海外ドラマ

海外ドラマ「ARROW/アロー Season4」第十一話『A.W.O.L./本当の自分』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「ARROW/アロー Season4」第十一話『A.W.O.L./本当の自分』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season4 登場人物/キャスト

オリバー・クイーン/アロー → スティーヴン・アメル
ダイナ・"ローレル"・ランス/ブラックキャナリー → ケイティ・キャシディ
テア・クイーン/スピーディ → ウィラ・ホランド
ウォルター・スティール → コリン・サーモン
ジョン・ディグル → デヴィッド・ラムゼイ
クエンティン・ランス警部 → ポール・ブラックソーン
フェリシティ・スモーク → エミリー・ベット・リカーズ
レイ・パーマー/ATOM → ブランドン・ラウス
ダミアン・ダーク → ニール・マクドノー

 

第十一話/エピソード11のあらすじ

シャドースパイアという犯罪組織のメンバーが、スター・シティに現れる。彼は、過去の戦争でディグルと弟のアンディが戦った敵だった。その男に立ち向かっていくために、ディグルはアンディを信頼していかなければならなかった。だがやがて、ディグルはアンディと一緒に戦っていた過去について、思ってもみなかった事実を知ることになる。一方オリバーは、まったく新しい生き方を学ばなければならない局面に立たされていた。 (公式サイトより引用)

 

ARROW/アロー Season4動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason4の第十一話『A.W.O.L./本当の自分』のネタばれになりますので注意してください。

ディグルは子供をベビーシッターに預け久しぶりにライラと二人で食事を楽しんでいた。

その帰り道、突然A.R.G.U.Sのアランがやってきて「敵にばれた、ウォラーに伝えてほしい」と言ったところで、武装集団に襲撃される。

ディグルも腕に傷を負いアランは連れされてしまった。

アジトに戻ったディグルは今回のことをオリバーにも教え協力を仰いだ。

ただしフェリシティはまだ現場に復帰するのをためらっており自宅で療養することに。

チームアローは手分けしてアランの行方を探ることにしたが、少し経って死体が見つかったとの報告が入る。

ローレルは地方検事の権力を使ってアランの死体をディグルに確認させるとひどい拷問をされた末に目玉もくりぬかれていた。

どうやら武装集団の狙いは情報以外にもあるようだった。

ディグルとライラはA.R.G.U.Sのウォラーのところへ行き情報をもらおうとするが、機密事項だと言われ何も教えてもらえない。

しかし帰り際にウォラーは密かにライラにUSBメモリを渡していた。

中身を見てみるとシャドウスパイアという軍の組織についての情報が入っており、アランと他2名が極秘で潜入していたという情報が記されていた。

その他の2名は行方不明になっているためオリバーたちは急いで探すことに。

またUSBに入っていたシャドウスパイアのロゴはかつてディグルが所属していた軍に用いられていたロゴであったため、ディグルは弟から話を聞くことに。

一方、自宅にいるフェリシティはオリバーから薬の量を守るように言われていたが早速それを破っていた。

すると突然幻聴が聞こえ出し、更には過去の自分の姿が目に映ってしまう。

過去の自分は今の自分を見て皮肉ばかりを言ってきた。

ディグルはアンディにシャドウスパイアと関わっていたのかと問いただすが、今は縁が切れていると言われる。

しかしディグルと激しい口論になりディグルが戻ろうとすると、信用の証にシャドウスパイアの手口を教えてやると言ってくる。

シャドウスパイアは一番近いフリーポートを基地にすると言い、ディグルはそれを信用してすぐに現場へ向かった。

フリーポートは厳重なセキュリティによって保護されており、中に潜入することができなかった。

オリバーは復帰を嫌がっていたフェリシティに電話を入れ、自宅のパソコンからハッキングしてもらいセキュリティを解除してもらった。

目的はA.R.G.U.Sの職員二人を救出することで、2手にわかれて探すも、テア達が死体となった二人を見つける。

オリバーはすぐに離脱するよう指示し、自分もディグルと逃げようとするが突然セキュリティが作動しディグルと分断されてしまう。

オリバーはフェリシティと連絡を取るが、幻覚にも悩まされるフェリシティは対処できなかった。

オリバーは壁を弓矢で爆破するとディグルを連れてそこから離脱した。

家に帰ったオリバーは落ち込むフェリシティを励まそうとするが幻覚にも悩んでいるフェリシティは思わず「うるさい!」と怒鳴ってしまう。

アンディは自分の情報が正しかっただろうとディグルにいい、待遇を改善するように求める。

そこでアンディはA.R.G.U.Sの収容施設に送られることになる。

ディグルはウォラーにこの期に及んでも情報を隠すとはと詰め寄るが、内部に裏切り者がいるかもしれないため安易に情報を漏らすわけにはいかなかったといわれる。

ウォラーはアンディにシャドウスパイアとの関係を聞くが、今は何の関係もないといわれる。

ウォラーは職員の2人はレールガンの護送をしていたと話し、ディグルはそんな兵器を使われたら一大事だと話すが、その話を聞いていたアンディはシャドウスパイアの狙いはレールガンではなく他にあると話す。

