海外ドラマ

海外ドラマ「GRIMM Season6」第二話『信頼の結び目/TRUST ME KNOT』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「GRIMM Season6」第二話『信頼の結び目/TRUST ME KNOT』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season6 登場人物/キャスト

ニック・ブルクハルト → デヴィッド・ジュントーリ
ハンク・グリフィン → ラッセル・ホーンズビー
モンロー → サイラス・ウィアー・ミッチェル
ジュリエット・シルバートン/イヴ → ビッツィー・トゥロック
ショーン・レナード警部 → サッシャ・ロイズ
アダリンド・シェイド → クレア・コフィー
ウー巡査部長 → レジー・リー
ロザリー・カルヴァート → ブリー・ターナー
トラブル/テレサ・ルーべル → ジャクリーン・トボーニ

 

第二話/エピソード2のあらすじ

レナードは特殊部隊突入を命じ、ニックは投降を決意するが、特殊部隊員が棒に触れた途端、閃光と共に部隊は全員記憶をなくして倒れる。トンネルに逃げ込んだニックは棒と布の力に魅入られ手放しがたくなるが、イヴは彼を説得して布の力を解明しようとする。一方、レナードはアダリンドを呼び出してアリバイ工作を頼むが……。(公式サイトより引用)

 

モチーフとなったグリム童話

冒頭のテロップ:
"Man is not what he thinks he is, he is what he hides."
『人は自覚している姿より 包み隠す中に本性がある』

モチーフとなっているのは『アンドレ・マルローの名言』

 

GRIMM/グリム Season6動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason6の第二話『信頼の結び目/TRUST ME KNOT』のネタばれになりますので注意してください。

レナードは機動隊に突入の合図を出してしまうがそこへハンクとウーがやってくる。

ハンクとウーはレナードを殺人罪の容疑で逮捕し現場は唖然となってしまう。

ニックは皆に被害が出ないように投稿しようとするがイヴとトラブルがそれを止める。

だがもう誰にもどうすることもできなかった。

ついに機動隊が踏み込んできたためニックはおとなしく投降しようとする。

機動隊の隊員がニックの持ち物を調べると例の棒が出てきた。

隊員がそれを手に取った瞬間、突然衝撃が走り機動隊が全員気絶してしまった。

ニックはこのチャンスに機動隊から服を盗んで変装し、車を奪って逃げることに成功した。

潜伏先としてニックの家のトンネルが提案され、モンローは調べていた別の出口のことをニックに教える。

トンネルにつくとイヴはニックに棒のことをよく知らないのにその力を使うのは危険だと警告する。

一方、留置場に入れられたレナードはアダリンドに連絡を入れてすぐに来てほしいと頼む。

アダリンドはケリーとダイアナをモンローとロザリーに預けて警察署へ向かうことに。

レナードはアダリンドに自分が無実である証明をするためにアリバイ作りを手伝ってほしいと頼むがアダリンドは偽証罪に問われたらどうするのかといいその話を断った。

そのころイヴたちをわかれたニックは警告通り一度は棒を箱にしまっていたのだが、突然異様な執着を見せ始める。

ニックの体にも何らかの変化が表れ始めているのかもしれない。

何とか誘惑を絶ったニックはアダリンドに連絡を入れてきてほしいと頼む。

イヴとトラブルはスパイスショップに向かい布のことを調べようとしていた。

いつもはひょうひょうとしているモンローだがダイアナの相手を一人でするのはさすがに難しく、もはやダイアナが遊んであげている状態となっていた。

ニックは自分にかけられた容疑を晴らすためにレナードと取引をしようと考える。

全く信用できないレナードと取引をするためにアダリンドの力を貸してほしいと頼んだのだ。

アダリンドは誓いの結び目という魔術を使えば大丈夫だといい、ニックはハンクとウーにレナードを釈放して自分のもとへ連れてくるよう頼んだ。

ニックはアダリンドがアリバイの証言をして無罪となる代わりに自分にかかっている容疑を取り下げて警察に復職させるように迫った。

レナードはその条件を承諾しアダリンドが用意したひもに結び目ができた。

これで安心ができたニックたちはスパイスショップへ向かうことに。

そこでは布の解析が行われていたがなかなか思うように進んでいなかった。

ニックたちも合流し、そこで初めてダイアナと顔を合わせた。

ダイアナは解析に苦しむロザリーたちを手伝ってあげるといい、へクセンビーストの力を使って布を見てみた。

するとイヴが見るよりも多くのマークが彼女にだけ見えたのである。

ニックはその模様を移しとってもらうが全く意味が分からない。

インターネットで調べてみても全く何もわからない。

そうこうしているうちに電話がかかってきたのだが、それはレナードの大陪審の知らせだった。

通常なら3日は準備に時間がかかるとのことだったのだが、特例で2時間後に始まるというのである。

アダリンドは急いで裁判所へと向かったのだが、裁判官も検察も裏でレナード、およびブラッククロウと繋がっており、レナードは無罪になるどころか容疑そのものがなかったことになってしまったのだ。

ニックが持ち掛けた条件はアダリンドが証言をすることで無罪を勝ち取るというものだったためこれでは取引自体が成立しないことになってしまう。

無罪放免となったレナードはすぐにニック捜索の命令を出すのだった。

----------------------------------------------------------------------------------------

そういえばレイチェルウッドはダイアナに殺されていましたね(笑)。

まさかその罪でレナードが逮捕されるとは。

まあ権力を使ってすぐに出てきてしまいましたが。

そこら中にブラッククロウの勢力はいるんですね。

モンローがダイアナの子守をするところは笑えました。

イヴより上位の力を持つダイアナはやっぱり布の模様が見えましたね。

しかもイヴよりもたくさん見えましたし。

っていうかなぜヘクセンビーストしか見えないんですかね?

昔のグリムがヘクセンビーストと手を結んでいたとかなんですかね?

書いてあるのは謎の模様ですし、イヴでもわからないということはヘクセンビーストの文字ということでもなさそうですし。

さすがにインターネットで調べてもわからないと思いましたけど(笑)

なんにせよダイアナがカギを握っていることは間違いなさそうですね。

以上がSeason6の第二話『信頼の結び目/TRUST ME KNOT』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-, , ,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.