海外ドラマ「ARROW/アロー Season4」第三話『Restoration/よみがえり』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season4 登場人物/キャスト

オリバー・クイーン/アロー → スティーヴン・アメル
ダイナ・”ローレル”・ランス/ブラックキャナリー → ケイティ・キャシディ
テア・クイーン/スピーディ → ウィラ・ホランド
ウォルター・スティール → コリン・サーモン
ジョン・ディグル → デヴィッド・ラムゼイ
クエンティン・ランス警部 → ポール・ブラックソーン
フェリシティ・スモーク → エミリー・ベット・リカーズ
レイ・パーマー/ATOM → ブランドン・ラウス
ダミアン・ダーク → ニール・マクドノー

 

第三話/エピソード3のあらすじ

オリバーとディグルは、ダミアン・ダークとメタヒューマンを擁するH.I.V.E.を追跡している。だが、二人の間の緊張感がしだいに高まり、それが災いして彼らは命の危険にさらされてしまう。一方ローレルは、テアにナンダ・パルバットに戻ってくれないかと頼む。ローレルは、妹サラを生き返らせるため、サラをラザラス・ピットに入れたいと願っていた。だが、ナイッサ・アル・グールがそれを拒否したことを知り、ローレルは衝撃を受ける。(公式サイトより引用)

 

ARROW/アロー Season4動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason4の第三話『Restoration/よみがえり』のネタばれになりますので注意してください。

オリバーとディグルは相変わらずゴーストの兵を追いかけていたが思うように捕まらない。

フェリシティの協力もありゴーストの一人を毒を飲んで自殺する前に抑え込むことに成功し、口の中から毒を取り出すことに成功するが結局男には逃げられてしまう。

テアとローレルがいない今チームアローの人手不足は深刻だった。

オリバーは持ち帰った毒をフェリシティに解析してもらい、終わるまでカフェに行こうとディグルとオリバーを誘うがディグルは家に帰ってしまう。

オリバーとディグルの関係は相変わらず冷えたままだった。

そのころ、ナンダ・パルバットではマルコムとナイッサが剣の修業を行っていた。

ただマルコムには修業でもナイッサは父親を殺したマルコムを本気で殺す気があるようだ。

そこへサラの遺体をもってローレルとテアがやってくる。

ローレルはラザラス・ピットを使ってサラを生き返らせてほしいと頼むがマルコムの答えはNoだった。

ローレルはナイッサなら賛成してくれると思っていたが、たとえ生き返ったとしてもそれは以前のサラではないと言い反対するのだった。

マルコムに断られてしまったローレルだったがなんとしてもサラを生き返らせるつもりでいた。

するとナイッサがローレルの元へやってきて自分はサラの死を受け入れた、自分も早く受け入れろと言われてしまう。

マルコムは生き返った後の副作用の話をした時にテアの顔が曇ったことに気が付いており、一人で悩むテアの元へやってくる。

マルコムはテアが人を殺したい衝動にかられていることを察しており、鎮めるには人を殺すしかないとアドバイスする。

それに対してもっと父親らしいアドバイスはないのかと怒りをあらわにするテアに、山の奥に仙人が住んでおりそこでなら治療できるかもしれないと教え、翌朝出発すると伝えた。

