海外ドラマ

海外ドラマ「ARROW/アロー Season2」第十四話『Time of Death/進み始めた時間』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「ARROW/アロー Season2」第十四話『Time of Death/進み始めた時間』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season2 登場人物/キャスト

オリバー・クイーン/アロー → スティーヴン・アメル
ダイナ・"ローレル"・ランス → ケイティ・キャシディ
テア・クイーン → ウィラ・ホランド
モイラ・クイーン → スザンナ・トンプソン
ウォルター・スティール → コリン・サーモン
ジョン・ディグル → デヴィッド・ラムゼイ
クエンティン・ランス刑事 → ポール・ブラックソーン
フェリシティ・スモーク → エミリー・ベット・リカーズ
ロイ・ハーパー → コルトン・ヘインズ
スレイド・ウィルソン → マヌー・ベネット
シャドー → セリナ・ジェイド
イザベラ・ロチェフ → サマー・グロー
サラ・ランス/ブラックキャナリー → ケイティ・ロッツ

 

第十四話/エピソード14のあらすじ

オリバーが、サラをチーム“アロー”に迎え入れる。だが、オリバーやディグルがサラと昔話をしている時、フェリシティは取り残されたような気持ちになっていた。そんな中、チームは“クロックマン”として知られる悪者を調査する。クロックマンは、スターリング・シティにあるすべての銀行の金庫室が開けられるという、驚くべき技術を持つ泥棒だ。そして彼はついに秘密基地のコンピューターにまで侵入してくる。フェリシティは、自分の存在価値を示すため一人でクロックマンを捕まえようとするが、かえって危機に陥ってしまう。 (公式サイトより引用)

 

ARROW/アロー Season2動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason2の第十四話『Time of Death/進み始めた時間』のネタばれになりますので注意してください。

