海外ドラマ

海外ドラマ「The Musketeers/マスケティアーズ 三銃士」第十話『Musketeers Don't Die Easily/手ごわい銃士』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「The Musketeers/マスケティアーズ 三銃士」第十話『Musketeers Don’t Die Easily/手ごわい銃士』を見ての評価と感想を書いています。

日本では2016年の4月から「マスケティアーズ パリの四銃士」というタイトルでNHKで放送されています。

ちなみに私が見ているのもNHKで放送されているものです。

マスケティアーズ パリの四銃士では1話~10話までがSeason1で11話~20話までがSeason2となっています。

第十話の日本語でのタイトルは「手ごわい銃士」となっていますが、NHK版では「皆は一人のために」となっています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season1 登場人物/キャスト

ダルタニアン → ルーク・パスカリーノ
アトス → トム・バーク
アラミス → サンティアゴ・カブレラ
ポルトス → ハワード・チャールズ
トレヴィル → ヒューゴ・スピアー
リシュリュー枢機卿 → ピーター・カパルディ
ミレディ → メイミー・マッコイ
コンスタンス → タムラ・カリ
ルイ13世 → ライアン・ゲイジ
アンヌ王妃 → アレクサンドラ・ダウリング

 

第十話/エピソード10のあらすじ

酔ったアトスがミレディを殺そうとし、止めに入ったダルタニアンが撃たれてしまう。その一件で銃士の間に思いがけぬ亀裂が入り、分裂の危機に。枢機卿は王妃暗殺計画を指揮したことを銃士たちに暴かれるのを恐れ、ミレディにどんな手段を使っても彼らを殺すよう命じる。 (NHK Onlineより引用)

 

The Musketeers/マスケティアーズ 三銃士 Season1動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason1の第十話『Musketeers Don’t Die Easily/手ごわい銃士』のネタばれになりますので注意してください。

ある夜、酒に酔ったアトスがミレディを見つけ銃を突きつける。

tumblr_n2wzlwawth1rowt0ho6_1280

それを聞いたダルタニアン達はすぐにアトスの元へ行くが、ここでダルタニアンとミレディが知り合いだったことが周りに知られてしまう。

ミレディをかばおうとするダルタニアンはアトスのすきをついて銃を取り上げようとうするがアトスにお腹を撃たれてしまう。

この騒動により結局ミレディは解放されたが、ダルタニアンはアトス達から軽蔑の目で見られるようになる。

一方、枢機卿は王妃暗殺を謀った犯人としてメレンドルフ伯爵をすぐにでも処刑したいと考えていたが、無実を訴えるメレンドルフ伯爵を鑑みて国王は真相を究明するまでは処刑は行わないと公言した。

このままではいつ自分のやったことがばれるか気が気でない枢機卿はミレディに真実を知っている銃士を殺すよう命じる。

アトスに撃たれたダルタニアンはミレディの家で介抱されていた。

するとそこへトレヴィル隊長がやってきて、ダルタニアンに除隊を求めてくる。

the-musketeers-season-1-episode-10-9-2f5d

アトスは銃士隊にとってなくてはならない男であり、混乱を収拾するにはダルタニアンがやめる以外なかったからである。

断固反発するダルタニアンにミレディはアトスを殺す計画を持ちかける。

ダルタニアンは枢機卿に保護してもらうことを条件にアトスを殺すことを承諾する。

the-musketeers-season-1-episode-10-5-1098

その後ダルタニアンは一人で銃士隊に戻ってくるが、当然アトス達との関係は悪いままである。

その場騒ぎが起きることを案じたトレヴィルは自分の部屋で話し合おうと4人を部屋に入れた。

だがここでこれまでの全ての行動がミレディをだます芝居であったことが明らかとなる。

彼らの目的はミレディをだまし、王妃暗殺の黒幕が枢機卿であることを明らかにすることだった。

次なる一手としてダルタニアンはアトスを殺すことを持ちかける。

一方、銃士たちを確実に始末するためにミレディはかつて泥棒のころに世話をしてくれていたサラザンに協力を要請する。

16764841001_3731913652001_musketeers-ep10-finale-webteam-h264-widescreen-1920x1080_1920x1080_537819715616

