海外ドラマ

海外ドラマ「The Musketeers/マスケティアーズ 三銃士」第八話『The Challenge/対決』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「The Musketeers/マスケティアーズ 三銃士」第八話『The Challenge/対決』を見ての評価と感想を書いています。

日本では2016年の4月から「マスケティアーズ パリの四銃士」というタイトルでNHKで放送されています。

ちなみに私が見ているのもNHKで放送されているものです。

マスケティアーズ パリの四銃士では1話~10話までがSeason1で11話~20話までがSeason2となっています。

第八話の日本語でのタイトルは「対決」となっていますが、NHK版では「銃士隊と親衛隊」となっています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season1 登場人物/キャスト

ダルタニアン → ルーク・パスカリーノ
アトス → トム・バーク
アラミス → サンティアゴ・カブレラ
ポルトス → ハワード・チャールズ
トレヴィル → ヒューゴ・スピアー
リシュリュー枢機卿 → ピーター・カパルディ
ミレディ → メイミー・マッコイ
コンスタンス → タムラ・カリ
ルイ13世 → ライアン・ゲイジ
アンヌ王妃 → アレクサンドラ・ダウリング

 

第八話/エピソード8のあらすじ

凶悪犯の身柄引き渡しを巡って、銃士隊と親衛隊が対立。事態を収拾するため、国王の発案で、それぞれの隊から選ばれた代表が剣で勝負し、決着をつけることになる。ダルタニアンにとっては見習い銃士を卒業する絶好のチャンスだ。代表になるには予選で勝たなければならないが、予選には参加料がいる。お金がないダルタニアンたちは金策に走る。 (NHK Onlineより引用)

 

The Musketeers/マスケティアーズ 三銃士 Season1動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason1の第八話『The Challenge/対決』のネタばれになりますので注意してください。

