海外ドラマ

海外ドラマ「ARROW/アロー Season4」第十三話『Sins of the Father/父親の罪』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「ARROW/アロー Season4」第十三話『Sins of the Father/父親の罪』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season4 登場人物/キャスト

オリバー・クイーン/アロー → スティーヴン・アメル
ダイナ・"ローレル"・ランス/ブラックキャナリー → ケイティ・キャシディ
テア・クイーン/スピーディ → ウィラ・ホランド
ウォルター・スティール → コリン・サーモン
ジョン・ディグル → デヴィッド・ラムゼイ
クエンティン・ランス警部 → ポール・ブラックソーン
フェリシティ・スモーク → エミリー・ベット・リカーズ
レイ・パーマー/ATOM → ブランドン・ラウス
ダミアン・ダーク → ニール・マクドノー

 

第十三話/エピソード13のあらすじ

オリバーは、ナイッサ・アル・グールから、とても断りにくい申し出を提案される。一方テアは、今も自分に襲いかかる〝血への欲望″と戦い続けている。マルコムは、娘を助けようと彼女に近づいていく。そんな中、ローレルは、ナイッサに本音で語りかけていた。(公式サイトより引用)

 

ARROW/アロー Season4動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason4の第十三話『Sins of the Father/父親の罪』のネタばれになりますので注意してください。

眠るテアの横で悲しむオリバーの元へナイッサが現れロータスならテアを助けることができるという。

ナイッサはそれを渡す条件としてマルコムを殺すことを提示してくるが、オリバーはリーグの問題に自分たちを巻き込むなというがナイッサは聞く耳を持たなかった。

アジトに戻ったオリバーはディグルとローレルにこの話をし、オリバーは誰も死なない手段をとりたいと言いローレルにナイッサの説得を、自分はマルコムの説得をすることで一同納得した。

ローレルはナイッサの元へ行き話をすると指輪が手に入るのならそれでもいいと理解を示す。

マルコムの元へ行ったオリバーはロータスという薬の話をマルコムにするが、それはリーグを手に入れるためのナイッサの嘘だと言い取引を拒否した。

一方、フェリシティの前に現れた父親のノアは自分がカリキュレーターでフェリシティが何をしているかもすべて知っていると口にする。

ノアは自分が家族の前から姿を消したのはあくまで家族のためだったと言い、自分が今まで何をしてきたのかを知ってもらうためにフェリシティにUSBを渡してきた。

マルコムに提案を断られたオリバーはアジトで仲間たちと話し、その中からマルコムを納得させるためのテストを行うことを思いつく。

オリバーはナイッサの元へ行きロータスが本物であることを確かめたいと言い、完治には足りないものの少量のサンプルを手に入れることをに成功する。

オリバーはマルコムを呼び出しロータスのサンプルをテアに投与した。

するとラーズにやられた傷口がふさがり体調が少し回復した。

それを見たマルコムは取引に応じると言いオリバーに約束の場所と時間を聞き出す。

ナイッサとマルコムを引き合わせて取引を行おうとしたオリバーたちだったが、なんとマルコムはテアの命よりもラーズの座を選んでしまう。

マルコムは力づくでロータスを奪おうとしナイッサに襲い掛かる。

ナイッサはその場から離脱し、追いかけようとうするマルコムをオリバーたちが引きとめる。

オリバーは交渉が決裂しても誰も死なない道を模索していた。

だが街ではナイッサとマルコムにより抗争が勃発しており、一般市民に被害が出始めていた。

そのころ、USBの中身を確認したフェリシティは父親を会社に呼んでいた。

フェリシティはオリバーが考えたことを自分で行おうと思い、父親を信じていると言い会社への情報アクセス権を与えたのである。

信じたい気持ちがあるフェリシティだったが、それはあっさりと裏切られることになる。

ノアが去った後会社には情報を抜き取るための装置が置かれていたのである。

街では抗争が続いており、オリバーたちも戦いを鎮圧するために戦いに参戦する。

ディグルは終わらせるためにはマルコムに勝てるオリバーが彼を殺すしかないと言った。

それでも死人を出したくないオリバーはナイッサと接触し、彼女に手助けすると隙をついて麻酔銃で撃ち彼女を捉えたのである。

ナイッサはアジトの檻の中に入れられロータスの隠し場所を聞き出そうとするが教えてもらえない。

テアにはもう時間が残されておらず、それを悟ったマルコムもテアの元へ来ていた。

オリバーはマルコムにそんな指輪なんかくれてやれというが、マルコムはリーグの力は絶大で数百年も密かに歴史の流れを操って来た力をナイッサに渡すことはできないと言われる。

オリバーがテアの命とどっが大切なのかときくと、マルコムはウィリアムの命がかかっていても街を犠牲にすることはできないだろう?それと同じだと言われる。

オリバーは「俺なら他の道を探す。習わしに則りナイッサに決闘を申し込め」と言い、マルコムは「彼女が死ぬことになるぞ」と言うがオリバーは「ナイッサの蒔いた種だ」と返した。

リーグの連絡手段であるのろしを上げてマルコムはナイッサに決闘を申し込み、それを見守るチームアロー。

オリバーはリーグの掟によれば自分はナイッサの夫であるため代わりに自分が戦うと言いだす。

これによりオリバーとマルコムの一騎打ちとなり、オリバーはマルコムをぼこぼこにする。

マルコムは死を覚悟するが、オリバーはマルコムが指輪をつけている手を切り落し指輪をナイッサに渡したのである。

ナイッサが指輪をはめるとリーグの人間はラーズ様と言いひざまづいた。

ロータスを手に入れたオリバーはすぐにテアに投与し、テアの症状は回復した。

その後オリバーとローレルはナイッサに呼ばれ、自分は父親にとらわれていたと言い、自分のなすべきことが分かったと話す。

そこへマルコムもきてナイッサは指輪をはずすと火の中に入れ溶かしてしまったのである。

ナイッサはリーグを解散したと話し、これからは好きに生きると話した。

マルコムはオリバーに「お前は息子同然だった…お前を殺さないのはこの借りを返し死よりつらい目に遭わせるためだ!」と言い去っていった。

その後マルコムはダークに接触し、オリバーにはウィリアムという息子がいると教えてしまうのだった。

一方、父親の本性が分かったフェリシティは父親を呼び出し、ランス警部につき出したのだった。

ここから随所に出てくるオリバーの過去の回想
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
ヴラドを自分で殺したことをタイアナに告げたオリバー。

タイアナは自分を助けてくれたオリバーへの感謝と憎しみで複雑な気持ちになっていた。

オリバーはタイアナにライターが欲しがっている物を自分が持っていると言い文字が書かれている石を見せた。

それを見たタイアナはオリバーから石を取り上げライターと交渉しようとするが石だけ奪われてしまう。

その後ライターは石のおかげで地図が完成したと言い、ほしかったものの場所が分かったと話す。

オリバーはライターの指示により穴を掘らされることになる。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

久しぶりにオリバーの強いところを見ることができましたね。

あんなに一方的になるとは思っていませんでした。

指輪を手に入れたナイッサもナイッサでリーグ解散してしまいましたし、指輪は溶かしてしまいましたしマルコムは激怒ぷんぷんでしたね。

ダークにウィリアムのことをちくっていたので今度は息子が狙われることになるんでしょうね。

まあなんにせよテアが無事に回復して良かったです。

これでテアが死ぬ線は消えたでしょう。

残ったのはディグルかローレルですが、ディグルは考えにくいのでおそらくあの墓はローレルの物でしょうね。

続きが楽しみです。

以上がSeason4の第十三話『Sins of the Father/父親の罪』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.