海外ドラマ

海外ドラマ「Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第五章 竜との舞踏」第八話『Hardhome/堅牢な家(ハードホーム)』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第五章 竜との舞踏」第八話『Hardhome/堅牢な家(ハードホーム)』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

第五章 竜との舞踏 相関図(クリックで拡大)(スターチャンネル公式サイトより引用)

GOT2

 

第八話/エピソード8のあらすじ

ジョラーとティリオンは、ミーリーンの大ピラミッドでデナーリスに謁見する。サンサがウィンターフェルから逃げたがっていることをラムジーに密告したシオンは、サンサに責められるなかでブランとリコンを殺していないと告白する。一方、“堅牢な家”に到着したジョンとトアマンドは野人たちを集め、ホワイト・ウォーカーが襲ってくる前に“壁”の南に避難するよう伝える。(ワーナー公式サイトより引用)

 

Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第五章 竜との舞踏 動画(これからみようと思っている方に)

以下からは 第五章 竜との舞踏の第八話『Hardhome/堅牢な家(ハードホーム)』のネタばれになりますので注意してください。

デナーリスに謁見することを許されたティリオンとジョラー。

ティリオンはデナーリスにラニスターである証拠はと言われ、自分は生まれた日に母親を殺し父親を殺してここに来たと話す。

そしてデナーリスのことについても口にし、彼女こそが世界を変える希望だと言われたため会いに来たと説明する。

更にティリオンはドラゴンがいても支援してくれる名家もなく、支配するべき土地のことを知らなければ統治することはできない、殺戮と政治は違うと主張する。

ティリオンはの名に恥じない立派な王に仕えるなら優れた相談役になると自分を売り込む。

got508100914hsdsc32491jpg-f93974_765w

デナーリスはティリオンのことを信用することにし、ジョラーの処遇についても尋ねる。

ティリオンはジョラーがデナーリスを裏切った時とはもはや別人になっており、女王ためなら命も差し出すだろうとジョラーを弁護する。

だがジョラーは追及されるまでに告白する機会は何度もあったのにそれをしなかったとデナーリスに言われ、ティリオンはそれをすれば殺されることがわかっていたからだろうとジョラーをかばう。

ティリオンは忠実な者を殺せば忠誠心を得られないと語るも、今後ウェルタロスを支配する上で裏切り者をそばに置いておくことはできないと言い、デナーリスは再びジョラーを追放することに。

ティリオンはデナーリスのそばに仕えることを許され、2人は恐ろしい親を持った似たもの同士だと言い次第に共感していく。

ティリオンはデナーリスが生き延びているのはヴァリスの計らいによるものなのかもしれないと口にする。

デナーリスは正式にティリオンを相談役にすることに決め、ウェスタロスは誰かが権力を握れば誰かが蹴落とされる、まるで車輪のようなものだと言い、自分は車輪の頂点になるのではなく車輪を破壊すると宣言する。

