海外ドラマ

海外ドラマ「ARROW/アロー Season4」第十話『Blood Debts/アナーキー』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「ARROW/アロー Season4」第十話『Blood Debts/アナーキー』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season4 登場人物/キャスト

オリバー・クイーン/アロー → スティーヴン・アメル
ダイナ・"ローレル"・ランス/ブラックキャナリー → ケイティ・キャシディ
テア・クイーン/スピーディ → ウィラ・ホランド
ウォルター・スティール → コリン・サーモン
ジョン・ディグル → デヴィッド・ラムゼイ
クエンティン・ランス警部 → ポール・ブラックソーン
フェリシティ・スモーク → エミリー・ベット・リカーズ
レイ・パーマー/ATOM → ブランドン・ラウス
ダミアン・ダーク → ニール・マクドノー

 

第十話/エピソード10のあらすじ

ダミアン・ダークから受けた攻撃によって破壊的な結果がもたらされ、その影響で、オリバーは後遺症への対応を余儀なくされる。だがオリバーは、ダミアン・ダークへの報復を企て、あらゆる手を尽くしてダークを捜す、容赦なく厳しい追跡を繰り広げるのだった。(公式サイトより引用)

 

ARROW/アロー Season4動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason4の第十話『Blood Debts/アナーキー』のネタばれになりますので注意してください。

