海外ドラマ

海外ドラマ「The 100/ハンドレッド Season2」第十四話『BODYGUARD OF LIES/偽りと信念』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「The 100/ハンドレッド Season2」第十四話『BODYGUARD OF LIES/偽りと信念』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season2 登場人物/キャスト

クラーク → イライザ・テイラー
フィン → トーマス・マクドネル
ベラミー → ボブ・モーリー
オクタヴィア → マリー・アヴゲロプロス
ジャスパー → デヴォン・ボスティック
モンティ → クリストファー・ラーキン
マーフィー → リチャード・ハーモン
アビー → ペイジ・ターコー
ケイン → ヘンリー・イアン・キュージック
ジャハ議長 → イザイア・ワシントン
レイヴン → リンゼイ・モーガン

 

第十四話/エピソード14のあらすじ

クラークとレクサは、戦いの準備を進める中で激しく言い争いをする。一方、酸性霧を止める方法を模索するレイヴンは行き詰まり、ウィックの助けを求める。そんな中、ジャハとマーフィーの前には危険な障害が立ちはだかり、マウント・ウェザーでは、ベラミーが時間に追われて奮闘していた。(公式サイトより引用)

 

The 100/ハンドレッド Season2動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason2の第十四話『BODYGUARD OF LIES/偽りと信念』のネタばれになりますので注意してください。

