海外ドラマ

海外ドラマ「The Musketeers/マスケティアーズ 三銃士 シーズン2」第五話『The Return/不本意な里帰り』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「The Musketeers/マスケティアーズ 三銃士 シーズン2」第五話『The Return/不本意な里帰り』を見ての評価と感想を書いています。

日本では2016年の4月から「マスケティアーズ パリの四銃士」というタイトルでNHKで放送されています。

ちなみに私が見ているのもNHKで放送されているものです。

マスケティアーズ パリの四銃士では1話~10話までがSeason1で11話~20話までがSeason2となっています。

第五話の日本語でのタイトルは「不本意な里帰り」となっていますが、NHK版では「嘆きの領主」となっています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season2 登場人物/キャスト

ダルタニアン → ルーク・パスカリーノ
アトス → トム・バーク
アラミス → サンティアゴ・カブレラ
ポルトス → ハワード・チャールズ
トレヴィル → ヒューゴ・スピアー
ミレディ → メイミー・マッコイ
コンスタンス → タムラ・カリ
ルイ13世 → ライアン・ゲイジ
アンヌ王妃 → アレクサンドラ・ダウリング
ロシュフォール伯爵 → マーク・ウォーレン

 

第五話/エピソード5のあらすじ

アトスが彼の領地であるピノンへ拉致される。領民から帰還を求める手紙を見つた銃士隊は救助へ向かう。領民はルナール男爵が穀物を焼き、残りに毒物を混入し領地を奪う気だと助けを求めていた。話し合いを持つがルナール男爵はアトスが領地を放置したため秩序を求めただけと主張する。 (NHK Onlineより引用)

 

The Musketeers/マスケティアーズ 三銃士 Season2動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason2の第五話『The Return/不本意な里帰り』のネタばれになりますので注意してください。

突然アトスが行方不明になったと騒ぐ銃士隊。

ダルタニアン達は隊長の人を解かれいち銃士隊として掃除をしていたトレヴィルに相談するが、どこかで酔いつぶれているだけだろうとまじめに取り合ってもらえない。

maxresdefault

そのころアトスは手足を縛られ大勢の人間に囲まれていた。

そこはかつてアトスが伯爵として暮らしていたピノンだったのである。

宿屋の主ベルトランとその娘ジャンヌは領民は困っているため伯爵の助けがいると言ったが、外に出たアトスは「この罰当たりめ!俺を連れ戻したな!!」と怒りをあらわにする。

