海外ドラマ

海外ドラマ「The Musketeers/マスケティアーズ 三銃士 シーズン2」第二話『An Ordinary Man/庶民の生活』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「The Musketeers/マスケティアーズ 三銃士 シーズン2」第二話『An Ordinary Man/庶民の生活』を見ての評価と感想を書いています。

日本では2016年の4月から「マスケティアーズ パリの四銃士」というタイトルでNHKで放送されています。

ちなみに私が見ているのもNHKで放送されているものです。

マスケティアーズ パリの四銃士では1話~10話までがSeason1で11話~20話までがSeason2となっています。

第二話の日本語でのタイトルは「庶民の生活」となっていますが、NHK版では「庶民になった国王」となっています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season2 登場人物/キャスト

ダルタニアン → ルーク・パスカリーノ
アトス → トム・バーク
アラミス → サンティアゴ・カブレラ
ポルトス → ハワード・チャールズ
トレヴィル → ヒューゴ・スピアー
ミレディ → メイミー・マッコイ
コンスタンス → タムラ・カリ
ルイ13世 → ライアン・ゲイジ
アンヌ王妃 → アレクサンドラ・ダウリング
ロシュフォール伯爵 → マーク・ウォーレン

 

第二話/エピソード2のあらすじ

ルイ王は気楽な庶民の生活を経験したいと主張。楽しい夜を過ごすはずが、犯罪組織に平民と間違えられ、ダルタニアンと共に捕えられる。組織は拉致した人々をスペインへ奴隷として売っていた。(NHK Onlineより引用)

 

The Musketeers/マスケティアーズ 三銃士 Season2動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason2の第二話『An Ordinary Man/庶民の生活』のネタばれになりますので注意してください。