病院に運ばれたフェリシティはすぐに手術台に運ばれた。

なんとか一命は取り留めたものの、まだ何度か手術を行う必要があるという。

オリバーはダークに報復するためにゴーストを手当たり次第に襲撃するが、誰も情報を吐かない。

ディグルは再度アンディの元へ行き今度は力づくでダークのことを吐かせようとするが何も情報は得られない。

オリバーは最後の手段としてランス警部からダークのアジトの場所を聞き出した。

1人でダークのアジトにやってきたオリバーだったが何やら様子がおかしい。

奥まで行ってみるとそこにはゴーストが何人も転がっており、ダークが使っていたと思われる祭壇にはアナーキーを示すAの文字が書かれていた。

それは以前オリバーたちが捕まえたが移送中に脱走したロニー・マチンを示すものだった。

警察の調べによりアナーキーの文字に使われていたのは2人分の血液であり、オルギン夫妻のDNAが検出されたことが分かる。

オルギン夫妻はマチンの養父母であり、これを聞いたオリバーは次はダークだという意味だと話す。

オリバーたちはすぐにオルギン夫妻の家に行くが中はひどくあらされていた。

奥まで入って行くとそこにはマスクをつけたマチンの姿が。

マチンはダークが来ると思っていたというと自動操縦を使ってオリバーたちを襲撃してくる。

それをうまくかいくぐったテアは一人でマチンと対峙するが返り討ちにあってしまう。

だがマチンは「君は殺さない。君は恩人だ。俺自身から救ってくれた」といいテアに手を出そうとしない。

そこへローレル達が駆け付けマチンを捕らえることに成功する。

オリバーは他の人間に帰るようにいい自分の手でマチンから情報を引き出そうとするがそこへテアがやってくる。

テアはオリバーにフェリシティの手術の結果が良くなかったと言いすぐに彼女の元へ行くように指示した。

テアはだんだん殺人衝動が強くなっており自分では抑えるのが難しくなっていた。

マチンは君になら殺されてもいいと言いテアに自分を殺すよう促すがここで警察がやってきたためテアはマチンを置いてその場から脱出した。

病院に駆け付けたオリバーはドナから脊髄に損傷があり二度と歩けないと聞かされる。

病室に入ったオリバーはフェリシティに会いに来なかったことを謝るが、フェリシティはゴーストを追っていたことを理解していた。

オリバーは病室でマチンが警察に逮捕されている映像を見てそこにローレルが映っていることに気が付く。

フェリシティのことでダークへの憎しみが強くなっていくオリバーは独断でとんでもない行動にである。

なんと警察に護送されているマチンを助け出しダークを殺すように促したのである。

アジトに戻ったオリバーはローレルから非難されるが、君が警察に通報したせいだろうと反論した。

オリバーは「マチンに発信器を付けた。ダークと会えば2人を逮捕できる」と言うがローレルは「その計画が失敗したら人殺しを放ったことになる」と返された。

一方、ディグルはアンディから無理やり情報を引き出そうとしたことを妻のライラに話していた。

ライラはディグルにゴーストとしてのアンディではなく兄弟としてのアンディと接すれば何か話してくれるかもしれないとアドバイスする。

ディグルは再度アンディの元へ行き暴力をふるったことを謝ると、アンディは過去にも同じようなことがあったと話し始めた。

ディグルはあくまでアンディを愛していたからだと話すと、アンディはストーンヘブンという手掛かりを教えてくれた。

その後マチンを逃がしたという知らせを受けたディグルはストーンヘブンについて調べてみるもなにも手掛かりが得られなかった。

ディグルはローレルと言い争うオリバーに気持ちはわかると言い、せっかく取り戻した人間性を見失うなと忠告した。

ディグルは自分がマチンに取りつけた発信機の信号を追うと言いパソコンを操作するがすぐに信号が途絶えてしまう。

どうやらマチンが発信機に気が付き取り外したようだ。

ディグルたちはオリバーにフェリシティの元へ行くべきだと言い、すぐに病院へ向かった。

この時、テアは怒りが自分で制御できないことからアレックスに別れを告げていた。

病院に来たオリバーはフェリシティから結婚の話はなしにしようといわれるが、再びフェリシティの指に指輪をはめて気持ちは変わらないと告げた。

またオリバーは正義にこだわっているせいでダークを取り逃がしているのではと弱気な様子を見せるが、フェリシティは自分を見失えば意味がないと励ました。

その後ディグルは一度は調べたストーンヘブンについてマチンの信号が途絶えたすぐ近くだということに気が付く。

あるダミー会社の名義となっている屋敷を発見したオリバーたちはすぐにその場所へ向かった。

すると途中でアナーキーの文字がありマチンがいるのは確実だった。

この時マチンはダークの妻と子供を捕らえて自分と同じ目に合わせようとしていた。

ここでオリバーたちがやってきて妻と子供を助けることに成功し、テアとオリバーは2人でマチンに戦いを挑む。

しかし屋敷の外に逃げられオリバーたちは二手に分かれてマチンを追うことに。

だがここでオリバーの前にダークが姿を現す。

オリバーはダークに戦いを挑むがやはり倒すことができない。

ダークは妻と子供はどこだと尋ねるとオリバーは自分が助けたと話した。

それを聞いたダークは今回だけは家族に免じて助けてやるといい姿を消した。

一方、マチンを追いかけたテアは拘束することに成功するが、マチンから殺せと言われてもテアはなんとか自分を制御して殺すのを踏みとどまった。

その様子を見たマチンはがっかりしたと言い拘束を解くと逃げていってしまう。

その後ディグルは情報が役に立ったと言い、アンディと昔のようにトランプを楽しんだ。

テアはアレックスを呼び出し怒りは抑えられると言い復縁した。

4ヶ月後、真新しい墓の前で覚悟を決めるオリバー。

車に戻るとそこにはフェリシティの姿があり、必ず奴を殺してと口にするのだった。

ここから随所に出てくるオリバーの過去の回想
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
コンクリンに見つかったオリバーとタイアナはライターの元へ連れて行かれる。

話を聞いたライターはせっかくかばってやったのにというと2人の処刑を命じるが、コンクリンがその前にやりたいことがあると言いオリバーを外へ連れ出す。

そして自分がやられたようにオリバーに鞭を打ったのである。

するとここでコンスタンティンから渡された刺青が光り輝き、それを見たライターは鞭打ちをやめさせた。

オリバーはタイアナを生かすなら今後自分はライターに協力すると持ちかける。

それを承諾したライターは2人を檻の中に入れたのだった。


-----------------------------------------------------------------------------------------------------

アナーキーって何気にすごいやつですよね。

ここでも逃げたってことは今後も出演するんでしょうね。

それにしても未来で死んでいるのは誰なんでしょうね?

フェリシティでないことはわかりましたので、残る選択肢はテアとローレルとディグルですね。

誰がかけても残念なことには変わりないですね。

そういえばフラッシュバックではコンスタンティンがかけていった保険がききましたね。

いったい何の魔術なのかはわかりませんが、取りあえず殺されなくて良かったです。

以上がSeason4の第十話『Blood Debts/アナーキー』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.