musketeers-athos-athos-the-musketeers-38040842-4284-2856

ピノンの住民がアトスに助けを求めたのは近隣に住むルナール男爵がこの土地を狙って穀物を焼きはらい、残ったものには毒を混ぜていやがらせをしていたからである。

協力を拒むアトスだったがそこへルナール男爵と息子のエドモンがやってくる。

エドモンは問答無用で領民を鞭うちしこの土地から出ていくよう言ってくるが、それをアトスが止めた。

アトスはルナール男爵に話し合いを提案し、話し合いで折り合いをつけることに。

the-musketeers-season-2-episode-5-the-musketeers-bbc-38038225-4284-2856

一方、アトスを探す銃士隊は手掛かりを探すためにアトスの隊舎へ。

するとそこには未開封のピノンからの助けを求める手紙が多数放置されていた。

銃士たちはアトスはピノンの住民に連れ去られたと考え、アトスの故郷へ向かうことに。

ルナール男爵と話し合いをしているアトスは自分が爵位を放棄するつもりだと話すと、ルナール男爵は貴族にあるまじきとして憤りを見せる。

アトスは爵位は放棄してもここは自分の土地だと言い、ルナール男爵もその場はそこで引き下がった。

だが戻った後男爵は貴族でなくなったのなら、あの土地は自分たちが治めるのが通りであるといい、再びピノンに戻ってくる。

止めようとするアトスに男爵はもう貴族でないのなら敬意を払う必要はないといいアトスを打ちのめすとロープで宙づりにしたのである。

男爵はエドモンに鞭打ちをさせようとするが、ここで謎の人物がアトスを助けてくれる。

そしてアトスを探している銃士隊もようやく到着し、男爵はいったん退いた。

ただこの時、村で最も美しいジャンヌをエドモンが連れ去ってしまう。

ダルタニアン達はアトスに領主の責任を果たす必要があるのではと諭そうとしたがアトスは聞こうとせず、かつて焼き払った屋敷に一人で帰って行った。

焼け落ちた屋敷を見てミレディやミレディに殺された弟のトマスのことを思い出すアトス。

するとそこへ宙づりにされていたアトスを助けてくれたカトリーヌが姿を現す。

カトリーヌはトマスの婚約者であり、現在は屋敷の使用人の部屋を使って自給自足の生活を送っていると話した。

落ちぶれてしまったものの誇りだけは失っていないカトリーヌは全てを奪ったミレディを心の底から憎んでいた。

カトリーヌはミレディは死んだと思っているようだが、アトスからミレディが生きていることをきかされ驚くとともに、アトスがまだミレディのことを忘れられないでいることに嫉妬していた。

musketeers-205

一方、村ではルナール男爵と戦うために銃士隊が村から武器を集めていた。

だがまともな武器はなく、このままでは全く戦いにならなかった。

どうするかと悩んでいるダルタニアン達の元へアトスが戻ってくる。

アトスは武器なら屋敷にあると言いダルタニアンと共に屋敷へ向かった。

この時、アラミスとポルトスはさらわれたジャンヌを救出に向かっていた。

ルナール男爵は前祝で大いに楽しんでおり、そのすきをついてアラミスとポルトスはジャンヌを救い出す。

家から逃げたと見せかけた罠にうまくかかり、アラミス達は戦うことなくジャンヌを救い出すことに成功する。

武器を調達したアトス達は民衆を集めてこれからどうするかの話を始めた。

アトスはこの土地はルナールにくれてやった方がうまくいくと言ったが、領民はそれに反対した。

それならばとアトスは今暮らしている土地は全て自分の物にしろといい、土地を領民に分け与えたのである。

アトスは自分たちの土地を守るために戦うかどうかをよく考え、戦うなら力を貸すと言い翌朝戦うと決意したものだけ集まれと言ってその場は解散した。

翌朝、民衆は一人残らず集まりルナール男爵と戦うことを決意する。

the-musketeers-2-5

銃士隊が指揮をとり村の周りにはバリケードを築きあげ、敵がやってくるまで領民に戦い方を教えた。

そしていよいよ戦いの火ぶたが切って落とされた。

銃士隊の指示で戦う領民たちは数人が犠牲になりながらも健闘を見せていた。

7890281-low

その中にはカトリーヌの姿もあったのだが、カトリーヌはアトスから土地は領民に譲ったという話を聞いてがくぜんとする。

貴族の誇りを捨てられないカトリーヌはだんだんアトスに反発するようになる。

数度の戦いの末、エドモンとアトスの一騎打ちになり、アトスの圧勝で幕を閉じた。

だがここでエドモンを見下ろすアトスにカトリーヌが銃を向ける。

742956495119cdf4868d677af3341eb0

ようやく領主になりマシな生活を送れると思っていたカトリーヌだったが土地はすべて譲ったときかされ、これならルナールの方がましだと思ったようだ。

動きを止めたアトスに更にエドモンがナイフで襲いかかってくる。

ここでカトリーヌの銃声が響きわたるが、撃たれたのはエドモンの方だった。

ルナール男爵は最愛の息子を抱きかかえるが、間もなく息を引き取ってしまう。

双方の痛み分けにより戦いは終わり、ルナール男爵もおとなしく引き下がった。

だが怒りがおさまらないカトリーヌは自らミレディを殺すためにトマスの銃を携え姿を消したのである。

the-musketeers-season-2-episode-5-the-musketeers-bbc-38038244-4284-2856

アトスはベルトランを村長に任命し伯爵の指輪を渡して、ルナールが仕掛けてきたらこの紋章を持ってルーアンの裁判所に申し出ろと教えた。

アトスはもう二度と戻らないと宣言し、銃士隊に礼をいって領民に見送られながらパリにもどるのだった。

-------------------------------------------------------------------------------------------

今回はアトスの個人的な物語でしたね。

ポイントはカトリーヌが銃を持って姿を消した部分なのでしょうか。

ミレディを殺しにパリにやってきそうですね。

ルナール男爵は土地を奪うために攻めて来たのに息子を殺されただけという残念な結果に。

アトスと関係無いところでもうひと悶着ぐらいはありそうですね。

トレヴィルは隊長じゃなくなっても指揮をとっていましたし、アトス達との関係は変わらないようですね。

また隊長に任命される日は来るんですかねぇ~。

以上がSeason2の第五話『The Return/不本意な里帰り』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.