シャドウスパイアは陽動作戦が得意で、今回もレールガンは囮だという。

この話をうのみにするわけにもいかず、ディグルはオリバーたちにレールガンの捜索を任せることに。

オリバーはテアとローレルを連れてレールガンがあると思われる場所までやってくるがそこには人の気配がない。

さすがに何かが変だと思うオリバー。

そのころ、シャドウスパイアはアランから奪った目を使ってA.R.G.U.Sのセキュリティを解除し占拠していたのである。

シャドウスパイアのリーダーはかつてディグルたちが世話になったジョイナーだった。

ジョイナーはウォラーにルビコンの暗号を教えろと迫りウォラーが決して教えないというと職員を一人殺し20分後にもう一度聞くと言い猶予を与えた。

この時ディグルはアンディの檻のところに来ており敵の襲撃を免れていた。

ディグルはモニターで占拠されていることを知りすぐに連絡を取ろうとするが妨害電波が出ていて電話が通じない。

ディグルはフェリシティから教えてもらった手段をとり外部との連絡を試みる。

このころオリバーはディグルに電話をかけていたがでない。

するとここでアジトにフェリシティがやってきて過去の自分とこれからの自分に向き合う覚悟ができたといわれる。

フェリシティが元に戻ったことに喜ぶオリバーだったが、ここでモニターに異変が。

ディグルの作戦が成功し、A.R.G.U.Sが占拠されている映像が送られてきたのである。

オリバーはすぐにテア達に連絡しA.R.G.U.Sの本部へ向かった。

敵は別の場所から送信信号が出ていることに気が付いておりすぐに偵察を送った。

ディグルは一人でライラを助けに行こうとするがアンディが協力すればピンチを切り抜けられると言い、ディグルはアンディを信じることに。

一方、20分たつとジョイナーが再びウォラーにルビコンの暗号を教えるように迫るが、隣にいたライラがたとえ職員全員が殺されてもウォラーは情報を漏らさないと言った。

ウォラーはライラのことを最も信頼できる部下だと言い、それを聞いたジョイナーはウォラーを撃ち殺しライラに情報を教えるよう迫った。

しばらくすると手下がアンディを連れてきて、アンディはジョイナーに取り入ろうとディグルの居場所をしゃべってしまう。

これによりディグルはあっけなく捕まってしまいアンディはジョイナーの信頼を得る。

ジョイナーはディグルに銃を向けライラにルビコンの情報を教えるよう迫り、結局教えることに。

だがライラがパソコンにアクセスしてもなぜかログインできない。

この時フェリシティがアジトからハッキングを行っており、ライラのアクセスを妨害していたのである。

オリバーたちもA.R.G.U.Sの建物に侵入するのに成功しており、手際良く敵を倒していった。

ライラがアクセスに手間取っているのにしびれを切らしたジョイナーはディグルを殺そうとするがここでアンディがジョイナーを裏切り戦いになってしまう。

ギリギリのところでオリバーたちも駆けつけなんとか協力してシャドウスパイアをせん滅することに成功した。

家に帰ったフェリシティは昔の荷物を取り出し、昔の黒髪だったころの写真をオリバーにも見せて驚かせた。

フェリシティは過去は過去と言って写真を燃やすと未来へ目を向けたのであった。

アンディの処遇について迷った末にディグルは自分の家で引き取ることにした。

ライラはアンディに優しくお帰りと言い、ディグルは娘のサラをアンディに紹介するのだった。

ここから随所に出てくるオリバーの過去の回想(今回はディグル)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
ジョンは弟のアンディと共に軍隊に所属していた。

アンディは過去に麻薬の売人をしていたこともあり、ジョンは弟を更生させるために軍隊に入れたのである。

ある時麻薬を運んでいたタリバンを襲撃した際にアンディは自らの危険を顧みず敵に向かっていったためジョンはアンディを見直した。

上官のジョイナーはディグル兄弟をねぎらうと、奪った麻薬を横流しすれば金が手に入ると持ちかけてくる。

これに対してアンディははっきりと断りを入れた。

だがその後アンディは一人でジョイナーの元へ行き仲良く話しているのをジョンが見かけてしまう。

ジョンが問いただすとトランプゲームを教えていただけだと言われ、ジョンは誤解していたことを謝る。

しばらくした後アンディはジョイナーから呼び出され上司が評価しているといわれる。

その上司とはオリバーがリアン・ユーでスパイしているライターだった。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

アンディの過去にライターが出てくるとは驚きですね。

あそこからどのように展開していくのかが非常に興味深いです。

ただウォラーが殺されてしまったのは予想外でした。

A.R.G.U.Sはライラが引き継ぐことになりそうですね。

フェリシティの調子もようやく元に戻りましたし、オリバーはまだ足のことはあきらめてないって言っていましたので、もしかしたら治るかもしれませんね。

4ヶ月後の映像でフェリシティが車に乗っているところはありましたが、あの感じでは治ってそうな雰囲気でしたからねw

まあアローは何でもアリなのでそのうち治るでしょうw

ちなみにA.W.O.L.はAbsent Without Official Leaveの略で無断外出とか脱走兵って言う意味らしいですよ。

以上がSeason4の第十一話『A.W.O.L./本当の自分』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.