海外ドラマ

海外ドラマ「THE FLASH/フラッシュ」第三話『Things You Can’t Outrun/戻れない過去』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「THE FLASH/フラッシュ」第三話『Things You Can’t Outrun/戻れない過去』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season1 登場人物/キャスト

バリー・アレン/フラッシュ → グラント・ガスティン
アイリス・ウェスト → キャンディス・パットン
ハリソン・ウェルズ/リバース・フラッシュ → トム・キャヴァナー
ケイトリン・スノー → ダニエル・パナベイカー
シスコ・ラモン → カルロス・バルデス
ジョー・ウェスト → ジェシー・L・マーティン
エディ・ソーン → リック・コスネット
ヘンリー・アレン → ジョン・ウェズリー・シップ

 

第三話/エピソード3のあらすじ

バリーは、STARラボの研究員たちと協力し、毒ガスを操る新たなメタヒューマン、ザ・ミストことカイル・ニンバスを捕まえようとしていたが、加速器の爆発でケイトリンの婚約者ロニーが死んだ夜のことを何度も思い返していた。一方ウェストは、長い年月を経てやっとヘンリーに面会しに刑務所へ行くが、そこに、数年前ウェストに逮捕され恨みを持ち続けているカイルが現れる。そんな中、アイリスとエディは、自分たちの関係をウェストに隠し続けていた。 (公式サイトより引用)

 

THE FLASH/フラッシュ Season1動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason1の第三話『Things You Can’t Outrun/戻れない過去』のネタばれになりますので注意してください。

