海外ドラマ

海外ドラマ「The Musketeers/マスケティアーズ 三銃士 シーズン2」第四話『Emilie/死の天使』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「The Musketeers/マスケティアーズ 三銃士 シーズン2」第四話『Emilie/死の天使』を見ての評価と感想を書いています。

日本では2016年の4月から「マスケティアーズ パリの四銃士」というタイトルでNHKで放送されています。

ちなみに私が見ているのもNHKで放送されているものです。

マスケティアーズ パリの四銃士では1話~10話までがSeason1で11話~20話までがSeason2となっています。

第四話の日本語でのタイトルは「死の天使」となっていますが、NHK版では「天使が見た悪夢」となっています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season2 登場人物/キャスト

ダルタニアン → ルーク・パスカリーノ
アトス → トム・バーク
アラミス → サンティアゴ・カブレラ
ポルトス → ハワード・チャールズ
トレヴィル → ヒューゴ・スピアー
ミレディ → メイミー・マッコイ
コンスタンス → タムラ・カリ
ルイ13世 → ライアン・ゲイジ
アンヌ王妃 → アレクサンドラ・ダウリング
ロシュフォール伯爵 → マーク・ウォーレン

 

第四話/エピソード4のあらすじ

銃士隊は、神の啓示を受けたというデュラスの娘エミリーを調査する。彼女は夢により、スペインとの戦争こそが神の意志だと主張。何千という信奉者が彼女のもとに集まり、次第にスペイン人に対する暴力行為が激しくなる…。(NHK Onlineより引用)

 

The Musketeers/マスケティアーズ 三銃士 Season2動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason2の第四話『Emilie/死の天使』のネタばれになりますので注意してください。

パリの郊外でエミリーという女性が神の啓示だと言いスペインを迫害するような内容の演説をしていた。

4

民衆はジャンヌ・ダルクの生まれ変わりのような彼女の言うことを盲信し、次第にスペイン人への迫害を始める。

その行為はどんどんエスカレートしていきついにスペイン大使館のスペイン人が犠牲になったのである。

国王は銃士隊に事態の収拾を図るよう命じ、アトス達が様子を見にやってきていた。

だがエミリーと話したいと言っても周りの人間が邪魔をし取り次いでもらえない。

銃士隊は信仰心のあるアラミスをスパイとして送り込むことに。

そのころ当の国王はミレディを愛人として抱え込み一日中彼女と一緒にいるという始末。

7800239-high

一方、スペイン人が虐殺されていることに我慢のできないスペイン大使のペラレスはロシュフォールと密会しエミリーを公開処刑するように指示するが、ロシュフォールは今や自分は王宮内で最も信頼されている人間であり、自分が実権を握る日も遠くないと言い指示を聞こうとしない。

