海外ドラマ

海外ドラマ「Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第五章 竜との舞踏」第七話『The Gift/贈り物』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第五章 竜との舞踏」第七話『The Gift/贈り物』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

第五章 竜との舞踏 相関図(クリックで拡大)(スターチャンネル公式サイトより引用)

GOT2

 

第七話/エピソード7のあらすじ

奴隷として買われ闘技会に出ることになったジョラーは、闘技場にデナーリスが来ていることに気づき、他の闘士たちを圧倒。謀反者との再会に気分を害したデナーリスの前に、“贈り物”としてティリオンが差し出される。リトルフィンガーは、ともにジョフリーを殺害した盟友オレナへの“贈り物”として、かつてサーセイと関係を持ったランセルをハイ・スパローの元へ送り、秘密を暴露する用意があることを告げる。(ワーナー公式サイトより引用)

 

Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第五章 竜との舞踏 動画(これからみようと思っている方に)

以下からは 第五章 竜との舞踏の第七話『The Gift/贈り物』のネタばれになりますので注意してください。

メイスター・エイモンの看病をするサムとジリはもうエイモンの命が長くないことを悟っていた。

got507_090814_hs__dsc11291

エイモンはジリに手をくれになる前に南へ行くようにジリに言い残す。

手遅れとはナイツウォッチがジリに手を出そうとすることなのか、また冬が来て死が迫ってくることをさしているのかジリには知る由もない。

ジョンはトアマンドと数人の仲間を引き連れ共に野人たちの元へ向かうことに。

game-of-thrones-the-gift

サムは使うことにならなければいいんだけどと言いドラゴングラスをジョンに渡した。

その後、危惧していた通りメイスター・エイモンが息を引き取ってしまう。

サムはサー・アリザーからどんどん味方がいなくなるなぁと意味深なことを言われる。

その言葉通り、ナイツウォッチの2人がジリにちょっかいを出し始める。

それを見たサムは2人に立ち向かうが案の定ぼこぼこにされてしまう。

それでもサムはあきらめず、騒ぎを聞きつけたゴーストが現れことなきを得る。

サムは治療をしてくれるジリに、君と子供は必ず守ると誓いサムとジリは体でも結ばれることになる。

samsex-0

そのころ、ウィンターフェルを目指すスタニスは雪に進軍を阻まれていた。

ダヴォスは雪がなくなったらカーセルブラックに引き返すべきだと進言するがスタニスは断固拒否する。

game-thrones-season-5-episode-7-preview_0

スタニスはメリサンドルに改めて進軍が正しかったのかを確認し、メリサンドルは炎の中に皮を剥がれた男の倒れた旗を見た話す。

そして王の血を受け継いだ娘を生贄にささげれば勝利は確実だと言われ、スタニスは激昂する。

ウィンターフェルではサンサが体中にあざを作っており、毎日のようにラムジーに襲われていると弱音をこぼす。

サンサは給仕に来たシオンに逃げるために力を貸してと頼み、壊れた塔の窓にろうそくの火をつけてといいろうそくを渡した。

unnamed

だがシオンはサンサの頼みを聞かずラムジーに報告してしまう。

サンサはラムジーから呼び出されやがて自分は北部総督になると聞かされる。

それに対してサンサは正妻の子が後継者となるのではと指摘すると、自分もボルトンの子だと反論される。

サンサはラムジーは落とし子であり、ボルトンとして認めたトメン王も落とし子であると痛いところをつく。

するとラムジーは落とし子でも高い地位につくことはでき、その証拠にスタークの落とし子であるジョン・スノウはカーセルブラックの総帥になったと聞かされる。

驚くサンサはある場所に連れられていき、そこには全身の皮を剥がれたサンサにろうそくのことを教えてくれた老婆が磔にされ死んでいたのである。

Carlost.net

キングスランディングではオレナが孫たちを救うためにハイ・スパローに会いに行ったが買収に失敗してしまう。

トメンは自分の妻が捕まっているのに何もできない自分にいら立っていた。

サーセイはトメンにマージェリーを助け出すために全力を尽くすことを約束する。

thrones-03

リトルフィンガーはジョフリーを殺害した盟友オレナへの贈り物として、かつてサーセイと関係を持っていたランセルを雀聖下の元へ送り秘密を暴露する用意があることを伝える。

