海外ドラマ

海外ドラマ「ARROW/アロー Season3」第三話『Corto Maltese/家族の絆』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「ARROW/アロー Season3」第三話『Corto Maltese/家族の絆』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season3 登場人物/キャスト

オリバー・クイーン/アロー → スティーヴン・アメル
ダイナ・"ローレル"・ランス → ケイティ・キャシディ
テア・クイーン → ウィラ・ホランド
モイラ・クイーン → スザンナ・トンプソン
ウォルター・スティール → コリン・サーモン
ジョン・ディグル → デヴィッド・ラムゼイ
クエンティン・ランス警部 → ポール・ブラックソーン
フェリシティ・スモーク → エミリー・ベット・リカーズ
ロイ・ハーパー → コルトン・ヘインズ
スレイド・ウィルソン → マヌー・ベネット
レイ・パーマー → ブランドン・ラウス

 

第三話/エピソード3のあらすじ

オリバーは、妹テアがそろそろスターリング・シティに帰ってくるべき時だと思い、フェリシティが調べてくれた居場所、コルト・マルテスに向かう。そしてライラは、オリバーと一緒にコルト・マルテスに行き、消息を絶った現地諜報員のマーク・ショーについて調べてほしいとディグルに頼む。テアの行動に責任を感じているロイは、オリバーとディグルに同行する。一方、ディグルを裏切ったショーは、A.R.G.U.S.(アーガス)の捜査官を大勢配し、ディグルを危険に陥れる。そんな中、ローレルはテッド・グラントに出会う。(公式サイトより引用)

 

ARROW/アロー Season3動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason3の第三話『Corto Maltese/家族の絆』のネタばれになりますので注意してください。

