海外ドラマ

海外ドラマ「The 100/ハンドレッド Season2」第十三話『RESURRECTION/犠牲の上にあるもの』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「The 100/ハンドレッド Season2」第十三話『RESURRECTION/犠牲の上にあるもの』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season2 登場人物/キャスト

クラーク → イライザ・テイラー
フィン → トーマス・マクドネル
ベラミー → ボブ・モーリー
オクタヴィア → マリー・アヴゲロプロス
ジャスパー → デヴォン・ボスティック
モンティ → クリストファー・ラーキン
マーフィー → リチャード・ハーモン
アビー → ペイジ・ターコー
ケイン → ヘンリー・イアン・キュージック
ジャハ議長 → イザイア・ワシントン
レイヴン → リンゼイ・モーガン

 

第十三話/エピソード13のあらすじ

クラークは、レクサがリーダーとして下した決断に対して疑問を持ち始める。一方、アビーは負傷したケインを救おうと奮闘し、インドラは、オクタヴィアに新たな試練を与える。そんな中、マウント・ウェザーでは、ジャスパーがリーダー役を果たすが、ケイジの作戦によって、マヤの命が脅かされる。 (公式サイトより引用)

 

The 100/ハンドレッド Season2動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason2の第十三話『RESURRECTION/犠牲の上にあるもの』のネタばれになりますので注意してください。

村にミサイルが落され多くの人間が死んだ中、無事だったアビーやオクタヴィア達は生存者の救出に取りかかる。

だが偵察に来ている敵は生き残った者たちに容赦なく銃弾を浴びせ始める。

身動きが取れない中、リンカーンはインドラを発見する。

インドラは傷こそ浅かったものの、立ち上がった瞬間マウンテン・マンに狙撃されてしまう。

幸い急所は外れていたものの、リンカーンのことを裏切り者と思っているインドラは治療を受けようとしない。

インドラはオクタヴィアに自分の代わりに生き残った者たちをまとめ上げろと指示した。

リンカーンは生き残った者たちを救出するために狙撃している敵を倒しに向かった。

the100.s02.e13.4

一方、アビーは地下から生存者が音を出していることに気が付く。

アビーはわずかな隙間から地下に行くことに成功し、そこでケインを発見する。

ケインには命に関わるけがはないように思われたが、アビーがケインに乗っている柱を取り除こうとすると足の大動脈が切れていることが分かる。

柱を乗せていなければ出血多量で死ぬ恐れがあったためケインを動かすことができなかった。

そのころ、レクサと難を逃れたクラークは逃げようとするレクサに反発して自らの手で偵察にきているマウンテン・マンを殺すことを決意する。

レクサもクラークの協力をすることに。

マウント・ウェザーではジャスパーたちによって5階が占拠されていた。

ジャスパーたちは部屋の出入り口をしっかりと固めてベラミーが助けに来るのを待つことに。

だが大統領の息子ケイジ率いるマウンテン・マンはジャスパーたちに攻撃を開始する。

なんとかジャスパーの作戦により10人の敵を殺し撤退させることに成功する。

Resurrection_2x13_(2)

しかしこの時フォックスが連れ去られてしまう。

フォックスは手術室へと運びこまれ骨髄を抜かれそうになるがここでベラミーが助けに来てくれる。

マヤはフォックスとベラミーをかくまうために父親のいる自分の部屋に戻ることに。

父親はケイジの強硬姿勢に反対する数少ない人間であり、マヤの味方だった。

フォックスはそこでかくまってもらえることになり、ベラミーは武器庫へと行くことに。

この間マヤはベラミーのために職員の気を引こうとするが、ケイジがやってきてジャスパーたちに肩入れしていることがばれてしまう。

ケイジはマヤに20分しか酸素が持たない防護服を着させると汚染されている5階にマヤを解き放った。

ケイジはマヤを助けてほしければ20分以内に投降しろと言ってくる。

the-100-resurrection-01

ジャスパーたちはマヤを下の階に移動させるためにダストシュートを利用することに。

事前の打ち合わせでベラミーがそこを通って武器を届けてくれることになっていたからである。

タイムリミットぎりぎりになりようやくベラミーが5階にやってくる。

the_100_ep_13_bellamy

ベラミーはすぐにマヤを連れ出し下の階へ連れて行った。

これによりなんとかマヤは汚染されることなく済んだのである。

ベラミー達はケイジが来る前に全員を5階から移動させることに。

だがどこにも逃げ場所がない。

するとマヤの父親が再び現れ、ケイジに反対する人間を集めたと言い、44人全員をかくまってくれたのである。

ベラミーは皆をマヤ達に託すと自分は酸の霧を発生させる装置を探すことに。

一方、外ではクラークが敵を探していた。

するとここで同じく敵を殺しに来たリンカーンと出会う。

クラークとリンカーンは協力して敵を探すことに。

レクサの提案により敵よりも高い場所を目指すなり、3人は一緒に行動を開始する。

するとしばらく行ったところでクラークたちが狙撃を受ける。

敵のすぐ近くまで来ていたのである。

クラークは銃で敵を引き付け、その間にリンカーンが敵の近くまで忍び寄った。

そして作戦通りリンカーンが敵に接触することに成功する。

リンカーンは終始敵を圧倒していたが一瞬のすきをつかれ人質となってしまう。

vlcsnap-00413

敵はクラークたちに武器を捨てろと要求してくるが、クラークはその指示に従わずリンカーンもろとも敵を撃ったのである。

銃弾はリンカーンの肩を貫通し敵の心臓に命中した。

ようやく敵を排除することに成功したのである。

そのころ、村ではオクタヴィアがインドラの指示通り生き残った者たちをまとめ生存者の救出に当たっていた。

地下でケインを救出しようとしていたアビーは崩れ落ちてきたがれきに挟まれてしまう。

こうしている間にもケインの状態は悪くなっていた。

5639112c398c44ddc4d2ecbf1cb052c2

オクタヴィアは生存者を探すために地下への入り口を見つけるが、がれきに埋もれていた。

オクタヴィアは数人のグラウンダーと共にがれきを撤去し始める。

するとここでようやくリンカーンから敵を排除した合図の角笛の男が聞こえてくる。

更にジャハと一緒に出て行ったシンクレアたちも戻ってくる。

皆で協力してようやくがれきの撤去を終えたオクタヴィアは地下でアビーとケインを発見する。

こうしてなんとかアビーもケインも無事に救出されたのである。

インドラの治療も無事に終わりここでリンカーンとレクサ、クラークが戻ってくる。

レクサは皆に向けて仲間を殺したマウンテン・マンに復讐すると号令をあげるのだった。

The 100 - Episode 2.13 - Resurrection - Promotional Photo

クラークは助け出されたアビーに会い、ぎこちないながらもお互いにのことを許しあったのである。

マウント・ウェザーを襲撃する計画はいよいよ大詰めを迎えようとしていた。

----------------------------------------------------------------------------------

クラークは堂々とレクサに反発するようになってきましたね。

最後にしれ~っと帰ってきましたが、あれじゃあ皆不審がるのでは?

クラークとアビーはいがみ合っていたが最後には若干関係が修復されたようでよかったです。

マウント・ウェザーの抵抗はいったいいつまでもつことやら。。。

ベラミーがはやく霧の発生装置を見つけるしかないですね。

ベラミー頑張れ(笑)。

以上がSeason2の第十三話『RESURRECTION/犠牲の上にあるもの』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.