国王であるルイ13世は庶民の生活を味わうために銃士隊を引き連れて俗世を満喫するために酒場に来ていた。

the-musketeers-an-ordinary-man-an-ordinary-man-29419-review-cover

だがそこで些細なことから騒ぎになりダルタニアンは国王を連れて酒場の裏口から避難した。

そこへ複数の男たちが現れダルタニアンと国王は連れ去られてしまう。

一方、一人警護から外れていたアラミスは自分の子供である王太子の様子を見るために教育係に近づいていた。

アラミスはキスをしながらも王太子のことが気になり上の空で、教育係に自分と応対しどっちが目当てできているのかと冗談交じりに言われ内心はっとしていた。

その後アラミスはアトス達と合流し、王とダルタニアンが消えてしまったときかされる。

念のため遺体安置所を訪れたアトス達はそこで主人が行方不明になったという一人の婦人に出会う。

幸いにも遺体の中には王とダルタニアンの姿はなかった。

an-ordinary-man-the-musketeers-recap-52076-2

アトス達は2人が行方不明になった酒場の店主を脅し2人に何があったのかを吐かせた。

店主は2人はさらわれたと話すもそれがだれかは知らないと言った。

するとここでアトス達が過去に起こった事件でセバスチャン・ルメートルという男がフランス人をスペインに奴隷として売っていたというものを思い出した。

セバスチャン・ルメートルには兄がおり、鍛冶職人であることを思い出した3人はすぐにそこへ向かった。

兄のブルーノを脅すとセバスチャンは賄賂を渡すことによって移送する船から脱走することに成功しており、再び奴隷商売を始めたのだという。

アトス達は船で奴隷を運ぶことに目をつけて、スペイン船の発着時間を調べることに。

王宮でも国王が連れ去られたという知らせが入っていた。

王妃は信頼しているロシュフォールに意見を求め、それに従ってしまう。

そのころ、連れ去られた国王とダルタニアンは枷をつけられ船まで歩かされていた。

2-2-3

その中には遺体安置所で主人を探していた女性の夫の姿もあった。

しばらく進むとセバスチャンは集めた人間から金品をはぎ取った。

それらを自分のテントに持ち帰るとそこにはパリを追われたミレディの姿が。

ミレディは巻き上げられた指輪を見てその中に国王がいることに気が付く。

セバスチャンは高価なものを身につけている物は身分が高いもので、このまま連れて行くと後々面倒になると言い殺そうとするがそれをミレディが止める。

the-musketeers-an-ordinary-man

そしてその夜、ミレディは野営地から国王とダルタニアンを逃がしてくれた。

7530561-high

その後、ミレディも保身のために金品を持って逃げる準備を始める。

2人の行方を探っていたアトス達はスペイン船の発着時間を調べ、2人がいなくなった場所から近いところにある港に目をつけそこを探し始める。

すると船が出るのは翌朝だと言われ、夜が明けるまでどこかに野営していると考えられた。

アトス達は近くで野営できそうな場所を探すことに。

一方、王宮にいるロシュフォールはスペイン大使と密会し、国王がさらわれたことを話した。

すると大使はこの機会に国王を亡き者にしようとたくらむ。

大使は酒場の店主であるガスの元へ行き、今回の騒動が明るみになればつるしクビになると脅し、助かりたければセバスチャンもろとも殺して来いと指示する。

ロシュフォールは大使の言葉を聞いて、国王がなきものになった時のために王妃にスペインの弟へ向けた書状を書かせることに。

an-ordinary-man-the-musketeers-recap-52076-7

その内容はスペインを後ろ盾として守ってもらうというものだった。

侍女としてその場にいたコンスタンスはダルタニアンが絶対に連れ戻すと言ったが王妃は不安にかられ書状を書いてしまう。

ミレディに助けられ逃げ出したダルタニアンと国王だったがすぐに追手に見つかり連れ戻されてしまう。

するとほどなくしてガスが兵を引き連れてやってきてしまう。

混乱に乗じてダルタニアンは武器を奪い国王を連れて逃げようとするが、そこでこれまで協力してくれていた例の夫であるぺパンが殺されてしまう。

ぺパンを見捨てて逃げるしかないダルタニアン達の前に再びミレディが姿を現す。

ミレディはセバスチャンを裏切って殺しており、国王に取り入るために再びやってきたのである。

3人が馬で逃げているとそこでようやくアトス達と合流することに成功する。

国王は自分を助けてくれたミレディに恩赦をあえてしまい、反対する銃士たちの意見は聞き入れられなかった。

そこへダルタニアン達の後を追ってガスやがってくる。

ダルタニアンはぺパンの敵だと言い自ら手を下す。

snapshot-12-11-01-2015-4-26-p-m

王宮では王太子の洗礼式が行われようとしており、遅れながらも国王が姿を現す。

式が終わった後、国王は銃士隊を呼び出しダルタニアンに褒美を与えると言いながら、恩赦を与えると言って協力させていたブルーノに死刑を言い渡し、ダルタニアンに処刑するよう命じる。

だがダルタニアンは処刑を拒否し、結局ブルーノはロシュフォールの手で処刑されることに。

国王は自分を危険な目に合わせた挙句命令もきかない銃士隊に文句を言って去って行った。

その後ダルタニアン達はぺパン夫人の元へ行き、自分たちで出したお金を国王からと言って餞別として渡したのであった。

an-ordinary-man-the-musketeers-recap-52076-9

-------------------------------------------------------------------------------------------

今回の国王の横柄ぶりといったら非常に腹が立ちましたね。

自業自得だったのに結局すべて銃士隊のせいにして、王妃までもがトレヴィル隊長を責める始末。

その横で着々と王と王妃の信頼を勝ち得ていくロシュフォール。

これは王宮がやられるのも時間の問題ですね。

それにしてもミレディはしれ~と登場しましたね。

王に取り入ろうとしていましたし、ミレディが復活するのも早いかもしれませんね。

枢機卿の後はロシュフォールにつくのかな?

以上がSeason2の第二話『An Ordinary Man/庶民の生活』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.