ローレルはボクサーのテッドに窃盗事件の現場にいたトム・ブランソンという男のアリバイを聞きにジムへと足を運んだ。

4lkh8i

だがテッドはトムをかばってか本当のことを話そうとしない。

サラを殺されてから怒りのぶつけどころを見つけることができないローレルはそのことをテッドに見抜かれる。

その後ローレルは習慣となっている断酒会に参加する。

そこで一緒に参加しているエリカという女性が彼氏から暴力を受けていることを知る。

その彼氏というのがトム・ブランソンであり彼には前科がいくつもあった。

この事実にローレルは怒りを抑えられなかった。

一方、テアのことが心配なオリバーはフェリシティにテアの居所を探らせていた。

するとコルト・マルテスという南米の島にいることが判明する。

オリバーはロイと共にその島へと向かうことに。

x240-RZK

ディグルは数日休暇をもらうことになった。

だがディグルが家に帰ると恋人のライラからARGUSの職員でマークという男がそのコルト・マルテスで行方不明になっていると聞かされる。

ライラはアマンダの耳に入る前に調べてきてほしいとディグルにお願いする。

こうしてディグルもオリバーたちとコルト・マルテスへと向かうことに。

ディグルはフェリシティにマークがコルト・マルテスで何をしているのかを調べさせた。

すると数日前にARGUSのコンピューターにハッキングしていることが判明した。

またこの時ローレルもフェリシティに電話をかけていた。

ローレルは罪を犯しているのに裁かれないトムの居場所をフェリシティに聞いてきたのである。

またこの時フェリシティはクイーン社のオフィスでレイと話をしているところだった。

レイの要件は吹き飛ばされた応用化学部門のメインコンピューターのハードからデータを復元してほしいとのことだった。

新たな職場でフェリシティは大忙しだった。

FELICITY-SMOAK-3X03-CORTO-MALTESE-arrow-37710618-500-282

コルト・マルテスに向かった三人、オリバーはまず自分だけでテアに会いに行った。

オリバーはテアに帰ってきてほしいとお願いするがテアにそのつもりはなかった。

ひとまずテアと離れたオリバーはディグルの仕事を手伝うことに。

ディグルはマークにあうとセキュリティ変換コードを使って自分がアーガス関連の人間であることを示した。

Mark_Shaw_Arrow_0001

マークによるとARGUSのコンピューターが何者かにハッキングされ職員の名簿が流出したんだとか。

マークはその名簿の売買を食い止めるために動いていると語った。

ディグルはマークを疑いながらも一緒に取引現場へと向かった。

だがやはりそれはマークの罠であり、不意をつかれたディグルはセキュリティ変換コードを奪われてしまう。

実際はARGUSをハッキングして名簿を取っていたのはマーク自身であり、その名簿の暗号を解読するためにディグルの変換コードを奪っていったのである。

マークの取引は明日のためオリバーたちはその時のために備えることに。

一方、テアのもとには今度はロイが向かった。

ただロイは説得する気はなくテアの様子を心配しているだけのようだった。

ロイはテアが今幸せならそれでいいと言いその場を後にした。

そのころ、フェリシティからトムの居場所を聞いたローレルは覆面をかぶりサラの服をまとって姿を現す。

だが護身術程度しか身につけていないローレルは返り討ちにあってしまう。

病院に担ぎ込まれたローレル、ランス警部も心配してすぐに駆け付けた。

Arrow303.04

ローレルを心配するランス警部だったが、ローレルはサラが死んだことをまだ言えずにいた。

一方、ロイにテアの様子を聞いたオリバーはテアを連れ戻すには真実を語るしかないと決意する。

そして再びテアの元へ行きガンビット号が転覆した時、自分を生かすために父が自害したことを明かした。

Oliver_meets_Thea_in_Corto_Maltese

父も母も自分たちを生かすために命をなげうった、この意味をよく考えてほしいとテアに言ってその場を後にした。

翌日、オリバーたちはマークの取引現場へと向かった。

ar303a0022bjpg-9a7134_960w

そして取引が行われたのを確認すると急造の弓で敵を倒していく。

マークはいざという時のために傭兵を雇っていたが、オリバーたちの敵ではなかった。

オリバーたちは無事に名簿を取り返すことに成功する。

マークは名簿を盗んだ理由にARGUSを抜けるためだと言っていた。

そのころ、テアはマルコムにオリバーと共に帰ると言いだす。

マルコムは自分に勝てたら好きにしろと言いテアを刃を交えた。

テアは訓練の成果を認められオリバーと共にスターリングシティに帰ることを許される。

303promo001

空港でテアを待っていたオリバーたち。

オリバーはテアがきてほっとした様子だったが、その直後テアの手に熱いコーヒーがかかったのにもかかわらずテアが平然としているのを見て違和感を覚える。

ともあれ無事にテアを連れ戻せたオリバー。

オリバーがアジトへ戻るとそこには顔を腫らしたローレルがいた。

ローレルはオリバーに自分を鍛えてほしいと言いだすが、オリバーはそれはサラが許さないと言いはっきりと断った。

ローレルは自分を鍛えるために先に訪れたボクシングジムのテッドを訪ねた。

Arrow - Episode 3.03 - Corto Maltese - Promotional Photo

その後トムは匿名(おそらくランス警部)の通報により逮捕されることとなる。

話は変わるが、データの復元を試みていたレイたち。

レイはデータの復元に成功したがその中身は高性能兵器の詳細が記されたデータだった。

一方、アジトではオリバーがロイとテアについて話していた。

オリバーはどうにもテアが変わったように思えたからである。

だがその話をしている時、突然サラの行方を探しにナイッサが現れる。

Arrow-303-She-is-pissed

ここから随所に出てくるオリバーの過去の回想(今回は主にテアの回想)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
自らの意思でマルコム・マーリンについていったテア。

テアはこれ以上傷つくのも傷つけるのもいやだと口にしていた。

マーリンはその方法を自分がされた方法でテアに教えようとしていた。

だがそれはまともな方法だとは言い難い方法だった。

arrow309
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

以上がSeason3の第三話『Corto Maltese/家族の絆』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.