海外ドラマ

海外ドラマ「ARROW/アロー Season2」第十三話『Heir to the Demon/再会と離別』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「ARROW/アロー Season2」第十三話『Heir to the Demon/再会と離別』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season2 登場人物/キャスト

オリバー・クイーン/アロー → スティーヴン・アメル
ダイナ・"ローレル"・ランス → ケイティ・キャシディ
テア・クイーン → ウィラ・ホランド
モイラ・クイーン → スザンナ・トンプソン
ウォルター・スティール → コリン・サーモン
ジョン・ディグル → デヴィッド・ラムゼイ
クエンティン・ランス刑事 → ポール・ブラックソーン
フェリシティ・スモーク → エミリー・ベット・リカーズ
ロイ・ハーパー → コルトン・ヘインズ
スレイド・ウィルソン → マヌー・ベネット
シャドー → セリナ・ジェイド
イザベラ・ロチェフ → サマー・グロー
サラ・ランス/ブラックキャナリー → ケイティ・ロッツ

 

第十三話/エピソード13のあらすじ

ローレルが今なお落ち込む中、オリバーとランス刑事は、町を離れようとしているサラがスターリング・シティに留まるよう最大の努力をする。そしてついに、ローレルとサラは母ダイナとの再会を果たす。そんな中、サラの前に昔の仲間、暗殺者同盟のメンバーが現れて、彼女を古巣へ必死に連れ戻そうとする。そして、サラが拒否すると、メンバーは、代わりにダイナを誘拐してしまう。自分がこの町にいるせいで家族が危険な目に遭うのだと思い悩んだサラは、暗殺者同盟に再び加入することを考え始める。 (公式サイトより引用)

 

ARROW/アロー Season2動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason2の第十三話『Heir to the Demon/再会と離別』のネタばれになりますので注意してください。

スターリングシティに新たな人物がやってくる。

その女はA.R.G.U.Sが危険人物に指定しているほどで、空港でセキュリティに引っかかった彼女は警備員を返り討ちにしてしまうほどの凄腕だった。

600px-Arrow_S02E13_01

そのころ、ローレルは入院するはめになっていた。

ローレルは気を失う前にサラを見たとランス巡査に話した。

本当のことを話せないランス巡査はもどかしさを隠せなかった。

ローレルを心配したオリバーもお見舞いにやってくる。

オリバーはローレルの目を見て違和感を感じた。

アジトに戻ったオリバーはローレルの検査結果を入手するようフェリシティに指示した。

またオリバーはアジトに来ていたサラに家族が危険になった時だけ帰ってくるのはやめろと説得するが、リーグ・オブ・アサシンに狙われているサラはそう簡単にスターリングシティに戻ることはできないと言った。