ロシュフォールの存在が邪魔になり始めたペラレスはロシュフォールが通う娼館へいきお抱えの娼婦に大金を渡しロシュフォールを殺すよう命じる。

潜入の指示を受けたアラミスはエミリーに近づき彼女の言葉に感銘を受けたと偽りそばにいることを許される。

3

エミリーは夢の中で神からの啓示を受け取るのだと言い、近いうちに国王への謁見が許されると語った。

そのころ、スペイン出身である王妃はスペイン人が虐殺されている現状をどうにか打破したいと考えていた。

だが国王にエミリーと会うよう何度も進言しているようだったが取り次いでもらえないとのこと。

国王はベッドでの技が優秀なミレディに骨抜きにされており、他のことはそっちのけだったのである。

王妃はなんとか自分にできることを模索する。

そうこうしている間にも暴徒の勢いは増していき、ついにスペイン大使館へも押し寄せてくる。

暴徒よりも先に銃士隊が大使館へ潜入し、なんとかペラレス大使を救うことに成功する。

トレヴィル隊長はペラレスを銃士隊の隊舎でかくまうことに。

話は変わるが、ボア将軍は自分の遺産をポルトスに全て譲り渡すという手紙を書いていた。

それを受け取ったポルトスは不思議に思いトレヴィルに問いただすが何も答えてはもらえない。

ポルトスはボア将軍が自分に負い目があるのではといい、父親か母親が知り合いなのではないかと勘繰るも、トレヴィルは全く相手にしなかった。

そのころ、ペラレスの命を受けた娼婦がロシュフォールを殺そうとするが失敗に終わり、更にペラレスが仕組んだことだとばらされてしまう。

怒ったロシュフォールは娼婦を殺し、切り取った耳をペラレスに送りつけた。

それを見たペラレスはたくらみが失敗したことを察し、スペインへ帰らせてくれと直訴する。

一方で狙われたロシュフォールも黙ってはいなかった。

ロシュフォールは枢機卿の知り合いである神父を訪ね、ミレディが何者かを問いただした。

ミレディが枢機卿のスパイであったことを知ったロシュフォールは彼女を呼び出し、秘密をばらされたくなければ仕事をしろと脅した。

7800252-low

その仕事とはもちろんペラレス大使の暗殺である。

王宮ではアンヌ王妃が現状を打開するためにコンスタンスと共にエミリーに会いに行くことを決意していた。

身分を隠したかった王妃だったがすぐにばれてしまいエミリーのテントへと連れて行かれる。

7800117-low

そこにアラミスがいたことに驚く王妃。

エミリーはスペイン人である王妃を客人としてもてなし、その見返りに王に謁見できるよう取りついぐよう持ちかけた。

その夜、アンヌ王妃とコンスタンスは食事をとりそのまま就寝したのだが、コンスタンスが悪夢で目覚めてしまう。

コンスタンスは昨夜食事にエミリーが食べるはずだったスープをもらっていたのだが、妙にリアルで恐ろしい夢だったことから、エミリーはそれは神の啓示であると話した。

musketeers-204-king-dream

その後王妃たちは無事に王宮へと戻されたが、この時隙を見てアラミスがエミリーの食べ物を水筒に入れて持ち帰ったのである。

そして王宮でコンスタンスに医者のルメーを呼んでスープの中身を調べてもらうようお願いする。

ただこの時アラミスと王妃がキスしているのをコンスタンスに目撃されてしまい、王妃は誰かにしゃべったらお互いつるしクビになるとくぎを刺した。

tumblr_nj0m2qnb1q1sajvrvo1_500

一方、ロシュフォールからの贈り物をもらったペラレスは気が気でない毎日を送っていた。

そのため国王に謁見するはずだったのを取りやめすぐにでもスペインに帰りたいと言いだす。

銃士隊はロシュフォールからの手紙を受けて手筈が整ったことを確認し、ペラレスを厳重警護して馬車のところまで送り届けた。

1

だがこれはロシュフォールの仕掛けた罠であり、馬車は用意されていなかった。

ペラレスは正体をわかりにくくしたミレディにすれ違いざまに毒のナイフで切りつけられ間もなく死んでしまう。

2

国王は大使が殺されたことに激怒し、益々銃士隊への信用をなくしてしまう。

ロシュフォールはなぜこのような安易な行動に出たのかと銃士隊に問い、トレヴィル隊長はロシュフォールからの手紙を見せるとこれは偽造されたものだと一蹴される。

そのころ、ルメー医師による調査が完了していた。

ルメー医師は自らスープを口にしており、中には麻薬が入っていると思われると話した。

真相を知ったアラミスはエミリーの元へ戻り王への謁見が許されたと嘘をつき、王宮でエミリーを捕らえた。

そして個室にエミリーを連れていき、そのような状況に慣れているアトスに託して彼女の体に残っている麻薬を抜くことにしたのである。

tumblr_nj1bvrlqpr1ti7gn9o1_1280

無事に治療が終わるとアラミスはエミリーに母親に麻薬入りの食事を取らされており、夢で見る神の啓示は嘘のものだったと説明した。

正気に戻ったエミリーは村に戻りこれまでのことは全て偽りであったと語り、集めた民衆を解散させたのである。

この時の騒動でエミリーの母親は命を落としてしまい、エミリーは一人で故郷に帰ることになる。

その後アトスは街中でミレディと再会し、国王の愛人として力を持っているミレディに手が出せないことを歯がゆく思いながら、ミレディのことはもう赤の他人だと切り捨てる。

gallery_7800305-low_res-the-musketeers

だがミレディは「あなたは私を愛している。この先もずっと」といい、アトスが過去を乗り越えられていないことを見抜いていた。

王宮ではロシュフォールが着々と勢力を伸ばしていた。

王太子の教育係であるマルグリットがアラミスと通じていることを知っており、それをネタに王妃をスパイするよう指示したのである。

その後、国王はエミリーを処刑しなかったことを激怒し、ロシュフォールは言葉巧みに銃士隊のせいにする。

ミレディは銃士隊をかばうが、女性は政治に口出ししなくてもいいと王に優しく諭されてしまう。

この結果、トレヴィル隊長は責任を問われ隊長を解任されてしまうのだった。

-------------------------------------------------------------------------------------------

ロシュフォールの勢いがやばいですね。

ミレディと接触した時に仕事をするのは今回だけといわれていましたけど、また何かありそうですね。

ミレディに関してはロシュフォールのスパイにでもなるのかと思っていたけど、それを通り越して国王の愛人になっていましたねw

当然王妃はそれを面白く思っておらず、ベッドの技で劣っていることまでコンスタンスに相談する始末w

結局コンスタンスにはアラミスとの関係がばれてしまいましたし、スパイになった教育係にばれるのも時間の問題でしょうね。

アトスはなぜか麻薬に対する対処に慣れているとのことだったので、弟が殺された後に銃士隊に入るまで荒れていた時期があったということでしょうかね。

トレヴィルは隊長を解任されてしまいましたし、面白いぐらいにロシュフォールの思い通りになっていますね。

以上がSeason2の第四話『Emilie/死の天使』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.