海外ドラマ

海外ドラマ「Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第五章 竜との舞踏」第九話『The Dance of Dragons/竜の舞踏』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第五章 竜との舞踏」第九話『The Dance of Dragons/竜の舞踏』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

第五章 竜との舞踏 相関図(クリックで拡大)(スターチャンネル公式サイトより引用)

GOT2

 

第九話/エピソード9のあらすじ

死者たちの猛攻から逃れたジョン・スノウと野人たちは“壁”に到着する。サンスピア宮では、ドーランがジェイミーを迎え、反対するエラリアをよそにミアセラを王都に帰すことに同意。貝の商人に扮していたアリアは“鉄の銀行”に訪れたメイス・タイレルを護衛中のマリン・トラントを発見する。劣勢を強いられているスタニスは、メリサンドルの助言に従うことに。(ワーナー公式サイトより引用)

 

Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第五章 竜との舞踏 動画(これからみようと思っている方に)

以下からは 第五章 竜との舞踏の第九話『The Dance of Dragons/竜の舞踏』のネタばれになりますので注意してください。

カーセルブラックに戻ってきたジョンたちは城門の前で開くのを待っていたが、ナイツウォッチはジョンの考えに反対の者も多く、門がちゃんと開くか不安だった。

game-of-thrones-the-dance-of-dragons-jon-snow

サー・アリザーはジョンが野人を連れて帰ったのを見て怪訝そうな顔をするが、取りあえずは門を開けてくれた。

野人はそのまま門を素通りし南へと向かって行ったが、ナイツウォッチが野人を見る目はやはり憎しみしかなく、多くの人間が不満を抱いていた。

ドーンではジェイミーがドーランに食事に招かれ、友好的な関係を結んでいるはずなのに潜入したのはなぜかと質問されていた。

meeting_in_dorn_jaime_myrcella

ジェイミーはミアセラがつけていた首飾りが送られてきて脅迫されたといい、ミアセラはその首飾りは以前盗まれたと話す。

首謀者はオベリンの妻であるエラリアであり、当然そのことはドーランもわかっていたがそこで追及されることはなかった。

ドーランは今後も友好的な関係を続けていきたいと話し、ジェイミーを無罪放免することを約束する。

ジェイミーを交えて乾杯を行ったがエラリアだけは納得できないという表情でワインを床にぶちまけた。

ドーランはブロンの処遇についても言及し、ジェイミーはブロンは自分に従っただけであり裁くなら自分をさばいてくれと話す。

ドーランは実際にブロンに殴られたトリスタンに裁定を任せると、トリスタンは条件を1つ出して無罪放免と持ち出す。

またオベリンが小評議会の一員であったことから、ミアセラと共にトリスタンもキングスランディへ行き小評議会の一員にすることをジェイミーに約束させる。

その後呼び出されたブロンは無罪放免に喜ぶも条件通り、トリスタンと同じように顔面を殴られたのだった。

開戦した後ドーランはエラリアをを呼び寄せ、今後同じようなことがあれば死んで償ってもらうと警告し忠誠を誓わせた。

game-of-thrones_season-5_episode-9_the-dance-of-dragons-3

エラリアはジェイミーの元へ行き、ドーンでは落とし子でも非難されない、それは時代が決めるものだといい、愛する男の死とあなたの娘は無関係だったと謝る。

ウィンターフェルを目指すスタニスは相変わらず雪に進行を阻まれていた。

するとある夜、ラムジーが奇襲を仕掛けてきて馬と食料を全て失ってしまう。

スタニスはダヴォスにカーセルブラックに戻るよう指示し、なんとしてでも援助を取りつけるよう命令した。

ダヴォスはシリーン王女に挨拶をしてそのままカーセルブラックへと足を運んだ。

screenshot-232-1940x1091

だが状況は好転せず、スタニスはメリサンドルの言葉に従いシリーンを生贄として差し出すことを決意する。

何も聞かされていないシリーン王女はメリサンドルによって火あぶりの刑にされてしまう。

助けを求めるシリーンの声を歯を食いしばりながら見守るスタニス。

王妃はこれが正しいことだとスタニスに言い聞かせるが、娘の助けを求める声に目を覚まし娘を助けようとするがスタニスの命で兵に止められてしまう。

game-of-thrones-the-dance-of-dragons-tara-fitzgerald-stephen-dillane

一方、ブレーヴォスのアリアはジャクェンの指示通り賭博師に毒を盛ろうとしていたが、アイアン・バンクにやってきたメイス・タイレルと彼を護衛していたマーリン・トラントを発見してしまう。