ベラミーは酸の霧を発生させる装置を探して右往左往していた。

だがある時からラブジョイから奪っていたカードキーが使えなくなってしまう。

マウント・ウェザーがスパイであるベラミーの存在に気付いたのである。

戸惑うベラミーの前にマウント・ウェザーの警備兵がやってくる。

ベラミーはその警備兵を返り討ちにしカードキーを奪って逃走した。

normal_the100214_0309

ベラミーと無線で連絡を取り合っていたレイヴンは酸の霧がどういう原理なのか説き明かそうとしていたが情報が少なく作業は難航していた。

レイヴンはいやいやながらウィックに助けを求める。

一方、少数となったジャハ一行はマーフィーが聞いた通り北を目指していた。

だがある地点に踏み込むとそこは地雷原だった。

これにより仲間が2人吹き飛ばされてしまう。

The 100 2x14 – Bodyguard of Lies

ジャハは持っていた杖を使って地雷を探りながらゆっくりと歩を進めた。

そのころ、クラークはレクサと言い争っていた。

クラークはレクサから弱さを指摘されるがクラークも本当はレクサが胸の内で悲しんでいるのではと指摘する。

痛いところをつかれるレクサだったが、ミサイルが降ってくる時たった一人助けた人間がいると言った。

それは紛れもなくクラークのことだった。

頭を冷やすためにテントの外に出たクラークはオクタヴィアを発見し話をする。

だがオクタヴィアはミサイルが降ってきた時なぜ無事だったのかとクラークに聞いてくる。

クラークはベラミーを救うためだったと言い訳をするがオクタヴィアは納得できない。

The 100 Bodyguard of Lies2

オクタヴィアはこれからはインドラの言うことに従っていくと言いその場を去ろうとする。

するとそこへレクサがやってくる。

レクサはオクタヴィアに見張りを指示しあることを行おうとした。

それは真実を知ったオクタヴィアの暗殺である。

すぐにそれを悟ったクラークはオクタヴィアは信用できると言い暗殺はしないよういった。

PromoClarkeLexa_2x14

レクサはわかったと言いながらも部下にオクタヴィア暗殺の命令を出してしまう。

一方、マウント・ウェザーではベラミーに対する厳戒態勢が敷かれていた。

ケイジは空の民によって住民が10人殺されたと発表しジャスパーたちの立場を悪くしていた。

マヤの父親のところへやってきたベラミーは他のルートがないかを尋ねた。

すると回送中で警備がいないルートがあると教えられ通るために必要なバーナーを渡される。

the100pic31

ベラミーはそのバーナーを使って扉を焼き切りある場所へたどり着く。

それはずっと探していた霧を発生させる装置だった。

ベラミーはすぐにレイヴンに連絡をとり装置を止めるためのアイディアを模索することに。

ベラミーが制御パネルを見つけると何やら難しそうな言葉が並んでいた。

bellamy-desactive-le-gaz

思わずふっ飛ばしていいかと冗談交じりに言ってしまうベラミー。

パネルに並んでいたの言葉を聞いていたレイヴンは酸を使った装置ならさびをとるための洗浄を行うことに気が付く。

ウィックの協力もあり、パネルを操作したベラミーは内部の戦場を行い酸を中和させることに成功する。

レイヴンは作戦成功をクラークたちに告げる合図をあげた。

レイヴンはその後急いでウィックの元へ戻って来て彼と寝る。

44af50a69997470fc7ec1f5552029f11

そのころクラークはインドラにオクタヴィアの行方を聞いていた。

だがインドラからは聞いていたことと違う内容の話を聞かされる。

これによりクラークはオクタヴィアがレクサに狙われていることに気が付く。

見張りをしているオクタヴィアの元へレクサの部下がやってくる。

オクタヴィアに弓で狙いを定める男にクラークは銃を突きつけやめさせレクサのところへ連れて行く。

クラークは激しく怒るが、レクサもオクタヴィアを狙ったことを素直に謝った。

そしてレクサはクラークに自らの思いを告げキスをする。

10370440_10155385453965647_3922485097433087879_n

クラークもまんざらでもなかったが、そういうことは戦争が終わってからとレクサを遠ざけた。

するとここで外から声が聞こえてきて、レイヴンからの合図を目撃する。

the-100-recap_0

レクサの号令によりグラウンダーは侵攻を開始する。

だがこの時実は酸の霧の装置は解除されていなかった。

マウント・ウェザーにいるベラミーはパネルとは別に容器にじかについているpHメーターを発見する。

そのメーターでは中身は以前酸のままだった。

実はレイヴンとベラミーの無線でのやり取りはケイジ盗聴されており、パネルの捜査は指令室から捜査している嘘の情報だったのである。

すでに進行を開始してしまっていることを知っているベラミーは酸を止めるために容器を爆破することを思いつく。

ベラミーは持っていたバーナーを酸素タンクに向けておき、急いでその場を脱出した。

10秒後、ベラミーの狙い通り容器は大爆発を起こし酸の霧を発生させる装置を破壊することに成功したのである。

vlcsnap-00432

クラークたちが進行する中、クラークはオクタヴィアの元へ行き話をしようとするが何も聞いてくれない。

そんなオクタヴィアを見てインドラは冷酷だからこそリーダーになっているのだとオクタヴィアを諭した。

10671473_10155385454635647_5150417428120856734_n

いよいよマウント・ウェザーが目前に迫っていた。

そのころ、ジャハ達はゆっくりゆっくりを歩を進めていた。

すると朝日が登ってきて、丘の向こうが光り輝いているのを発見する。

ジャハ達はそれこそが光の町だと思い更に歩を進めた。

そしてようやく地雷原から脱出し生き残った4人は丘を駆け上がった。

だが目の前に広がったのは太陽光を反射し光り輝いていたソーラーパネルだった。

The 100 Bodyguard of Lies

愕然とするマーフィーたちはソーラーパネルの近くまで行ってみるが別に変わった様子はない。

マーフィーはふざけるなと言い石をパネルに向かって投げ飛ばした。

すると近くの柱からドローンが飛び立った。

0192840048f_f3de_1280

ドローンはマーフィーたちを補足するとまるで導くかのように海の向こうへ消えて行った。

当然追いかけるジャハ達は一隻の船を発見する。

ジャハは迷うことなく船に乗り込みドローンを追いかけていくのだった。

----------------------------------------------------------------------------------

レクサとクラークができちゃいましたね(笑)。

そういえばレクサは前にも彼女がいたって行っていたのでもともとそっちのけがあったということですね。

ただクラークはそうでもないと思うのですが、良いんですかね?

レイヴンもウィックとできちゃいましたし(笑)。

ジャハを見ているとなんだかだんだんかわいそうになってきますね(笑)。

でも案外ああいった人間が最後まで生き残ったりするんですよね。

マーフィーは死にそうにないですね。

いよいよマウント・ウェザーへの進行が始まりましたし、本格的な戦争が始まりますね。

以上がSeason2の第十四話『BODYGUARD OF LIES/偽りと信念』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.