デイン・デハーン)と出会うことになる。

AJはジェイソンを誘って、悪い遊びに手を染めていくことになる。

そしてある日、AJとジェイソンは警察につかまってしまう。

エイヴリーはいち早く手をまわして息子に罪が付かないようにした。

またここでエイヴリーはかつて自分が撃ち殺した男の息子が、自分の息子と一緒になって悪さをしていることを知る。

エイヴリーはかつてのこともあり、AJに二度とジェイソンに近づかないように言った。

本当の父親を知らないジェイソンは父親の名前を頼りに父親がどういう人物だったかを探り始める。

そしてロビンのところへ行きつき、ルークのことをいろいろ教えてもらうことに。

ここでルークは警察に殺されていたことを知り、その警官の顔を初めて知った。

後日、ジェイソンはAJにパーティーに誘われ、AJの自宅へ向かうことに。

しかしそこで見た肖像画には父親を殺した男が映っていた。

全てを悟ったジェイソンは銃を持ってAJの家に押し入る。

the-place-beyond-the-pines-27

しかしジェイソンには殺すことはできなかった。

父のことをもっと知りたいジェイソンは父の面影を追って旅に出ることになる。

という感じで終わりです。

3つの物語から構成されている作品だったため、主演が3人いるような映画でしたね。

キャスティングも豪華ですし、ストーリーもよかったんですけどね。

いかんせん、自分には合いませんでした。

暗い映画があまり得意でない人にはお勧めできませんね。

以上がプレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命のあらすじと感想でした。