ここでは実際に映画「アベンジャーズ」を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

アベンジャーズの評価・・・5つ星

Avengers2

原   題: THE AVENGERS
製作年: 2012年
製作国: アメリカ
出演者: ロバート・ダウニー・Jr サミュエル・L・ジャクソン クリス・ヘンズワース
: トム・ヒドルストン コビー・スマルダーズ クリス・エヴァンス
: スカーレット・ヨハンソン ステラン・スカルスガルド マーク・ラファロ
: ジェレミー・レナー クラーク・グレッグ
監   督: ジョス・ウェドン
製   作: ケヴィン・フェイグ アラン・ファイン
脚   本: ジョス・ウェドン

 

あらすじ

アイアンマンやハルクはじめスーパー・ヒーローたちによって結成されたドリーム・チーム“アベンジャーズ”を実写映画化する夢の企画がついに実現し、全米 で空前の大ヒットを記録したSFアクション超大作。国際平和維持組織シールドで研究中だった四次元キューブが地球の支配を目論む邪悪な神ロキに奪われ、地 球は史上最大の危機に直面する。長官のニック・フューリーは周囲の反対を押し切り、スーパー・パワーを持つヒーローを集めて最強チーム“アベンジャーズ” を結成することを決断、シールドのエージェントとなった魔性のスパイ、ナターシャ・ロマノフらとともにヒーローたちの招集に乗り出す。こうしてアイアンマ ン、キャプテン・アメリカ、ハルク、そしてロキの兄ソーがシールド本部に勢ぞろいするのだが…。(TSUTAYA online より引用)

 

感想/レビュー

 

みる前から期待感の高かった映画で、見てもやっぱり面白かったです。

アイアンマンやシャーロックホームズでおなじみのロバート・ダウニー・Jr、キャプテンアメリカのクリス・エヴァンス、マイティーソーのクリス・ヘンズワース、ボーンレガシー(この時点ではまだ見てないが)のジェレミー・レナー、ハルクのマーク・ラファロ、スターウォーズのサミュエル・L・ジャクソン、アイアンマン2をきっかけに(自分の中で)メジャーな映画に出だしたスカーレット・ヨハンソンなどなど有名どころがたくさん出ている映画です。

その面々に負けない映画のスケール!

はじめは個性的すぎて噛みあわない面々だが、敵の襲来で一致団結するというベタな展開だったがそれもまた良かった。

これぞアメコミといった内容だった(アメコミみたことないけど)。。。

アベンジャーズ予告編動画(これからみようと思っている方に)

以下からはネタばれになりますので注意してください。

ハルクがキーパーソンとして話が展開していくところはなんか微妙だったけど、、、。

結局あんまりその話は関係なかったように思えたし。

まあとにかく面白かったし洋画好きなら見ておくべき作品の1つですね。

個人的に1番おもしろかった場面はハルクとソーが並んだ時にソーがハルクにパンチされて吹っ飛ぶところですかね。

思わずクスッとなっちゃいました。

ちなみに各ヒーローは

アイアンマンシリーズ→アイアンマン、ブラックウィドウ(アイアンマン2)

キャプテンアメリカ:ザ・ファーストアベンジャー→キャプテンアメリカ

マイティソー→ソー、ホークアイ(でるのはほんのちょっと)、敵の親玉

インクレディブルハルク→ハルク

と言ったシリーズからの登場となっています。

アベンジャーズを見たら基の作品も見たくなると思いますよ。

アベンジャーズがきっかけでスピンオフ映画もたくさん作られるみたいですよ。

2015年にアベンジャーズ2もでるらしいので期待が大きいですね。

そういえばDVDやBlu-rayで見た人はエンドロールの後にも少しだけまだ残っているのできちんと最後まで見ておいた方がいいですよ。

最後の場面も個人的には結構好きでした。