マーリン・トラントはアリアが復讐を誓った人間の中の一人だったのである。

アリアはジャクェンからの任務を放棄しマーリンの後をつけることに。

マーリンは護衛が終わった後娼館に顔を出し、アリアも中に入りカキを売りながらマーリンの後をつけた。

arya-stark

アリアは顔を見られないように慎重に後をつけていたが、カキを求めた客のせいでマーリンに顔を見られてしまう。

だがマーリンはどこかで見たことがある程度の記憶しかなく、アリアが誰なのかわからなかった。

その後黒と白の館に戻ったアリアはジャクェンにカキを食べなかったと嘘の報告をするのだった。

ミーリーンでは再開された大闘技場に大勢の客が押し寄せていた。

デナーリスは未だに人が殺し合う大闘技場に疑問を持っていたがヒズダールはこれもミーリーンにとっては重要な一部だといい試合開始を迫る。

デナーリスが手をたたくと殺し合いが始まった。

ヒズダールは大きな怪力の男が勝つというと、護衛をしていたダーリオは自分の経験則から小さく小回りが利く男が勝つと反論。

デナーリスもダーリオの意見に賛成するが、試合は大男の勝利で終わってしまう。

headless-0

ティリオンも人の死はたくさん見てきたため余暇には別のことをして楽しみたいと話すが、ヒズダールは殺戮抜きで偉大な事柄が達成されたことはないと反論。

デナーリスはこれのどこが偉大な所業なのかと軽蔑のまなざしを向ける。

言い争いになると思われたが、次の試合にジョラーが出てきたことでデナーリスは試合にくぎ付けになる。

追放したものの、やはりまだ心のどこかでジョラーのことを思っているようだ。

試合が始めると8人の男たちが一斉に殺し合いを始める。

ジョラーは傷つきながらも敵を倒していき、最後の一人に残ることができデナーリスも安心する。

するとジョラーは何を思ったのかデナーリス達がいる方向へ向けて槍を投げたのである。

その槍に刺さったのは背後を狙っていたハーピーの息子たちだった。

これにより観客席に隠れていたハーピーの息子たちが暴徒と化しデナーリスを狙ってきたのである。

この騒ぎでヒズダールは殺されてしまい、デナーリスはジョラーに命を救われるもダーリオ、ティリオン、ミッサンディと共に敵に囲まれてしまう。

got-footage-51

絶体絶命だと思われたその時、ドロゴンが現れハーピーの息子たちを殺し始めたのである。

ドロゴンの炎で敵が焼かれる中、敵もドロゴンに向けて槍を放ってくる。

daenerysdrogon-daznakspit

デナーリスはドロゴンの背中に刺さった矢を引き抜くと、そのままドロゴンに乗って闘技場から脱出したのである。

----------------------------------------------------------------------------------

スタニスやっちゃいましたね。

娘を生贄にしていた時の兵の顔を見る限り、これでスタニスはかなりの兵から見限られるんじゃないでしょうか。

王妃も最後の最後は母親の一面をのぞかせましたね。

アリアはにっくきマーリンを見つけてしまい任務を放棄してしまいましたけど、絶対ジェクェンにはばれてますよね?

何事もなければいいですけど、そんなわけもないでしょうね。

ミーリーンではついにドラゴンが登場しましたね。

デナーリスを乗せて飛び立った時の感じは何とも言えないものでした。

槍刺さりまくっていましたけど大丈夫なんでしょうかね?

次はいよいよ第5章の最後になりますのでどういう終わり方をするのか非常に楽しみです。

以上が 第五章 竜との舞踏の第九話『The Dance of Dragons/竜の舞踏』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.