海外ドラマ

海外ドラマ「The Musketeers/マスケティアーズ 三銃士 シーズン2」第一話『Keep Your Friends Close/新たな宿敵』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「The Musketeers/マスケティアーズ 三銃士 シーズン2」第一話『Keep Your Friends Close/新たな宿敵』を見ての評価と感想を書いています。

日本では2016年の4月から「マスケティアーズ パリの四銃士」というタイトルでNHKで放送されています。

ちなみに私が見ているのもNHKで放送されているものです。

マスケティアーズ パリの四銃士では1話~10話までがSeason1で11話~20話までがSeason2となっています。

第一話の日本語でのタイトルは「新たな宿敵」となっていますが、NHK版では「危険な男」となっています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season2 登場人物/キャスト

ダルタニアン → ルーク・パスカリーノ
アトス → トム・バーク
アラミス → サンティアゴ・カブレラ
ポルトス → ハワード・チャールズ
トレヴィル → ヒューゴ・スピアー
ミレディ → メイミー・マッコイ
コンスタンス → タムラ・カリ
ルイ13世 → ライアン・ゲイジ
アンヌ王妃 → アレクサンドラ・ダウリング
ロシュフォール伯爵 → マーク・ウォーレン

 

第一話/エピソード1のあらすじ

銃士隊はある男を連れ戻す任務を命じられるが、その相手はリシュリュー枢機卿のスパイとしてマドリードに派遣されていたロシュフォール伯爵(マーク・ウォーレン)だった。リシュリュー枢機卿が死んだことを伝えると王に情報があると主張し、銃士がスペイン側と戦っている間に脱走する。 (NHK Onlineより引用)

 

The Musketeers/マスケティアーズ 三銃士 Season1動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason2の第一話『Keep Your Friends Close/新たな宿敵』のネタばれになりますので注意してください。

