海外ドラマ

海外ドラマ「The Musketeers/マスケティアーズ 三銃士 シーズン2」第三話『The Good Traitor/誇り高き反逆者』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「The Musketeers/マスケティアーズ 三銃士 シーズン2」第三話『The Good Traitor/誇り高き反逆者』を見ての評価と感想を書いています。

日本では2016年の4月から「マスケティアーズ パリの四銃士」というタイトルでNHKで放送されています。

ちなみに私が見ているのもNHKで放送されているものです。

マスケティアーズ パリの四銃士では1話~10話までがSeason1で11話~20話までがSeason2となっています。

第三話の日本語でのタイトルは「誇り高き反逆者」となっていますが、NHK版では「正義の反逆者」となっています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season2 登場人物/キャスト

ダルタニアン → ルーク・パスカリーノ
アトス → トム・バーク
アラミス → サンティアゴ・カブレラ
ポルトス → ハワード・チャールズ
トレヴィル → ヒューゴ・スピアー
ミレディ → メイミー・マッコイ
コンスタンス → タムラ・カリ
ルイ13世 → ライアン・ゲイジ
アンヌ王妃 → アレクサンドラ・ダウリング
ロシュフォール伯爵 → マーク・ウォーレン

 

第三話/エピソード3のあらすじ

スペインの元将軍タリク・アラマン(コリン・サーモン)が独自に開発した火薬の製法と引き換えに、誘拐された娘の救出を頼みに来た。引き受けた銃士隊は、政治の駆け引きに巻き込まれていく。(NHK Onlineより引用)

 

The Musketeers/マスケティアーズ 三銃士 Season2動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason2の第三話『The Good Traitor/誇り高き反逆者』のネタばれになりますので注意してください。

スペインの元将軍タリク・アラマンが現れトレヴィル隊長にナイフを突き付ける。

a-plan-gone-wrong-the-musketeers-s2e3

どうやら切羽詰まった状況のようで銃士たちは話を聞くことに。

タリクは祖国を追われ逃亡してきたのだという。

タリクはある火薬の製造方法を手土産として持ってきたため国王に合わせてほしいと言ってくる。

翌朝、タリクは少量の火薬を使い銅像をぶっ飛ばし、国王の眠気も吹き飛ばす。

musketeers_2-3

タリクは火薬の製法を教えてもいいがそのかわりにパリにとらわれている娘のサマラを助けてほしいと持ちかける。

サマラはタリクと一緒に逃げてきたのだが途中で囚われてしまったのだという。

スペイン軍時代の副官バルタサール将軍がからんでいるはずだと言い、アトス達はスペイン大使を呼び出す。

the-musketeers-season-2-episode-3-6-34e1

スペインの大使もこの騒動に関与していたのだが、関わりを否定しバルタサール将軍に話を聞いてみるという。

すると火薬の製法を記した暗号所を読み解くためのサイファーと引き換えに娘を渡すと言ってくる。

取引に応じたタリクは翌日、人通りの多い市場で取引を行うことに。

そのころ、王宮では王太子の容体が悪く医者が呼ばれていた。

医者が微量の金属が溶けた水を飲ませてみると提示すると、コンスタンスはまだ離乳もできていないのに受け付けないのではと不安をあらわにする。

コンスタンスの予想通り医者の治療は全く効果を見せず、残された手段は蛭による採血だけだという。

容体の良くならない王太子を案じたコンスタンスは独断で王太子を王宮から連れ出し、場末の蒸気がみちた洗濯場へ連れて行った。

the-musketeers-season-2-episode-3-the-musketeers-bbc-38038006-500-301

王宮では王太子がいなくなったことで大騒ぎし、親衛隊による捜索が行われることに。

不安をあらわにする王妃をロシュフォールが慰める。

そのころ、国王のもとにはミレディがやってきていた。

ミレディはまんまと王との夕食にこぎつけ、持っていた指輪を返すという誠実さを見せる。

王はだんだん魅かれていき、ついにはテーブルの下に隠れてミレディと本番を始めてしまう。

7697400-low_res

翌朝、王妃が王太子がいなくなったことを報告に来て気まずい雰囲気になる。

一方、市場ではタリクとバルタサール将軍の取引が行われるもサイファーは偽物だったため銃撃戦が始まってしまう。

サマラは連れて行かれ、更に負傷したポルトスも一緒に連れ去られてしまう。

王宮に戻ったアトス達はサイファーが偽物だったことをタリクに問いただすと、本物はサマラが持っていたため苦肉の策だったという。

タリクは娘を見つけてくれたらサイファーも火薬もすべて渡すといい、再度銃士たちに協力を頼む。

the-musketeers-season-2-episode-3-4-b1b3

銃士たちは話し合いの末、サマラを取り戻す材料となるのはタリク自身しかないと言い、タリクとサマラの交換を行うことに。

銃士隊はバルタサール将軍にタリクを差し出し、連れて行かれるタリクをダルタニアンに追わせ、アジトを突き止める。

銃士隊がアジトに突入しようとするとバルタサール将軍の部下が出てきて止められる。

そのころ中ではバルタサール将軍がタリクからサイファーのありかを聞き出そうとしていた。

娘を人質に取られているタリクは娘が持っている本の中に隠してあると教えてしまう。

サイファーを手に入れたバルタサール将軍だったが、ここでポルトスが反撃に出て争いが始める。

銃声を聞いた銃士隊は迷わず突入していく。

7697374-high-_full

サマラとポルトスを救った銃士隊だったが、タリクは持っていた火薬でバルタサール将軍もろとも吹き飛ばされてしまう。

結局サイファーも失ってしまい、サマラは父親を失った結果となってしまった。

サマラはムーア人の祖国だというモロッコに旅立って行った。

screen-shot-2015-01-17-at-19-59-281

一方、王太子をつれて洗濯場へ行ったコンスタンスは翌朝連れ戻されてしまう。

国王と王妃は王太子を連れ去った反逆罪としてコンスタンスをつるし首の刑を言い渡されてしまう。

だが王宮に来ていた医者が王太子が良くなったのはコンスタンスのおかげだと言いつるし首は免れたのだった。

-------------------------------------------------------------------------------------------

ここには書いていませんが、ロシュフォールは王妃にぞっこんであり、それがこじれにこじれて王妃のコスプレプレイを楽しむまでになっていました。

正直かなりキモかったですねw

今回火薬を手に入れることができなくて国王の銃士隊への信用は益々落ちてしまうことに。

前回引き続き国王が腹たちましたね。

コンスタンスのこともつるしクビにしようとしましたけど、あの医者がいいやつでよかったです。

こんなことがあったらコンスタンスも王宮勤めをやめたくなると思いますけどね。

国王は国王でミレディと寝ちゃいましたし。

これは内部から崩壊する日も遠くないですね。

以上がSeason2の第三話『The Good Traitor/誇り高き反逆者』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.