海外ドラマ「Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第五章 竜との舞踏」第十話『Mother’s Mercy/慈母の慈悲』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

第五章 竜との舞踏 相関図(クリックで拡大)(スターチャンネル公式サイトより引用)

GOT2

 

第十話/エピソード10のあらすじ

スタニスがウィンターフェル城の攻撃を開始し、サンサはラムジーが戦に出た隙に脱走を試みる。ブレーヴォスではマリンに対する復讐を誓ったアリアが彼を追い娼館に潜入する。ダーリオとジョラーはドラゴンとともに去ったデナーリスを探しに北へ向かうことに。独房生活が耐えられなくなったサーセイはついにハイ・スパローに対し罪を告白する。(ワーナー公式サイトより引用)

 

Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第五章 竜との舞踏 動画(これからみようと思っている方に)

以下からは 第五章 竜との舞踏の第十話『Mother’s Mercy/慈母の慈悲』のネタばれになりますので注意してください。

ウィンターフェルでは戦争の混乱に乗じてサンサが部屋から抜け出し壊れた塔でろうそくを灯していた

スタニス軍はシリーン王女を生贄に差し出した効果なのか気温が上がり雪が解けて進軍できるようになっていた。

だがその代償に兵に半数が脱走してしまったのである。

更に王妃のセリースも罪の意識に耐えきれず首をつって自殺してしまう。

事態を重く見たメリサンドルはスタニスに何も言わず軍から離脱してしまう。

スタニスはそれでもウィンターウェルへの進軍を開始してしまう。

ウィンターウェル近くの宿でサンサからろうそくの合図を待っていたブライエニーだったが、ポドリックがスタニス軍が来たのを見てブライエニーに報告。

2人はサンサの合図を見ることなくスタニス軍とボルトン軍の戦争へ行ってしまい、その直後に窓のろうそくが灯るのだった。

スタニスは包囲線の準備を進めようとしていたが、メリサンドルが節減での戦いになると予言していた通り敵はスタニスよりもはるかに多い兵力で打って出たのである。

stannis-600x338

スタニス軍は瞬く間に包囲されてしまい、兵は皆殺しに合ってしまう。

傷だらけでなんとか命をつないでいたスタニスの元へ2人の敵兵がやってくる。

スタニスは敵を2人とも殺すが、そこへブライエニーが現れる。

ブライエニーはレンリーを殺したのがスタニスであることを確認し、何かいい残すことがあるかと聞くとスタニスは務めを果たせと返した。

stannis

それを聞いたブライエニーはジェイミーから受け取った剣を振り下ろしたのである。

ろうそくを灯したサンサは助けが来ないことを悟り自力での脱出を試みる。

sansa_no_caption

だがミランダとシオンに見つかってしまい、戻るよう言われる。

サンサは戻ったらどうなるかを理解しているといい、そうなるぐらいなら死んだ方がましだと言い放った。

ミランダは殺すつもりはないが子供を産むことができれば他はどうなってもいいといい弓を構える。

するとそれを見ていたシオンはサンサをかばうようにミランダを壁の上から突き落としたのである。

後戻りのできないシオンはラムジーに見つからないようサンサの手をとりウィンターフェルの壁の上から城外に向かって飛び降りたのだった。

game-of-thrones-hbo-got-season-6-predictions

ドーンではドーランの許しを得てジェイミーがキングスランディングに帰ろうとしていた。

心を改めたエラリアはミアセラに別れのキスをしてジェイミーたちを見送った。

船の中でジェイミーはミアセラと二人で話そうとするがうまく言葉にならない。

するとミアセラは何が言いたいかはわかっていると言い、ジェイミーが本当の父親であることを知っていると話しそっと抱き締めたのである。

game-of-thrones-season-5

だがここでミアセラの体に異変が起き、鼻血を出して倒れたのである。

myrcella-baratheon

これはブロンが牢で毒を盛られた時の症状と同じだった。

実はエラリアの唇には毒が塗ってあったのである。

エラリアも同じように血を流し始めるがすぐに解毒剤を飲んでいた。

ブレーヴォスではアリアが娼館に潜入し幼女趣味のあるマーリンの元へやってきていた。

マーリンは幼い少女を痛めつけるのが趣味の変態だったが、アリアは鞭を撃たれても悲鳴一つ上げない。

アリアに標的を絞ったマーリンは他の少女を帰らせアリアだけを痛めつけようとする。

アリアは館にある顔を使って別人に変装していた。

マーリンの不意をついてアリアは両目をつぶし、体中にナイフを突き立てたのである。

arya-kills-trant-s05e10

そして自分がアリア・スタークであることを告げるとのどを切って殺したのだった。

黒と白の館に戻ったアリアはジャクェンから謝った命を奪ったと責任を問われる。

ジャクェンは死は死でしか償えないといい、見習いの女にアリアの動きを止めさせると毒の入った瓶を取り出し、自ら口にしたのである。