サラザンはミレディが自分の元へ戻ってくることを条件に手を貸すことに。

そしていよいよダルタニアン達の作戦が決行に移された。

ダルタニアンは決闘と称してアトスと戦い銃でアトスを撃ち抜いた。

実際には当たっていないのだが、すぐにポルトス達が駆け寄り豚の血をかけてアトスの死を偽造した。

landscape_uktv-the-musketeers-s01e10-still-05

ダルタニアンはすぐにその場から避難するも、この時ミレディは保険としてコンスタンスを人質にとっていた。

アトスの死をミレディは複雑な気持ちで捕らえていた。

ダルタニアンはミレディを介してすぐに枢機卿の元へ足を運んだ。

ダルタニアンは枢機卿に自分の身の安全と親衛隊への入隊を希望するが、枢機卿はダルタニアンにはもう利用価値がないといい切り捨てようとする。

ダルタニアンはミレディを人質にとり、トレヴィルは枢機卿が王妃暗殺の黒幕だとわかる書類を持っている、もし条件を飲めばそれを手に入れると持ちかける。

枢機卿がどうやって手に入れるのかと聞くと、ダルタニアンは復讐に燃えているアラミス達に書類を持ってこさせて自分の身柄と交換すればいいという。

条件を飲んだ枢機卿はすぐに手配をした。

そのころ、アラミス達はアトスの葬式をあげていた。

少しでもミレディをだます確率を上げるためである。

葬式を終えたアラミス達がアトスと合流するとそこへコンスタンスの夫がやってくる。

どうやら昨晩からコンスタンスが行方不明になっているとのことだったのだがアラミス達はすぐに帰ってくるだろうと言いまともに相手にしなかった。

このころコンスタンスは拘束を自力でといて逃げようとしていたがミレディに阻まれていた。

1-10-musketeers-don-t-die-easily-constance-the-musketeers-38430444-500-333

そしていよいよダルタニアンと書類の交換の時がやってきた。

アラミス達は偽の書簡を持ってきてダルタニアンと交換しようとするが、上手いことはぐらかし枢機卿から自白をとることに成功する。

枢機卿はアラミス達にこのことをしゃべっても何の問題もないと思っていたが、なんとその場には王妃が来ていたのである。

adlmy

全てを知った王妃は次に同じことをしたら命はないと警告し、枢機卿の罪を許したのである。

その後ダルタニアン達はミレディの元へ行き彼女を捕らえようとするが、ここでミレディからコンスタンスを人質にとっていることを知らされる。

p01w4n8j

ミレディはコンスタンスを返してほしければ1時間後にサンジャック通りに来るよう伝える。

罠だとはわかっていたがダルタニアン達は行くことを決意する。

ダルタニアン達は準備を整えると「みなはひとりのために、ひとりはみなのために」と団結し乗り込んでいった。

1358843_1396220655991_full

ミレディはあらゆる場所に兵を配置させ万全の準備で待ち構えていたが、ダルタニアン達は馬車を使って奇襲を仕掛け次々と敵を倒していく。

ダルタニアンはコンスタンスを人質にとっているサラザンを一騎打ちで仕留めるも、今度はミレディがコンスタンスを人質にとってしまう。

だがコンスタンスは一瞬のすきをついてミレディを攻撃し逃れることに成功する。

ついにミレディを追い詰めたアトスはその場でミレディを殺そうとうするが、二度とパリに戻ってこないことを条件にミレディを逃がしたのである。

コンスタンスはこの前ダルタニアンに言ったのは全てうそだったといい2人は仲直りする。

だがそこへコンスタンスに知らせが入り、夫が自殺を図ったときかされる。

夫はコンスタンスなしでは生きていけないと言い彼女を縛り付ける。

結局コンスタンスはダルタニアンと別れることを選択する。

その後、枢機卿は国王に呼び出され悪事がばれたのではないかとおどおどしていた。

しかしここできかされたのは王妃が懐妊したということだった。

非常に喜ばしい知らせだったが、アラミスとアトスだけは笑顔を見せなかった。

王妃が身ごもった子供はアラミスの子供だったからである。

アラミスはその後王妃と会い、父親が自分であることを遠回しに確認する。

vlcsnap-00848

その様子を見ていた枢機卿はアラミスと王妃の関係を知るのだった。

その後、アトス達は事件を解決しても結局何も残らなかったと愚痴をこぼすが、名誉があればいいと仕事に戻るのだった。

-------------------------------------------------------------------------------------------

シーズン1が終了してしまいましたね。

王妃が懐妊したというのはいいことですが、これがアラミスの子供だとばれたらいったいどうなるんですかね?

枢機卿は確実に気が付いていたのでいずればれるのは確かでしょう。

っていうか国王は普通に喜んでいましたけど、やることはちゃんとやっていたということですかね?

肌に触れても拒否されると言っていたんですけどねw

シーズン2は子供に関する秘密をめぐった争いがありそうですね。

以上がSeason1の第十話『Musketeers Don’t Die Easily/手ごわい銃士』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.