海外ドラマ

海外ドラマ「ARROW/アロー Season4」第十二話『Unchained/ロータス』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「ARROW/アロー Season4」第十二話『Unchained/ロータス』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season4 登場人物/キャスト

オリバー・クイーン/アロー → スティーヴン・アメル
ダイナ・"ローレル"・ランス/ブラックキャナリー → ケイティ・キャシディ
テア・クイーン/スピーディ → ウィラ・ホランド
ウォルター・スティール → コリン・サーモン
ジョン・ディグル → デヴィッド・ラムゼイ
クエンティン・ランス警部 → ポール・ブラックソーン
フェリシティ・スモーク → エミリー・ベット・リカーズ
レイ・パーマー/ATOM → ブランドン・ラウス
ダミアン・ダーク → ニール・マクドノー

 

第十二話/エピソード12のあらすじ

チーム・アローは、スター・シティに大きな打撃を与えようとしているカルキュレーターというあだ名の恐ろしいヴィランと対決する。一方、ナイッサ・アル・グールは、オリバーにある取引を持ち掛ける。そんな中。ロイ・ハーパーがスター・シティに戻ってくる。そして、彼がとったある行動は人々を驚かせる。 (公式サイトより引用)

 

ARROW/アロー Season4動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason4の第十二話『Unchained/ロータス』のネタばれになりますので注意してください。