パリの王宮ではリシュリー枢機卿の葬儀が行われていた。

1446177_1420286988543_full

激務で心臓を悪くしなくなってしまったらしい。

その一方でついに王妃が子供を出産していた。

子供は男の子で国王は後継ぎだと言い喜んだが、その子供の実の父親がアラミスであることは秘密にされていた。

dauphin

そのころ、アトス達銃士隊はトレヴィル隊長の命令である宿屋に向かっていた。

そこであるものと落ち合うよう言いわれていたのだが、それが誰なのかは聞かされていなかった。

宿屋に向かう途中、アトス達は民衆が一人の男を処刑しようとしているところに出くわす。

hbztjnzu-9ff4f73899ddfc835197c11c2a0508df

アトス達が銃士隊の権限で処刑をやめさせると、処刑されそうになっていた男はロシュフォール伯爵という顔なじみだった。

その男は枢機卿の側近としてスペインに潜入していたのだが、宿屋で人を殺したという理由で処刑されそうになっていたのである。

アトスはスペインの牢獄にいるはずのロシュフォールになぜ脱獄できたのかと問うと、移送中に隙を見て逃げ出したと語った。

枢機卿の側近であるため助ける義理もないアトス達はそのまま立ち去ろうとするが、ロシュフォールは宿屋で待ち合わせるはずだったのは自分だと教える。

アトスは民衆にロシュフォールを引き渡すよう言ったが聞き入れられず争いになってしまう。

ロシュフォールはそのすきにアトスの馬を奪って逃走するがすぐに追いつき捕らえることに成功する。

7566901-high

ロシュフォールは自分を拘束するアトス達に枢機卿が黙っていないと言ったが、枢機卿はすでに死んでいた。

それを聞いたロシュフォールは王に話したいことがあると言いだす。

一方、王宮では枢機卿を失って国王の顧問会議が混乱を起こしていた。

国王は信頼できる人間としてトレヴィルに枢機卿の後釜を打診するが、政治が苦手なトレヴィルはその申し出を断ってしまう。

これに国王は憤慨し2度とトレヴィルには頼まないと言いその場を去ってしまう。

その後トレヴィルの元に銃士隊が戻ってきてロシュフォールが連れてこられる。

ロシュフォールは国王に直接言いたいことがあると言ったが、トレヴィルは内容を確認しなければ合わせることはできないと言った。

するとロシュフォールはスペインの牢獄にフォア将軍が詰まっていると話した。

フォア将軍はスペインに対する軍事戦略を練り上げた人物でいろいろな情報を持っていた。

それがスペインに知られるとフランスは窮地に陥ってしまうため、すぐに救出する必要があった。

ロシュフォールはこのことを国王に伝え、すぐに救出するよう命じられる。

ただロシュフォールはスペインの牢獄から脱獄してきているため、スペイン大使のドン・フェルナンド・ペラレスが黙っていなかった。

大使はロシュフォールの身柄の引き渡しを要求するが拒否されてしまい、更にロシュフォールに殴られてしまう。

2-01-keep-your-friends-close-stills-dartagnan-the-musketeers-39198560-500-314

だがこの時のロシュフォールの行動は演技でアリ、その後ロシュフォールと大使は密会していた。

その話によるとロシュフォールは脱獄したのではなくスペインに忠誠を誓う代わりにパリにスパイとして送り込まれたのだった。

ロシュフォールの計画は国王の信頼を得て枢機卿の後釜に座ることであり、国王の信頼を得ている銃士隊のアトス、アラミス、ポルトス、ダルタニアンを殺すことだった。

ロシュフォールは表向きは銃士隊と協力してフォア将軍を助け出す作戦を立てる。

牢獄の近くまでやってくると、アトスはダルタニアンに先に潜入しておくよう命じる。

ダルタニアンが離れた後、アトス達はロシュフォールの作戦で待ち伏せていた敵に襲われる。

なんとか犠牲を出さずに敵をせん滅したアトス達は、見張りに怪しまれないように敵の服を着て牢獄に入ることに。

先に潜入したダルタニアンはフォア将軍が捕まっている場所に潜入することに成功する。

2-1-5

するとそこにはフォア将軍の妹を名乗るリュシーがいた。

ダルタニアンはリュシーの案内で将軍のもとまで行き、そこにいたアルバレス所長を人質にとりアトス達が来るのを待つことに。

そのころ王宮では国王にコンスタンスら夫婦が呼び出されていた。

夫は意気揚々と王宮に入って行ったのだが、現れたのは国王ではなく王妃だった。

2人を呼んだのは国王ではなくアンヌ王妃であり、更に用があったのは夫ではなくコンスタンスの方だったのである。

王妃はコンスタンスに信頼できる人間を探しているとダルタニアンからコンスタンスのことを聞いたため世話人として王宮に入ってほしいと頼んだ。

断る理由のないコンスタンスは王宮勤めになる。

一方、アトスを待つダルタニアン達だったが見張りの方が早く来てしまう。

そうなればフォア将軍の救出は困難になるため、ダルタニアンは命令通りフォア将軍を殺そうとする。

当然リュシーは止めようとするが、ギリギリのところでアトス達がやってくる。

アトス達は急いで逃げようとするが、ロシュフォールの命令で待ち伏せていた兵たちに攻撃を受ける。

裏道から脱出したアトス達はロープーウェイを使って一人ずつ崖を渡り敵から逃げた。

この時フォア将軍が銃弾を浴びてしまい重傷を負ってしまう。

なんとかフランスまで逃げることに成功したアトス達。

ただロシュフォールは人質にとっているアルバレス所長に計画と違うと文句を言われていた。

ロシュフォールは自分がスパイだと怪しまれないためにアルバレスを射殺した。

パリにもどるとフォア将軍は治療のため隊舎で休むことに。

keep-your-friends-closer-the-musketeers-series-2-premiere-52004-9-34463

フォア将軍とトレヴィル隊長は軍事学校からの知り合いで旧知の仲だった。

フォア将軍とトレヴィルにはどうやらベルガールという親友がいたようだ。

フォア将軍はポルトスがベルガールの息子であると気が付き、そのことをトレヴィルに確認した。

フォア将軍はポルトスの父親がベルガールであることを話すべきだと言ったが、トレヴィルは今さらむしかえす必要はないと拒否した。

王宮ではロシュフォールが国王に呼ばれ、枢機卿の後釜に据えられていた。

ロシュフォールは大使と再び密会し、アルバレスの死は自分の正体を知る者を減らすためだったと説明。

ロシュフォールは王妃と旧知の仲であるため、国王と王妃の仲を裂いて内部から崩壊させるという計画を立てていた。

一方、アラミスはアラール神父に枢機卿から伝言があると言われ呼び出される。

気になったアトスも付いて行くと、神父にアデル・ベセットの墓を見せられる。

1

アラール神父はアデルがアラミスを選んだせいで枢機卿に殺されたと伝える。

更に神父は枢機卿がアラミスの罪を墓の中から暴くと警告。

アトスは王妃と王太子を守るために、金輪際2人に近づかないようにしたほうがいいとアドバイスするのだった。

-------------------------------------------------------------------------------------------

枢機卿がいきなり死んでてちょっと笑えましたw

あくどい枢機卿でしたが、いなくなったらなったで困る人物だったんですね。

後釜にはスペインに忠誠を誓ったスパイのロシュフォールがはいっちゃいましたし。

ロシュフォールは国王と王妃の仲を裂くと言っていましたけど、アラミスとのことを知っているんですかね?

まあ何にしてもこれから王宮内部が混乱するのは確実ですね。

ここでポルトスの過去についての会話がありましたね。

父親がどんな人物だったのかが気になります。

神父に墓を見せられたアデルはシーズン1の第1話に出てきた枢機卿の愛人だった女性です。

あの場で殺されていたんですけどそれが今になって伝えられましたね。

これからのことにあまり関係無いように思えますが、これが何かの伏線になるんですかね?

シーズン2のこれからも楽しみです。

以上がSeason2の第一話『Keep Your Friends Close/新たな宿敵』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.