地方代官のラバルジュは悪行の限りを尽くしついにアトス達銃士隊につかまってしまう。

銃士隊に捕まったことをよく思わない枢機卿は親衛隊を差し向けラバルジュの身柄を引き渡すよう要求した。

銃士隊は極悪犯で非常に腕の立つラバルジュを引き渡すことは危険だとして親衛隊人警告するが全く聞き入れられない。

案の定、親衛隊に身柄を引き渡すとラバルジュが暴れ出し、親衛隊の隊長は殺されてしまう。

親衛隊は隊長が殺されたのは銃士隊のせいだと言いだす。

報告を聞いたトレヴィルと枢機卿は言い争いになり、熱くなったトレヴィルは親衛隊など銃士隊を使えば簡単に倒せると言ってしまう。

事態の収拾を図るため国王はそれぞれの隊の代表者を戦わせどちらが優れているかを競わせることに。

枢機卿と国王はこの戦いに2000リーブルを賭けることになる。

トレヴィルは代表を決める戦いに参加するための参加料として30リーブルを集めることに。

しかし30リーブルは大金であるため簡単には出資できない。

そこでポルトスやアラミスはパトロンを探しに行く。

コンスタンスと秘密の中が続いているダルタニアンは今回のことで自分が代表になり勝てば銃士隊に任命されると意気込んでいた。

ダルタニアンは故郷の農場からの給金も途絶えており、家賃にも苦労するほどだったからである。

問題はどうやって30リーブルを支払うかであった。

そのころ、銃士隊をなんとかつぶしたいと思っている枢機卿はダルタニアンに目をつける。

枢機卿はコンスタンスの夫に親衛隊が顧客になってもいいが、そのかわりにダルタニアンをスパイしろと命じする。

一方、パトロン探しをしているアラミスとポルトスはミサが行われるという教会へ足を運ぶ。

1280x720-scm

そこでは夫を失った未亡人たちが祈りをささげていた。

アラミスとポルトスはそれぞれ気にいった未亡人に近づき親密な仲となる。

アトスはこのチャンスにダルタニアンを銃士隊に入れてやりたいと思っており、彼が代表に選ばれるために訓練を手伝うことに。

the-musketeers-ep-8-header

アトスはダルタニアンの腕は買っていたが、すぐに頭に血が上り感情をコントロールできなくなることが弱点になると言いその点を直させた。

アトスが訓練を終えた後帰宅しようとしとしているところへミレディが現れる。

ミレディは自分がパリの最高権力者のもとで暗殺を行っていることをアトスに明かした。

その後ミレディはダルタニアンに接触し30リーブルを気前よくくれた。

一瞬疑ったダルタニアンだったが、お金が必要なことも事実であるため借りておくと言い受け取った。

そこへコンスタンスが現れダルタニアンに警告するが、銃士隊に入るために仕方がないと跳ねのけられてしまう。

the-musketeers-ep-8-03

さびしそうにダルタニアンの背中を見送るコンスタンスの手には30リーブルが握られていた。

アトスによる訓練は続いたが、ダルタニアンはなかなか感情を制御できない。

またダルタニアンはラバルジュが焼き払った多くの農場の中に自分の農場も入っていることを知る。

ダルタニアンは自ら枢機卿の元へ行きラバルジュの罪状を問いただすが、全ては裁判で明らかになると言われそれ以上追及できなかった。

更にラバルジュは牢獄で好待遇で扱われていると聞きダルタニアンは一人で牢獄に乗り込んでしまう。

ラバルジュはダルタニアンを挑発し冷静さをなくさせダルタニアンを追い詰める。

そこへトレヴィルからダルタニアンの監視を頼まれていたアトスが現れなんとかことなきを得る。

そのころ、30リーブルのために未亡人アリスに近づいたポルトスだったがやがて本当に魅かれ始める。

アリスもだんだんその気になってきて2人はベッドインしてしまう。

一方の枢機卿は親衛隊の代表となった男をラバルジュと戦わせた。

musketeers_1-8

結果はラバルジュの圧勝であり、枢機卿はラバルジュを親衛隊の隊長として代表者にしてしまう。

このことを知ったトレヴィルは銃士隊を集めて代表者を自分にしてしまう。

アトスはてっきりトレヴィルが栄光のために自ら出場すると言ったと思いダルタニアンのチャンスをつぶしたと激しく非難した。

枢機卿の命令によりダルタニアンをスパイしていたコンスタンスの夫は、コンスタンスがダルタニアンと密会している現場を目撃する。

夫はコンスタンスを呼びすぐに別れるよう命令するがコンスタンスは拒否した。

だが夫は自分の後ろ盾は枢機卿であるといい自分が頼めばダルタニアンなどひとたまりもないと脅しコンスタンスを納得させた。

宿に戻ってきたダルタニアンは代表がトレヴィルになったことにひどく落ち込んでいたが、追い打ちをかけるようにコンスタンスから別れを告げられる。

vlcsnap-00467

そしてついに銃士隊と親衛隊の決戦の日が訪れた。

銃士隊代表のトレヴィルの前にラバルジュが現れ、銃士隊は驚いた表情を見せるがすでに知っていたトレヴィルは全く表情を変えなかった。

vlcsnap-00470

戦いが始まると一見互角に見えたが徐々にトレヴィルが押されていく。

トレヴィルは腕の骨を折られラバルジュに負けてしまうが、国王はラバルジュに途中反則があったといい選手の交代を命じる。

トレヴィルはダルタニアンを指名し銃士になるチャンスを与える。

ラバルジュから挑発されながらも冷静さを保ったダルタニアンはラバルジュとも互角に戦い、ついに剣をつきたてることに成功する。

戦いはダルタニアンの勝利に終わり、ダルタニアンは晴れて国王から銃士に任命される。

ただ賞金として用意されていた2000リーブルは反則があったからだと言い国王が国庫に納めてしまう。

戦いに敗れた枢機卿はダルタニアンに金を渡したミレディに何のつもりなのかと問い詰める。

ミレディは銃士隊をつぶすカギとなるのはダルタニアンだと言い、自分の魅力を使えばダルタニアンぐらいいちころだと枢機卿に説明した。

その後、銃士隊の宿に移り住むために引っ越しの作業をしていたダルタニアンの前にミレディが現れる。

ミレディは宿舎まで馬車で送ると言ってくるが、ダルタニアンはまたの機会にと言って断るのだった。

the-musketeers-ep-8-05

-------------------------------------------------------------------------------------------

ダルタニアンとコンスタンスはいい感じだったのに夫にばれちゃいましたね。

しかも枢機卿の後ろ盾があると言いコンスタンスを脅して無理やり別れさせちゃいましたし。

それをダルタニアンに悟らせないコンスタンスがちょっとかわいそうでしたね。

ミレディはダルタニアンを自分の魅力でかどわかそうとしていたようですが、最後あっさりと断られていましたね。

そんな馬鹿なって感じの顔をしていたミレディはざまーみろでしたねw

ついにダルタニアンも銃士になったので、これからアトス達と益々活躍が期待されますね。

以上がSeason1の第八話『The Challenge/対決』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.