追放されたジョラーは自分を買った親方の元へ戻り、大闘技場に出るための戦士になることを決意する。

game-of-thrones-hardhome-5

そのころ、ジャクェンから別の者にならなれると言われたアリアはラナという名前でカキを売りあるく少女に徹する。

5x08-hardhome-game-of-thrones-38524207-1280-720

ジャクェンはそこで見た物を聞き、船乗りを食い物にしている賭博師の話を聞かせる。

その賭博師は船乗りに船で航海して帰ってこれるかを賭けており、勝のは船長が命を失った時だけだという。

負けた男が支払いを拒めば妻子は路頭に迷い、最終的に館に助けを求めてやってくるのだという。

ジャクェンは賭博師を排除するためにアリアに毒の入った瓶を渡す。

一方、キングスランディングではブラックセルに入れられたサーセイが毎日のように罪を告白しろと迫られていた。

そのたびにサーセイは悪態をつくのだが次第にその元気もなくなっていく。

hardhome06

ある時クァイバーンがやってきてサーセイは裁判で姦淫、大逆、近親相姦、ロバート王殺害の罪を問われると話す。

またパイセルが叔父のケヴァンをキャスタリーロックから呼び戻し、王の手として小評議会を仕切っていると教えた。

サーセイは叔父を呼ぶようにクァイバーンに求めたが、叔父にその気はないといわれる。

罪を告白するしかないとつき付けられたサーセイは、地面に撒かれた水をすするほど追い込まれていた。

ウィンターフェルではサンサがシオンに詰め寄りなぜ裏切ったのかと問い詰めていた。

game-of-thrones-season-5-hardhome-55677912a458f

シオンはそんなことをしても逃げることはできず、自分は逃げようとしたが捕まり磔にされた上で拷問されたとサンサに話す。

サンサは2人の弟を殺したことも責めるが、シオンは本当は殺していないと真実を話す。

ボルトン公はスタニスが攻めてきた際の作戦を立てており、籠城を計画していたがラムジーは精鋭20人をかしてもらえれば奇襲をかけることができると進言する。

カーセルブラックでは負傷したサムの元へジョンのスチュワードであるオリーが訪れていた。

オリーはジョンの言っていることが本気なのかサムに確かめ、どうして自分の家族を殺した野人を助けようとしているのかと質問する。

サムは冬が来て死の軍団が来ればナイツウォッチも野人も同じように殺されてしまい、対抗するには協力するしかないと説明する。

間違ってるように見えても最終的にはジョンの考えは正しいはずだといいオリーを説得する。

一方、ようやく野人がいるハードホームにやってきたジョンたち。

960

トアマンドは自分を裏切り者だと罵った骸骨公を殴り殺し、上の人間を集めるよう指示。

ジョンはホワイトウォーカーと死の軍団がやってくる前に南に行かなければ皆死ぬといい、南にある村を与えることを条件に協力を約束させようとする。

またホワイトウォーカーを殺すことができるドラゴングラスをみせ、協力するなら譲り渡すと話す。

何人かの野人はトアマンドに賛成するも多くの野人はこれを受け入れなかった。

ゼン族の長はマンスはどうしたのかと聞き、ジョンは自分が殺したと正直に話した。

暴動が起きかけたが、トアマンドはマンスはスタニスに火あぶりにされてしまったが命令を無視したジョンが慈悲の心でマンスの心臓を矢で撃ち抜いたと説明した。

結局、それ以上トアマンドの言葉に耳を傾ける者はいなかった。

ジョンたちは一部の部族をのせ船で帰ろうとしている時、雪崩のようなものが発生する。

ゼン族の長は門を閉めるよう指示し、多くの野人が雪崩に呑み込まれてしまう。

声が聞こえなくなったと思ったその時、大量の死の軍団が攻めてきたのである。

ジョンはナイツウォッチを指揮して死の軍団と交戦する。

だがあまりにも敵の数が多く、その上ホワイトウォーカーがいるのも発見する。

ジョンはドラゴングラスが必要だといい、ゼン族の長をとりに行くがそこにはすでにホワイトウォーカーの姿が。

ゼン族の長がホワイトウォーカーの相手をしているうちにジョンはドラゴングラスを探すがなかなかみつからない。

ようやく1つ見つけたジョンだったがゼン族の長は殺されてしまいジョンに襲い掛かってくる。

ジョンもなんとか抵抗するがボロボロにやられてしまう。

ジョンが総帥からもらったロング・クロウで対抗すると、普通の武器なら粉々に砕け散るのにロング・クロウは無事だった。

ロング・クロウでなら戦えると知ったジョンはその剣でホワイトウォーカーを倒してのである。

だが敵の数は減るどころか更に増援がやってきてしまう。

ジョンはナイツウォッチとトアマンドと共に船に乗り撤退を余儀なくされる。

船から敵を見ていたジョンは殺された野人たちがホワイトウォーカーとして蘇るところを見せつけられるのであった。

----------------------------------------------------------------------------------

サーセイがとりたてたハイ・スパローが暴走を始めましたが、これってリトルフィンガーが裏で糸を引いているってことなんですかね。

ランセルを送り込んだってことなのでやっぱりそういうことなのでしょう。

サーセイは地面に撒かれた水をすするまで堕ちてしまいましたね。

アリアはようやくジャクェンから指導を受けられていましたが、果たしてうまくやれるんですかね。

シオンはサンサに弟たちを殺していないことを告白。

サンサはそれはそれは喜んだことでしょう。

ついでにサンサのことを助けてくれるといいんですけどね。

カーセルブラックではついにホワイトウォーカー達との戦いが勃発しましたね。

ジョンには野人たちをまとめ上げて頑張ってもらいたいものです。

以上が 第五章 竜との舞踏の第八話『Hardhome/堅牢な家(ハードホーム)』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.