その夜テアが休んでいるとリーグの人間が寝込みを襲ってくる。

テアは容赦なく襲いかかってくる敵を問答無用で殺してしまい、これがマルコムが仕組んだことだと気が付く。

仙人などおらず結局衝動を鎮めるには人を殺すしかないということだった。

テアはマルコムのやったことが許せずローレルに今すぐ帰ろうと持ちかけるが、ここでマルコムがテアが背負っている重荷をとってやると言いサラの蘇生を承諾したのである。

すぐに儀式が始まりサラの遺体はラザラス・ピットにつけられた。

何の反応もないように思われたがしばらくすると泉の中のサラが起き上がってくる。

だがテアの時と同じように暴れまわってしまい手がつけられない。

マルコムはサラに薬を投与し眠らせると、時間がかかるだろうと話した。

サラの蘇生に反対していたナイッサは復活させたローレルを責め、ラザラス・ピットが使えないように薬剤を流し込んでしまう。

一方、家に帰ったディグルは家の中に不審な男がいるのを発見し銃を向ける。

男はA.R.G.U.Sの人間でライラがまだ職員だった時に頼まれていたことを伝えに来たと言い、女性の写真を渡した。

その女はミナ・ファヤードという名前でロートンに仕事を依頼した人間だという。

つまり弟を殺した黒幕で、現在アメリカに入国していると聞いたディグルはすぐにその女の元へ向かった。

ミナ・ファヤードは入国するなりすぐにダークの元を訪れ一人のメタ・ヒューマンを紹介する。

ダークはその男の能力を見るとアロー一味の殺しを命じる。

アジトにいるオリバーはフェリシティにディグルとの関係修復はあきらめたと話していると銀行が襲撃されたという知らせが入る。

ディグルに電話するもつながらないためオリバーは心配するフェリシティを振り切り一人で現場へ向かってしまう。

銀行につくと職員はすでに殺されており、オリバーの背後に一人の男が姿を現す。

男はファヤードは古典的な手段でアローが来るか疑っていたが予想通りだったと言い、腕に入っているトランプの入れ墨を具現化して武器として投げてきたのである。

メタ・ヒューマンであることに気が付いたオリバーは応戦するもだんだん不利になっていき腕にカードが刺さってしまいオリバーは撤退を余儀なくされる。

ミナ・ファヤードの居場所を突き止めたディグルは単独で彼女を監視していたが護衛に見つかってしまい銃撃戦の末逃げられてしまう。

オリバーとディグルがアジトに戻るとフェリシティがカンカンに怒っていた。

敵はセントラル・シティから来たジェレミー・テルという名前のメタ・ヒューマンでシスコいわく”ダブル・ダウン”だそうだ。

フェリシティはオリバーの持ち帰ったトランプを解析回すため席を話した間にお互いによく話し合うよう命じる。

フェリシティは会社のホルト・カーティスの元へ行き事情をごまかしてカードの解析を行わせる。

この時フェリシティの携帯の様子がどこかおかしかったが原因不明だった。

フェリシティに言われ話し合いを始めたオリバーは今までのディグルなら許してくれたと言うと、ディグルはこれは許すとかそういう問題ではないと反論される。

オリバーはもちろん自分のやったことはわかっているが、わからないのはディグルがなぜ信頼を回復させるチャンスをくれないかだというとディグルも黙ってしまう。

ディグルは話題を変えるために仕事の話に切り替えテルとダークには関係があったのかと聞くと、オリバーはファヤードとかいう女の名前を口にしていたと話す。

それを聞いたディグルはオリバーを連れて自宅へ向かった。

そこでディグルはA.R.G.U.Sから受けっとた写真を見せてファヤードはハイブとつながっていると話す。

オリバーが理由を尋ねるとファヤードはかつてロートンに依頼し弟を殺した黒幕でハイブの人間だからだと話し、やっとつかんだ手掛かりであるファヤードを捕まえるのを協力することに。

アローを殺すことに失敗したテルはダークから責任を追及されていた。

ダークは自分の能力をテルに見せつけてファヤードを殺し次に失敗すればお前がこうなると警告した。

アジトに戻ったオリバーとディグルはフェリシティにファヤードの携帯を追跡してもらい現在地を割り出した。

すぐにそこへ向かった二人だったがそこにいたのは死体となったファヤードだった。

やっとつかんだ手掛かりを失ったディグルは「やっと掴んだ唯一の手掛かりだったのに…俺のせいだ。あんたを信じて早く話せば良かったんだ。そうすればこうなる前に何かを聞き出せたはずだ。」と嘆いた。

それに対してオリバーは答えは見つかると励まし、ディグルが2年以上も成果がないのに?と聞き返すと、それは一人で答えを探していたからだと返した。

そのころフェリシティはカーティスの元へ行きカードの成分についての報告を聞くと運動タンパクと神経網が含まれているといわれる。

フェリシティが含まれている成分を使って持ち主を追跡できるかと尋ねると可能だと言われるが、その逆で相手からもこっちを見つけられるといわれる。

嫌な予感がしたフェリシティはカーティスを連れて逃げようとするがすでにテルは会社に来ていた。

フェリシティはカーティスを連れて秘密のエレベーターを使いアジトに逃げ込むがすぐにテルも追いかけてくる。

フェリシティは自ら銃を持ち適当にぶっ放すと偶然テルにかすり、テルはそのまま撤退していった。

そこへオリバーとディグルが帰ってきてフェリシティがテルを撃退したことに驚く。

フェリシティはカードの情報を使ってテルがセントラル・シティに帰ろうとしていることを見抜きオリバーたちは先回りした。

テルに黒幕をしゃべらそうとうするが簡単に情報を吐くわけでもなく戦いとなる。

ここでディグルが狙われてしまいオリバーは見を呈してディグルをかばった。

ディグルはテルをぼこぼこにすると自分をかばってくれたオリバーに感謝し2人の関係は以前のように戻ったのである。

その後オリバーとディグルとフェリシティはかつての行きつけだったカフェに足を運んだのであった。

ここから随所に出てくるオリバーの過去の回想
—————————————————————————————————–
兵として労働者たちを監視するオリバーだったが、ある時一人の男が脱走を企てる。

男を無傷でとらえたオリバーだったが別の人間に痛い目にあわされてしまい、ここの奴隷たちは暴力しか効果がないといわれる。

オリバーはここでいったい何を作っているのかと尋ねるとケシとコカの遺伝子を組み替えて作った”スラム”という麻薬を作っていると聞かされる。

脱走者は無事にとらえたもののその男は囮で、この騒ぎに乗じて大量のスラムが奴隷によって盗まれてしまう。

監視をする兵は脱走した男を殺すと脅して犯人を突き止めようとするが出てこない。

男は殺されてしまい、別の男を人質に取ろうとしたところでオリバーは口を割らせるなら別の方法があると言い一人の男を拷問にかけた。

すると耐えかねた女性が自分が盗んだと名乗り出たが、奪ったスラムは傷みがひどい人間たちに配ってしまったといわれる。

警備兵は女を殺そうとするがオリバーが自分が始末すると名乗り出る。

オリバーは女を人目の付かない場所へ連れていこうとするが監視の目が邪魔だった。

そこでわざと地雷原を通って監視の男に地雷を踏ませることに成功した。
—————————————————————————————————–

ついにサラが復活しましたね~。

テアの時より凶暴になっているみたいですけどちゃんと元に戻るんでしょうかね?

マルコムはラザラス・ピットを破壊されるは娘からは軽蔑されるはでさんざんでしたね。

オリバーとディグルの関係がようやく修復できたようでよかったです。

これはフェリシティのファインプレイでしたね。

会社にった時のフェリシティの携帯のバグはいったい何なんでしょうね?

オリバーが若干弱いのが気になりますが先が楽しみです。

以上がSeason4の第三話『Restoration/よみがえり』のあらすじと感想のレビューでした。