サラがオリバーたちのチームに加わり、ディグルも加えて3人で訓練に励んでいた。

screenshot-2014-03-05-22-49-05

だが故意ではなかったがディグルの攻撃がサラの顔に当たってしまう。

サラは平気そうな顔をしていたがオリバーは厳重注意した。

サラはこんな傷なんでもないと言い、他の傷について語り始めた。

ディグル、オリバーにも無数の傷があるため、3人はその話で盛り上がった。

arrow-00044

ただそんな様子を眺めていたフェリシティは一人だけ仲間外れになっている感じをぬぐえなかった。

そんな中、オリバーはサラが帰ってきたことを祝うパーティーを自宅で開くことに。

パーティーにはシンも参加しており、二人は知り合いだったもののサラは初対面を装った。

xn3YzGDH.640x360.0

パーティーにはモイラも参加していたが、オリバーは母親に対する怒りを隠せないでいた。

その様子を見たテアはオリバーにモイラと何かあったのかと聞くが、オリバーは何もないと嘘をついた。

多くの関係者が参加したパーティーだったが、サラが許せずにいるローレルだけは参加しなかった。

一方、クロックキングという犯罪者が人を雇いコード・エンタープライズという会社からある物を盗み出そうとしていた。

そのあるものとはスケルトンキーと呼ばれるもので、それがあればどんな銀行の金庫も簡単にあけることが可能だった。

クロックキングは華麗な手口でスケルトンキーを入手した。

ただ命令を聞かなかった部下は振り子時計の針で処刑したのだった。

パーティーの途中だったがランス巡査は現場に急行した。

その様子を見ていたオリバーとサラも現場に向かう。

xAnNpEMY.640x360.0

そこでランス巡査からスケルトンキーというものが盗まれたことを聞かされる。

オリバーはこのスケルトンキーというものが何か知っていた。

かつてクイーン産業でも同じようなものを開発していたが、オリバーがその危険性に気が付き開発をやめさせた代物だった。

これが悪党の手に渡ればもはや暗号解読装置にとどまらず兵器になるとオリバーは警告した。

クロックキングの部下の死はニュースでも流れ、オリバーたちの耳にも入ることとなる。

オリバーは黒幕が誰なのかを探るようフェリシティに指示した。

そのころ、ランス巡査はパーティーに来なかったローレルの元へ来ていた。

Time of Death

ランス巡査は家族でディナーを開こうとローレルに持ちかける。

ランス巡査にはローレルとサラを仲直りさせるほかに妻とやり直すきっかけになればとも考えていた。

ローレルは自宅でディナーを取ることを約束する。

一方、フェリシティにより盗まれたスケルトンキーが銀行で使われているのを発見する。

オリバーとサラはすぐに現場に向かった。

だがそれにいち早く気が付いたクロックキングはすぐに部下を引き揚げさせ、オリバーたちが追ってこないよう近くの線路の遮断機を操作し、バスをぶつけようとしていた。

バスの方にはオリバーが向かい、身を呈してバスを止め大事故になるのを未然に防いだ。

Arrow_2_14_4

犯人を追ったサラはクロックキングに傷を負わせることに成功したものの捕まえることはできなかった。

アジトに戻ったサラは武器についていた血から犯人がマクレガー症候群であることを割り出す。

この情報を元にフェリシティは犯人を探した。

すると条件に該当するのは元コード・エンタープライズ社の暗号解読担当ウィリアム・トックマンだけだった。

詳しく調べるとトックマンの妹は嚢胞性線維症で肺移植が必要なことが分かった。

ただ犯罪者に同情することはできなかった。

フェリシティがクロックキングのトラックがある場所を特定するとサラとオリバーはすぐに現場に向かった。

そこにはトラックの中に何やら怪しげな装置が置いてあるだけだった。

その装置はクロックキングがフェリシティのパソコンにハッキングするための装置だった。

クロックキングはアジトのパソコンに侵入するとウイルスを使い全てのパソコンをオーバーヒートさせた。

破壊されたアジトに戻ると落ち込むフェリシティの姿があった。

Felicity-Diggle-700x300

フェリシティはなんでもこなすサラに嫉妬しており、唯一のとりえであるパソコンでもクロックキングに負け、落ち込まずにはいられなかったのである。

フェリシティはサラにここにいてもすることがないと言い、ディナーに行くよう言った。

サラは一人では心細いとオリバーを連れて行こうとする。

オリバーはアジトのことを口にするが、またもやフェリシティができることがないと言い付いていくようオリバーを諭した。

一人落ち込むフェリシティをディグルは励ました。

ランス家のディナーに参加したオリバーとサラ。

ランス巡査は元奥さんにスターリングシティに残るのかと聞くとセントラル・シティに戻ると言われる。

奥さんにはセントラル・シティに新しい恋人がいるようだった。

またローレルはサラとオリバーが復縁していることに気が付き激怒しディナーを台無しにして出て行ってしまう。

Time of Death

後を追うオリバーだったが、ローレルはもとはと言えば全てオリバーが悪いと八つ当たりをし出す。

それに対してオリバーは酒や薬におぼれたのも、トミーが死んだのも自分のせいだったのかと言い返す。

更にオリバーは今自分の家でも大問題が起こっているのにそれを押してきているとローレルに言った。

オリバーはこれまでローレルを愛していたからこそ心配し後を追っていたが、これからはそれももうやめると宣言し部屋に戻って行った。

ディナーも終わりアジトに戻ったオリバーとサラ。

だがアジトにフェリシティの姿はない。

ディグルに聞くと2時間も前に出てったきり戻ってないとのことだった。

そうこうしているとフェリシティから電話が入る。

どこにいるのか尋ねると、今クロックキングを捕まえるために銀行にいるとのことだった。

3人はすぐに銀行に向かうことに。

だがフェリシティの行動はクロックキングに読まれていた。

クロックキングは銀行をハッキングしガス管をせき止め大爆発を起こそうとしていた。

ディグルはガス管を元に戻しに向かい、オリバーは強盗を捕まえに向かった。

これまで後手後手だったクロックキングに対し、フェリシティは逆にクロックキングの携帯にウイルスを送り込むことで現在地を把握した。

フェリシティはサラとともにクロックキングを捕まえに行くことに。

しかし待ち構えていたクロックキングに銃撃され、フェリシティは方に銃撃を浴びてしまう。

Time of Death

だが仕込んでいたウイルスを使い携帯を爆発させクロックキングを捕らえることに成功する。

713041

こうしてフェリシティの活躍により無事にクロックキングを捕らえることに成功したオリバーたち。

アジトに戻るとフェリシティの銃創をサラが治療し、傷跡ができたことを誇らしげに笑っていた。

arrow-00046

フェリシティはサラに嫉妬していた事実をオリバーに告げると、オリバーはフェリシティはあった時から特別だったと励ました。

そうこうしているとテアから家に帰ってくるよう連絡が入る。

オリバーが家に帰ってみるとテアはおらず、モイラが客人と話しているところだった。

テアはモイラとオリバーの仲が不穏になっているのを感じ、オリバーをモイラに引き合わせたのである。

はめられたことに気が付くオリバーは仕方なくモイラがあっている客人に挨拶することに。

その客人は驚くべきことに死んだはずのスレイドだった。

vlcsnap-2014-02-28-01h36m39s139

ところ変わって、オリバーに説教をされ少なからず堪えたローレルはサラの元へやってくる。

そしてようやくサラと和解した。

arrow214_lancesisters

その後サラはローレルと和解できたことをシンに報告した。

サラはシンのことを妹のように思っていたがそれにはあるわけがあった。

sara-sin

ここから随所に出てくるオリバーの過去の回想
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
オリバーはスレイドとサラとともにどうやって貨物船に乗り込むか作戦を立てていた。

すると何やら飛行機が飛んでいるような音が聞こえてきた。

飛行機を確認したオリバーたちは必死に自分たちのことを伝えようとするが、飛行機は貨物船に撃ち落とされてしまう。

瀕死のパイロットを見つけたオリバーたち。

サラが2人に救急セットを持ってくるよう言うと、自分はけがをしたパイロットの看病をした。

だがパイロットの命はもはや長くなかった。

パイロットは一人娘がいることをサラに伝え、自分が死んだらこの子の力になってくれと頼む。

Sin's_father

2人が戻ってくると、そのパイロットはすでに息を引き取っていた。

サラが受けっとった写真に写っていたのは幼き日のシンだった。

オリバーは墜落した飛行機からパラシュートを発見した。

これで貨物船に乗り込むことができると語るオリバーだった。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

以上がSeason2の第十四話『Time of Death/進み始めた時間』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.