ローレルからサラのことを聞かされたランス巡査はサラに連絡することに。

ランス巡査もサラに残って家族と会うよう説得するがサラは聞こうとしない。

arrow-new4

サラが一人で帰っていると、その途中で例の女に遭遇してしまう。

戦いが始まるのかと思いきや、サラとその女は熱烈なキスをかわした。

Arrow_2_13_2

その女はリーグ・オブ・アサシンのリーダーであるラーズ・アル・グールの娘でナイッサという名前だという。

またサラはナイッサのことを以前の彼女であると明かした。

それを聞いたオリバーは若干複雑な気持ちになった。

ナイッサはサラを組織に連れ戻すためにスターリングシティに来ていた。

だがサラは組織に戻る気はないとその誘いを断った。

しかしその程度であきらめる組織ではなかった。

アジトに戻ったオリバーはローレルの検査結果で薬物ではなくチベットの毒が検出されたことを聞かされる。

つまりローレルは毒を盛られていたのである。

家族に危険が迫っていることを悟ったサラ。

だがこの時すでに母親がナイッサにより拉致されていた。

オリバーとともに母親を助けに向かったサラ。

normal_Arrow213-1079

必死に助けようとしたが救出することはできなかった。

ナイッサはサラに猶予は24時間だと告げる。

ところ変わって、モイラは市長選に出馬することを決め会社で作戦会議をしていた。

この時、フェリシティがウォルターを呼び出しあることを話した。

arrow-s2-heir-demon-009

それはガンビット号を隠していたテンペストという会社についてである。

フェリシティの調べでテンペストが産婦人科の医者に多額のお金を支払っていることが分かったのである。

ウォルターはモイラに確認しておくと言ったが、どうも様子がおかしかった。

数日後、フェリシティは自らモイラを訪ね真相を聞こうとした。

だがモイラは何もしゃべろうとしない。

そこでフェリシティが立てた仮説を話し始めた。

hqdefault

モイラが産婦人科にお金を支払ったのは何かを隠したいため、そしてその隠したいこととはテアの父親がマルコムであることではないのかと迫った。

その仮説は当たっており、フェリシティは自分からオリバーに伝えなければ私が伝えるとモイラを脅した。

数日後、モイラの出馬表明にオリバーとフェリシティ、ディグルも参加していた。

オリバーはモイラの紹介をしなければならず、サラの母親のことを探すのはディグルに任せた。

何事もなく進むと思われた式典だったが、ここでフェリシティがモイラが隠していることをオリバーに話してしまう。

HTTD-Oliver

真実を知ったオリバーはモイラに対する怒りを隠せなかったが、式典では何もなかったようにふるまった。

その後家に帰ったオリバーはモイラに縁を切ると言い家から出て行った。

一方、サラの母親のタイムリミットが迫る中居場所が特定できないサラはある決断をした。

サラは一人でナイッサの元へ行き母親を開放させた。

ナイッサはサラが組織に戻る決意を固めたと思っていたがそれは違っていた。

サラは毒を飲んで自害を図ったのである。

Nyssa_al_Ghul_holds_a_poisoned_Sara_Lance

サラが倒れたのを見ていたサラの母親とランス巡査はサラに駆け寄るが、そんな二人をナイッサは殺そうとする。

ここでサラに付けた発信機から場所を特定したオリバーが駆け付ける。

オリバーは今ならまだサラを救えると言い、ナイッサを説得しようとうするがナイッサは戦いをやめようとしない。

オリバーはナイッサのすきをついてサラに薬を飲ませなんとか命を救うことに成功する。

サラはナイッサにもう人は殺せないというと、ナイッサはサラを組織から解放した。

ようやくサラが戻り母親とも再会を果たしたランス家。

ランス巡査の後を追ってきていたローレルもそんなサラの姿を目の当たりにしていた。

ようやく家族全員がサラの生存を知ったランス家。

サラたちはひとまずローレルの家に集まったが、ローレルはサラを歓迎するどころか家から追い出した。

サラも自分が歓迎されるはずないと思ってはいたが、それでも悲しさは隠せなかった。

サラはオリバーのいるアジトに戻った。

そしてオリバーに「ただいま」を告げると、二人はかつての関係に戻っていくのであった。

best--arrow--quotes-

ここから随所に出てくるオリバーの過去の回想(今回はおもにサラの回想)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
6年前、ローレルはオリバーと同棲することをうれしそうにサラに報告していた。

ar213b_0362b-jpg-c8da4419-t3-620x400_zps8a58f6d9

だがそれを聞いたサラは素直に喜ぶ気にはなれなかった。

サラはローレルには内緒でオリバーと密かにメールでやり取りをしていたのである。

数日後、ローレルはガンビット号が転覆したことをニュースで知りショックを受ける。

更に追い打ちをかけるようにモイラがランス家にやってくる。

モイラの口から聞かされたのは船にはサラも乗っていたということだった。

Arrow -- "Heir to the Demon" -- Image AR213b_0210b -- Pictured (L-R): Paul Blackthorne as Quentin Lance and Katie Cassidy as Laurel Lance -- Photo: Cate Cameron/The CW -- © 2014 The CW Network, LLC. All Rights Reserved

Arrow -- "Heir to the Demon" -- Image AR213b_0210b -- Pictured (L-R): Paul Blackthorne as Quentin Lance and Katie Cassidy as Laurel Lance -- Photo: Cate Cameron/The CW -- © 2014 The CW Network, LLC. All Rights Reserved

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

以上がSeason2の第十三話『Heir to the Demon/再会と離別』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.