got_510

ジャクェンはその場で死んでしまい、アリアはジャクェンの死を嘆くが、見習いの女性の声が変わったことに気が付き振り返るとジャクェンの顔になっていた。

アリアが死んだ男の顔をめくると全くの別人になり、めくり続けるとなんとアリアの姿になったのである。

そしてアリアは代償として視力を失ってしまう。

ミーリーンではデナーリスがいなくなったことでどうするかの話し合いが行われていた。

got-finale-2-1024

ダーリオは自分とジョラーがデナーリスを探しに行くと言い、ティリオン、ミッサンディ、グレイワームには国の統治を頼んだ。

ダーリオとジョラーを見送るティリオンのもとにはスパイの情報を頼りにヴァリスが到着していた。

一方、ドロゴンに乗って逃げたデナーリスはどこか遠くの地に降り立っていた。

デナーリスはすぐにでも戻りたいと思っていたがドロゴンの傷が思いのほか深く、ドロゴンは眠りについてしまう。

mothers-mercy-0-0

デナーリスは食料を探すために山を下りたのだが、そこへ大量のドスラク人がやってきてデナーリスをとり囲んでしまう。

デナーリスはとっさに指輪をはずしその場に落したのだった。

キングスランディングでは独房生活に耐え切れなくなったサーセイがついに罪を告白すると言いだす。

サーセイはハイ・スパローの元へ行きランセルとの姦淫があったことを認めるも、近親相姦については否定した。

960

サーセイはこれで城に戻れると思っていたが、ハイ・スパローは他の罪状については真偽を明らかにするために裁判を行わなければならないと話す。

サーセイは慈母の慈悲を賜りたいと言い、ハイ・スパローは贖罪を行うことを条件に城に帰ることを許す。

贖罪とは髪を切り落とし、裸で神殿から城まで歩いて辱めを受けることだった。

サーセイは民衆から罵詈雑言を浴びせられ糞尿をぶつけられながら城まで歩いて帰ったのである。

got_mp_100314_ep510-48361-800x533

城に入るとクァイバーンが手厚く迎え入れ、実験が成功したと言い新たなキングスガードを披露する。

それはオベリンとの決闘で瀕死の重傷を負ったマウンテンだった。

Game of Thrones

カーセルブラックでは数万の野人がホワイトウォーカーとなったことをサムに話していた。

もはやジョンが信頼できる人間はサムとほんの一握りの人間だけになっていた。

ジョンはホワイトウォーカーをヴァリリア鋼でできたロング・クロウでも殺せたことを話した。

サムはメイスターになるためにオールドタウンに行きたいと言い、ジリと子供を連れて行くことを許可してほしいと話した。

この時の流れでサムがジリと寝たことをジョンが悟った。

サムは必ず戻ってくるといい、ジョンもサムを温かい目で送り出した。

sam-rides-off-with-gilley-and-baby

その後ダヴォスがやってきて支援してほしいと頼むが、カーセルブラックにはそのような余裕などなかった。

するとそこへメリサンドルが一人で帰ってくる。

ダヴォスはスタニスはシリーンのことを尋ねるが返事は何もなかった。

その夜、各地に送った手紙の返事を見てため息をつくジョン。

episode-50-1920

そこへオリーがやってきて叔父のベンジェンが帰還したという知らせを受ける。

驚いたジョンは着の身着のままそこへ行くが、そこには反逆者という立て札があるだけだった。

そしてサー・アリザーを始めるとする反ジョン派閥の人間が次々に「ナイツウォッチのために」と言いジョンにナイフを突き立てたのである。

ジョンは雪が降る中血を流してその場へ倒れた。

Game of Thrones

———————————————————————————-

ジョ、ジョ、ジョ、ジョ~~~~~~~~ン、、マヂか~~~~~!!!

ジョンは絶対生き残ると思ってたのに衝撃のラスト。。

メリサンドルが戻ってきたってことはミアのソロスがやっていたこと的なことが行われてジョンが復活するとかないんですかね?

あのまま死んだんじゃかわいそすぎます。

アリアはアリアで目が見えなくなってしまいますし、一体どういう原理だったのか??

また見えることになると期待するしかありません。

シオンはようやくサンサを助けてくれましたね。

最後の最後の最後には味方になってくれると思っていましたよ。いや本当にww

ラニスター家はミアセラが毒殺されましたし、サーセイは辱めを受けましたしボロボロの状態ですね。

第6章ではラニスターとドーンとの間で戦争が起きそうですね。

結局この章ではブランとリコンが全く出てきませんでしたね。

密かに王座に座るのはどちらかだと思っている今日この頃なので第6章では活躍を期待しましょう。

それにしてもいつ見てもゲーム・オブ・スローンズは期待にこたえてくれますね。

以上が 第五章 竜との舞踏の第十話『Mother’s Mercy/慈母の慈悲』のあらすじと感想のレビューでした。

最後に第6章:冬の狂風の予告を乗せておきますね。

ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風