その後サーセイはマージェリーのもとへ行きシカ肉を差し入れるが、それは憐みからではなく彼女を侮辱するためだった。

サーセイはハイ・スパローの元へ行きロラスとマージェリーがハイ・スパローを含めた7人の司祭によって裁判にかけられることを確認する。

だがここで事態は予想もしない方向へ進み出す。

ハイ・スパローは罪がある者は身分に関係無く裁かれると言い、かつて全ての罪を告白したものがいると言いランセルが呼ばれる。

game-of-thrones-the-gift_article_story_large

事態を察したサーセイはすぐにその場から逃げようとするが、ハイ・スパローの部下に止められマージェリーたちと同じように牢獄に入れられてしまう。

bn-io795_got7e_g_20150524221923

一方、ドーンで囚われの身となったジェイミーはミアセラとの面会を許され、ミアセラからドーンの王子であるトリスタンと結婚するため帰る気はないと言われる。

ジェイミーは事態はミアセラが考えているほど単純ではないと伝えようとするがうまく言葉にならずミアセラはその場を去ってしまう。

600x399xjaime-and-myrcella-official-hbo-810x539-jpg-pagespeed-ic-ovq86ixxxp

ジェイミーとは別の牢獄に入れられているブロンは陽気に歌を歌って過ごしていた。

すると隣の牢に同じようにつかまっていたタイエニーに裸で誘惑されてしまう。

tyene-sand1

タイエニーはしきりにブロンの腕の傷を気にしていたが、それはブロンを傷つけたナイフに遅効性の毒が塗ってあったからである。

ブロンは鼻血を出してその場に倒れ、タイエニーのことを世界一の美女ということで解毒剤を渡されなんとか助かる。

ミーリーンでは奴隷として捕らえられたジョラーが親方たちによる競りにかけられていた。

ジョラーが親方に買われたところでティリオンが口八丁を並べ自分も買ってもられるよう親方を説得する。

game-of-thrones-579765

デナーリスがヒズダールとの結婚を決めたことによりハーピーの息子達による暴動が沈静化する。

ダーリオはベッドの中でデナーリスに親方たちは皆殺しにするべきだと主張するが、デナーリスははっきりと拒否した。

その後、ジョラー達は大闘技場で戦うための戦士を決めるための前座試合をしていた。

するとそこへヒズダールにしきたりだからと言われ連れてこられたデナーリスの姿が。

デナーリスはやたらと血が流れる光景を見て気分を害す。

デナーリスが来ていることを知ったジョラーは前座試合に乱入し、闘士たちを全員なぎ倒してしまう。

その戦士の戦い方に好感を持ったデナーリスだったが、仮面をとったその男はかつて自分が追放したジョラーだった。

デナーリスはすぐにその場から立ち去ろうとするがジョラーに手土産があると言われティリオンが姿を現す。

ティリオンはデナーリスに自分はティリオン・ラニスターだと教えるとデナーリスは驚きの表情を見せるのであった。

----------------------------------------------------------------------------------

ついにサムもナイツウォッチの誓いを破ってしまいましたね。

まあ誓いを守っているナイツウォッチの方が少ないんですけどね。

サンサは鬼畜ラムジーに毎晩のように襲われていると話していましたね。

体にあざができていましたし本当にかわいそう。

シオンいい加減目を覚ましてサンサを助けてあげて。

キングスランディングではついにサーセイが反撃に合ってしまいましたね。

そういえばランセルはリトルフィンガーに拾われたんでしたっけね。

相変わらず誰の味方なのかはっきりしないリトルフィンガーですね。

とはいえこれでキングスランディングの権力構造が変わるのは間違いないですね。

以上が 第五章 竜との舞踏の第七話『The Gift/贈り物』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.