海外ドラマ

海外ドラマ「ARROW/アロー Season3」第二話『Sara/サラ』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「ARROW/アロー Season3」第二話『Sara/サラ』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season3 登場人物/キャスト

オリバー・クイーン/アロー → スティーヴン・アメル
ダイナ・"ローレル"・ランス → ケイティ・キャシディ
テア・クイーン → ウィラ・ホランド
モイラ・クイーン → スザンナ・トンプソン
ウォルター・スティール → コリン・サーモン
ジョン・ディグル → デヴィッド・ラムゼイ
クエンティン・ランス警部 → ポール・ブラックソーン
フェリシティ・スモーク → エミリー・ベット・リカーズ
ロイ・ハーパー → コルトン・ヘインズ
スレイド・ウィルソン → マヌー・ベネット

 

第二話/エピソード2のあらすじ

ランスがアローを呼ぶ。街にもう一人の射手が現れビジネスマンを襲い始めたからだ。射手の名はサイモン・ラクロア。 “コモド”というコードネームで呼ばれている。そして、彼を捕らえようと奮闘するチームは、意外な人物に助けられる。一方オリバーは、テアがスターリング・シティを出た理由をロイから問いただし、レイ・パーマーはフェリシティを追跡する。そんな中、アマンダ・ウォラーの命令で、マセオ・ヤマシロという男がオリバーの親友トミーを殺した時の映像が蘇る。ローレルは、妹サラの秘密を口外すべきか迷う。(公式サイトより引用)

 

ARROW/アロー Season3動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason3の第二話『Sara/サラ』のネタばれになりますので注意してください。

何者かに射殺されたサラ。

ローレルはサラの亡骸をどうしていいかわからずオリバーたちのアジトへと運んだ。

帰ってきたオリバーたちは殺されたサラを見て驚愕し、悲しみに暮れた。

arrow-s3e2-Sara-dead-base

オリバーたちはどんな手を使っても犯人を捕らえることを決意する。

一方、ランス警部の元にも弓使いの殺し屋がやってきたという情報が入りオリバーにそのことを伝える。

オリバーは手掛かりを得るために現場へと足を運ぶ。

vlcsnap-00155

オリバーは今回のことを一人で抱え込むつもりだったが、そこへディグルがやってきてサラは家族だったと言い自分も力になるとオリバーを励ます。

オリバーはディグルにアーガスのデータベースから弓を使う暗殺者のことを調べるよう指示した。

そのころ、弓使いの殺し屋は別のターゲットを狙い手際よく殺しを終わらせていた。

フェリシティはその建物の監視カメラの映像からヤクの売人ケルソがいたことを突き止めた。

オリバーはすぐに男に話を聞きに向かった。

オリバーの脅しにより暗殺者は仮面をつけていることが判明した。

オリバーがそのことをディグルに伝えると、アーガスのデータベースに乗っている弓を使う暗殺者で仮面をしているのは一人しかいなかった。

その男はサイモン・ラクロワといい通称コモドと呼ばれていた。

暗殺者の正体がわかるとフェリシティはラクロワの携帯のGPSをハッキング。

居場所を特定しすぐにオリバーがそこへ向かった。

この時ラクロワはケルソという売人を狙っていたがギリギリのところでオリバーが駆け付ける。

オリバーとラクロワは一対一の戦いとなるがオリバーは矢で射られラクロワには逃げられてしまう。

1040477

オリバーがアジトに戻るとローレルは自分でも情報を集めると出て行ってしまう。

またこの時クイーン社の新たな取締役であるレイ・パーマーからフェリシティに連絡が入る。

レイはフェリシティがアルバイトしている店の新たなオーナーとなっており、フェリシティを本社で雇いたいと持ちかけてくる。

サラの死で他のことに気を回す余裕のないフェリシティは話を断りその場を後にした。

一方、ローレルはランス警部の名前を利用しラクロワに襲われたケルソに面会しに向かった。

ラクロワに狙われている理由を聞き出すためである。

少々荒っぽい方法になったがローレルはケルソら被害者がアメルテク社のパイプライン建設の極秘取引に関わっていたことを突き止める。

ケルソはこの話をした直後窓からラクロワに弓で射殺されてしまう。

Arrow_3x02_Extended_Promo_-Sara-_(HD)_Season_3_Episode_2-0

ローレルがつかんだ情報をもとにフェリシティが他にもかかわった人間がいないかを調べた。

すると3人の被害者に裏金を払っている人物を発見する。

男の名はウェストンと言い、その日クイーン社で行われる発起会に出席することになっていた。

オリバーはすぐに現場へと向かった。

ローレルも銃を持ってついてこようとするがオリバーはそれを許さなかった。

クイーン社でレイ・パーマーの演説が行われる中、ラクロワがウェストンを狙って現れる。

Komodo

そこへオリバーとロイも駆け付け激しい争いとなる。

途中逃げたラクロワをオリバーが追っていき、とうとう追い詰めることに成功する。

するとそこへ銃を持ったローレルもやってくる。

オリバーは復讐しても何の解決にもならないとローレルを諌めるがローレルは引き金を引いてしまう。

Arrow_3_2_5

だが銃に弾は入っていなかった。

それだけではなくサラを殺したのはラクロワではなかった。

その後ラクロワのアリバイもわかり、サラを殺した犯人の手掛かりは無くなってしまう。

オリバーたちは冷凍庫に保管していたサラの死体を6年前の事故で立てられたサラの墓へと埋葬した。

arrow-s3e2-Sara-funeral-burial

誰にも知られず葬られていくサラの死体をみて嘆くローレル。

ディグルはローレルに慰めにもならないが娘の名前はサラにしたと告げ、それを聞いたローレルはディグルに感謝の意を伝えた。

ローレルはサラが死んだことを父親に告げようとするが結局言えなかった。

その後オリバーが何度電話しても出てくれないテアのことをオリバーはただ旅行に言っているものだと思っていたが、ロイによりそれは違うことが判明する。

これによってオリバーはテアのことを本腰を入れて探し始めることに。

そのころテアはマーリンの屋敷で別人のように鍛え上げられていた。

更にテアはマーリンのことをパパと呼ぶまでになっていたのである。

critiques-arrow-saison-3-episode-2-sara-L-VK4C6d

ここから随所に出てくるオリバーの過去の回想
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
アマンダのもとで働くことを受け入れたオリバー。

最初に与えられた仕事はライフルによる暗殺だった。

だがその相手は親友であるトミーだった。

1413784340660

トミーはオリバーのメールアカウントにログインがあった形跡を発見し、オリバーを探しに香港まで来ていたのである。

それを知ったアマンダが暗殺を命じたのである。

オリバーを見つけられては困るからである。

しかしオリバーにトミーを殺せるはずもない。

そんなオリバーにマセオは一つの提案をしオリバーはそれを実行することに。

それはトミーを拉致し、オリバーのアカウントにログインしたのはハッキングによるもので身代金のため家族を引き寄せるためだと思いこませることだった。

arrow-season-3-episode-2-hong-kong

トミーを拉致したオリバーは計画通りに話しをして、タイミングを見計らって警察に扮したマセオがトミーを助けにやってきた。

これでトミーはこれ以上オリバーを探すことはないだろう。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

以上がSeason3の第二話『Sara/サラ』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.