とあるレストランでマフィアが毒ガスにより殺されるという事件が発生する。

1062525

事件現場にやってきたバリーは組織中毒性低酸素症によって死亡したと推測し、毒ガス兵器を使ったことによる殺人だと断定。

ただし死に方が一様でないことから犯人は毒ガスを操って殺したと考えられた。

バリーの言っていることを察知したジョーはスターラボにも協力を要請する。

things000

スターラボでは早速どのような原理でガスを操るのかという議論になった。

またジョーはメタヒューマンを普通の刑務所に入れるわけにはいかないと言うとシスコがスターラボの粒子加速器を改造して刑務所にしてはどうかと提案した。

ウェルズ博士はその提案に賛成するも、粒子加速器で婚約者のロニを失っているケイトリンは過去のことを思い出しあまり乗り気でなかった。

そんなケイトリンのことを心配したバリーはケイトリンに毒ガスの解析を手伝ってくれるよう頼んだ。

2人はすぐにバリーのラボまで足を運んだ。

解析が終わるまでの間、バリーはケイトリンからロニについての話を聞いた。

ロニは粒子加速器の暴発を止めるために自ら中に入って爆発の規模を抑えたのだという。

この時ロニと一緒にシスコも粒子加速器のところまで来ていたのだが、ロニはシスコに2分以内に戻らなければ扉を閉めろと指示していた。

シスコはロニとの約束通り2分を過ぎた時点で扉を封鎖したのである。

そこへケイトリンがやってきてロニから通信が入る。

ロニは被害を最小限に抑えるために爆発を真上に操作したと説明し、ケイトリンに別れを告げたのである。

ガスの解析が終わると2人分のDNAが検出される。

バリーは毒ガスを操るメタヒューマンなのではなく毒ガスになれるメタヒューマンなのだと推測する。

そのころショッピングモールで毒ガス事件が発生していた。

殺されたのはハワード検事だった。

Theresa_Howard

連絡を受けたバリーはケイトリンの危険だという言葉を振り切って現場に向かった。

現場に到着するとすでにハワード検事は手遅れだったが犯人の姿をとられることには成功した。

すぐに後を追ったバリーだったが犯人はまだあと一人残っていると言いバリーに襲い掛かってくる。

バリーは毒ガスを吸わされることになりやむなく撤退する。

maxresdefault

バリーからの交信が途絶え心配するウェルズ博士とシスコだったがそこへ毒ガスを吸い重傷となったバリーが帰ってくる。

4172337-tf

毒ガスを取り除くためケイトリンはバリーの肺に注射器を差し込み直接毒ガスを抜くことに。

なんとか一命を取り留めたバリーだったが、ケイトリンはロニの時と同じ状態だったと言いひどく心配していた。

またケイトリンは地下に行こうとすると過去の記憶がよみがえるとバリーに話した。

バリーはケイトリンに一緒に地下に行こうと言い、ケイトリンのトラウマをやわらげてあげた。

caitlin-collider

するとここでシスコから連絡が入り毒ガスの正体がわかったのだという。

それはシアン化水素に鎮静剤が混じったものであり、それを聞いたバリーは事故のあった日に死刑囚がいなかったかどうかを調べさせた。

死刑囚は鎮静剤を打った後にシアン化水素で殺すようになっていたからである。

以前バリーがDNAを解析し犯罪者と照らし合わせてもヒットしなかったのは死刑囚ですでに死んでいたからである。

これにより犯人は刑囚カイル・ニンバスだということがわかり、マフィアのダービニアン・ファミリーの殺し屋だったが組織に裏切られ、その後死刑宣告をしたのがハワード検事だったのである。

バリーはもう一人残っているという言葉を思い出し、ニンバスは自分を捕らえた人間を殺すつもりなのだと推測した。

だがその人物はバリーの育ての親であるジョーだった。

そのころ、ジョーはバリーの父親ヘンリーに面会するために刑務所に来ていた。

joe-visits-henry-the-flash-s1e3

そこでジョーはヘンリーに逮捕したのは間違いだったと言い、それを聞いたヘンリーはバリーを信じてくれたんだなと涙を流した。

するとそこへジョーを殺しにニンバスがやってくる。

ジョーが刑務所に言っていることをエディに聞いたバリーは超特急で刑務所に向かった。

ケイトリンは念のためバリーに一人分の解毒剤を持たせた。

バリーが刑務所につくとすでにジョーが狙われた後だった。

hr_the_flash_1x03_things_you_cant_outrun_22

バリーは父親にばれないよう顔を見せないようにし、ジョーに解毒剤を投与しニンバスの後を追った。

だがガスになれるニンバスにはどのような攻撃も聞かなかった。

ウェルズ博士はガスは非常に不安定な物質であるためニンバスにも限界があるはずだと言いバリーに持久戦を持ちかけるよう指示。

バリーは超高速で逃げ回りニンバスの限界が来るのを待った。

The_Flash_runs_from_The_Mist

そしてニンバスがばてたところで一撃を加え倒すことに成功する。

ニンバスをとらえたバリーはスターラボの地下に作った刑務所に彼を収容した。

the-mist-containment

その後事故があった日のことをシスコはケイトリンに話そうとしたが、ケイトリンはもう気にしていないと言いお互いの気持ちをくんだ。

一方、病院に入院することになったジョーの元へアイリスとエディがやってくる。

the-flash-recap_612x380_0

2人はジョーにお互いの関係を隠していたがそれが嫌になったのである。

報告を聞いたジョーは言われなくても知っていたと話すが、同時に怒っているとも話した。

その後バリーは父親に面会に行き昔の話をして懐かしんだ。

話しは代わり、事故があった日ウェルズ博士はバリーが雷に打たれる様子をモニターで監視していた。

----------------------------------------------------------------------------------

ケイトリンの婚約者のロニってロビー・アメルという俳優なんですが、この人はオリバー・クイーン役のスティーヴン・アメルの従兄弟のようですね。

言われてみれば顔がよく似ているような気もします。

それはそうとフラッシュの敵を倒す場面が若干しょぼいと感じるのは気のせいですかね。

まあまだバリーは戦闘訓練を受けていないので仕方がないと言えば仕方ないですが。

そのうち強くなることを期待しましょう。

それにしてもウェルズ博士は本当に謎ですね。

確実に事故のことは仕組んでいたで間違いないと思いますが、この時すでに未来がわかっていたんですかね?

バリーのことを知っていたとなるとこれは明らかにウェルズ博士の仕業・・・。

バリーのこと知っていたのなら実は母親が殺された事件にも関与していたりするかも・・・。

さすがにそれはないか・・。

以上がSeason1の第三話『Things You Can’t Outrun/戻れない過去』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.