マルコムがテアのことでナンダ・パルバットを留守にしている中、一人の部下が反乱をおこしナイッサを牢屋から出してしまう。

ナイッサーロータスはと尋ねると九州で守られていると聞かされる。

ナイッサはすぐに九州まで行き、森全体が神殿となっている場所に足を踏み入れる。

そこにいたのはかつてオリバーを助けてくれたタツであり、タツはそこでロータスを守っているという。

ナイッサはタツに刃を向けて力づくで奪おうとするが実力はほぼ互角だった。

ナイッサはどちらかが力尽きる前で戦うか私の話に耳を傾けるかとタツに選択を迫り、あなたが助けたオリバーに関することだと話した。

一方、オリバーたちは強盗が出たという知らせを受けてすぐに現場へ向かった。

オリバーとテアは犯人を追いつめるも途中で突然テアが気を失い犯人には逃げられてしまう。

テアを自宅へ戻し、犯人に何が盗まれたのかと聞くとフェリシティは「ネットワーク・マッパー。デジタル・インフラの脆弱性を探るソフト。」と答えた。

その後オリバーがテアの元を訪れるとすでにマルコムが来ていた。

マルコムはここ数カ月テアの殺人衝動がおさまっていた理由がダークにあること、更にテアは他人の生命力を奪って自分の物にしなければ衰弱していく一方であることを話した。

オリバーはサラはそうならなかったと反論するが、マルコムはサラはコンスタンティンによって完璧に蘇ったからだと話した。

オリバーはダークを見つけて直させると話すが、マルコムにいまダークは行方をくらましていると反論される。

するとここでフェリシティから連絡があり再び強盗が現れたと知らせを受ける。

オリバーは普段着のまま犯人と遭遇しそのまま追いかけ捕らえることに成功する。

マスクをとったその正体はかつての仲間であるロイであり、オリバーがそれに動揺したすきにロイはオリバーを殴って逃走した。

アジトに戻ったオリバーは絶対にロイだったと話し、何を盗んだのかをフェリシティにきいた。

今度は三極コンデンサ爆弾というものが盗まれており、ウェブ・ニュークというネットワーク全体を壊せる兵器を作ることができると話した。

ロイにそんな知識があるはずもなく、オリバーたちは裏で何者かが糸を引いていると推測した。

フェリシティはウェブ・ニュークを作るには膨大な電力が必要だと話すが、つい最近自社で画期的な電池を開発したことを思い出しすぐにカーティスに電話した。

だが時すでに遅くカーティスはロイに襲われ電池を奪われそうになっていた。

そこへオリバーたちが現れ、ロイを止めようとするがロイは電池を外に投げ待機していたドローンがそれを持ち帰ってしまう。

監視カメラで映像を見ていたフェリシティはロイの目に内蔵カメラがつけられていることに気がつきオリバーにある指示をする。

それを信じたオリバーは仲間の制止を振り切りロイの心臓を矢で貫いた。

しかしそれは麻酔矢であり、監視している人間に死を偽装するための物だった。

フェリシティはロイの目からコンタクト型の監視装置をとりだすとロイに薬をうって目を覚まさせた。

ロイは偽名で生活していたもののカルキュレーターという名乗る人物に正体がばれてばらされたくなければ指示に従えと言われたのだという。

映像も音もカルキュレーターに送信されているため、オリバーたちと知り合いだということがばれないように接触しなかったのだという。

フェリシティはロイにつけられていた監視装置から敵の正体を探ることに。

一方、オリバーは選挙参謀のアレックスに呼び出しを受けてしまいすぐに向かった。

なんと対抗馬が出てきたとのことで、相手の顔を見るとそれはダークの妻だった。

オリバーはアローとしてダークの妻に接触し、ダークに話があると言いある場所へ呼び出した。

ロイはテアに会いに行き2人は久々の再会を喜んでいた。

だがここでテアの容体が急変しラーズに刺された傷が浮かび上がってきたのである。

マルコムはテアに落ち着くよう言い、しばらくすると発作はおさまった。

テアを救いたい一心のオリバーだったがマルコムにテアの意思を尊重するべきだと言われてしまう。

それでもテアを救いたいオリバーはダークを呼び出した場所へ向かってしまう。

そのころ、フェリシティは例の装置の脆弱性を見つけて相手とコンタクトをとることに成功していた。

正体がばれないように声を変えてカリキュレーターの狙いを探るフェリシティ。

狙いはネットワークを破壊することではなく、作った爆弾でライフラインを破壊することだったのである。

フェリシティはウェブ・ニュークをどこに設置するかを必死につきとめようとするが妨害されてしまう。

ここでフェリシティはレイが破城槌というハッキングツールを作っていたことを思い出しすぐに会社に取りに行った。

フェリシティはそれを使ってカリキュレーターがフリント・ヒルという場所にウェブ・ニュークを仕掛けようとしていることをつきとめる。

フェリシティはオリバーにすぐに連絡を入れ現場へ向かうように指示した。

オリバーはダークを呼び出した場所へ来ていたのだが、マルコムの言葉を思い出しダークとは合わずにフリント・ヒルへ向かった。

フリント・ヒルではカリキュレーターが雇った軍人がウェブ・ニュークを設置していたのだが、ディグルとローレル、それに久々にコスチュームに身を包んだロイがやってきてそれを阻止しようと奮闘する。

だが敵の数が多すぎて敵に囲まれてしまうのだが、ここでオリバーがやってきてピンチを脱する。

ウェブ・ニュークを停止させるにはその場で爆発させるしかなく、それは手動でしかできないようにされていた。

オリバーは自分が残ると言ったが、ロイが自分の不始末であるため自分がやるといい、オリバーもその意思を尊重した。

ロイはウェブ・ニュークを爆発させるとなんとか無傷で脱出することに成功し、カリキュレーターの狙いを阻止することに成功したのである。

その後ロイはテアに街を去ることを告げ、愛していると言い街を離れた。

オリバーはマルコムのおかげでダークに頼らずテアの意思を尊重することができたと言い感謝の気持ちを伝え握手を交わした。

オリバーとマルコムはかつてないほど距離を縮めていた。

一方、フェリシティは会社の命運をかけたスピーチを行っていた。

新たに作った画期的な電池をPRし、それは無事に成功をおさめた。

そのスピーチを笑顔できくオリバーの隣にはなんとカリキュレーターの姿があった。

お互い顔を知らないためここでは何も起きなかったが、なんとカリキュレーターはフェリシティの父親だった。

その後、テアの容体が急変したという知らせを受けたオリバーはすぐに病院へ向かった。

テアの回復は絶望的だと聞かされるオリバーの前にナイッサが現れ、ラザラズ・ピットの副作用を抑えることができるロータスという薬があると語りかけてくる。

ナイッサはその薬を渡す条件はマルコムを殺すことだと言い放った。

ここから随所に出てくるオリバーの過去の回想
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
処刑は免れたオリバーだったがなぜ地図を探しに行ったのかを聞き出すために拷問されていた。

激しく拷問される中で突然矢が飛んできてライガーは殺されてしまう。

弓を射ったのはなんと死んだはずのシャドーだった。

シャドーは今見ているのは幻覚だと言い、オリバーは闇に囚われいていると切り出す。

シャドーは闇を追い越せばいいと言い、その方法をオリバーに教えた。

静かに瞑想する中でオリバーはシャドーから渡された石を手に握っており、ここで目が覚める。

どうやら激しい拷問と傷の影響で熱が出て夢を見ていたらしい。

オリバーはシャドーに教わった方法で闇を追い越すと決め、タイアナに弟を殺したのはコンクリンではなく自分だと真実を告げた。

オリバーの手にはシャドーに渡された石が握られていた。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

せっかくマルコムとオリバーの仲が良くなったのに、テアを助けるためにマルコムを殺せと言われてしまいましたね。

果たしてオリバーはどんな選択をするんでしょうかね。

それにしても最近は過去キャラが続々と登場してきますね。

ロイはいつか出てくると思っていましたけど位、まさかシャドーまででてくるとは。

タツも普通に出てきましたし、あとはスレイドぐらいですねw

オリバーがシャドーに渡された石はどこかで見覚えがあるような気もしますがどうでしたかね?

過去記事を見てみるしかなさそうですね。

以上がSeason4の第十二話『Unchained/ロータス』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.