海外ドラマ

海外ドラマ「Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第六章 冬の狂風」第五話『The Door/扉』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第六章 冬の狂風」第五話『The Door/扉』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

第六章 冬の狂風 相関図(クリックで拡大)(スターチャンネル公式サイトより引用)

GOT2

 

第五話/エピソード5のあらすじ

サンサは突然現れたリトルフィンガーに、なぜ自分をラムジーの元に送り込んだのかと怒りをぶつける。視力を取り戻したアリアはセカンドチャンスとしてある人物を殺すようジャクェンに命じられる。鉄諸島では、ベイロンの跡継ぎとしてヤーラとその叔父ユーロンの2人が名乗りを上げる。壁の向こうにタイムトリップしたブランは、ホワイトウォーカーの長、「夜の王」に見られ腕に触れられてしまう。(ワーナー公式サイトより引用)

 

Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第六章 冬の狂風 動画(これからみようと思っている方に)

以下からは 第五章 第六章 冬の狂風の第五話『The Door/扉』のネタばれになりますので注意してください。

ウィンターフェルのサンサに手紙が届いたためジョンには内緒でブライエニーを護衛に連れてモウルズダウン行った。

そこで待っていたのはサンサをラムジーの元へ送り込んだ張本人であるリトルフィンガーだった。

サンサはラムジーがどんな男か知っていたのかリトルフィンガーに問いただし、知っていなければおろか者、知っていれば敵だと言われてしまう。

リトルフィンガーはウィンターフェルを奪還するためにヴェイルの騎士も協力すると申し出るが、サンサはその申し出を断りモウトケイリンへ帰るよう命じる。

game-of-thrones-605-door-sansa-with-uncle

サンサはウィンターフェルは兄のジョンと取り戻すと宣言するも、リトルフィンガーは去り際に腹違いの兄だと意味深なことを言い残す。

また罪滅ぼしとして叔父のブラックフィッシュがリヴァーランを奪還したと教えられる。

サンサがカーセルブラックに戻るとジョンやダヴォス、トアマンドらと作戦会議が行われる。

北部諸侯のアンバー家、カースターク家はボルトン家に協力しているいるが、サンサはスターク家が声をかければ協力してくれるはずだと主張する。

game-of-thrones-sansa-brienne-the-door-ep5

だがダヴォスのあの結婚式の後味方になった家はあったかという問いにサンサは答えることができなかった。

ジョンはグラヴァー家、モーモント家、サーウィン家など二十以上の諸侯と手を組み軍勢を整るよう指示を出す。

またサンサはブラックフィッシュがリヴァーランを奪還したことを話すが、情報源を聞かれてラムジーの手紙を盗み見たと嘘をついてしまう。

そのことをブライエニーに指摘されるが理由は答えなかった。

その後サンサは父親が来ていた服に似せた物を作ったと言いジョンに服を送った。

ジョンは壁を新たな総帥であるネッドに任せて諸侯へ協力を仰ぎに向かった。

鉄諸島では選王会が開かれヤーラが女王へと名乗りを上げる。

だが回りは女王を認めようとせず正当な後継ぎであるシオンが帰ってきたのだから彼が王になるべきだと主張する。

これに対してシオンはこれまで鉄諸島で戦ってきたのはヤーラであるため彼女が女王になるべきだと主張した。

このままヤーラが女王になるかと思われたその時、ベイロンの弟であるユーロンが新王に名乗りを上げる。

euron-yara-and-theon-the-door-game-of-thrones-700

ヤーラはユーロンがベイロンを殺したと言い処刑しようとするが、逆にユーロンはそれを利用して無能な王を処刑した、自分が王になればデナーリス・ターガリエンと手を組みち王国を手に入れると主張する。

これにより新たな王にはユーロンが選ばれてしまう。

ヤーラとシオン、その部下たちはユーロンに処刑される前に鉄諸島から脱出した。

ブレーヴォスのアリアは次第にワイフと互角に戦えるようになっていた。

それを見たジャクェンはアリアに顔のない男たちの始まりはヴァリリアの奴隷で、彼は数多の顔の神から贈り物について学び、仕えた者にその秘儀を教えたと話した。

支配者たちは死に、顔のない男たちも消えた、ブレーヴォスにこの館を建てた、彼らが生前まとっていた顔が柱に収められているとジャクェン教えられる。

ジャクェンは再び毒薬を出し2度目のチャンスだ、3度目はないぞと言いアリアに標的を教えた。

今回の標的は演劇をしている女役者レディクレインだった。

アリアは偵察のためにその演劇を見るが、それはラニスター家がメインの話で、父親がぞんざいに扱われていた。

fake_sansa

その劇を見たアリアは一人だけ不愉快に気持ちになる。

一方、デナーリスはジョラーを二度も追放したのに二度も助けられどうしたらいいのかわからなくなっていた。

ジョラーは自分を追放するべきだと言い灰鱗病にかかっていることを知らせ、愛を告白した。

デナーリスは病気を直したら再び使えるよう言いジョラーを行かせたのである。

デナーリスはドスラク人を率いてミーリーンを目指した。

ミーリーンではティリオンが親方たちと和平を結んだことにより、ハーピーの息子達による犠牲がなくなっていた。

ティリオンはこの事実を広めさせるためにヴォランティスの紅の司祭であるキンヴァラを呼び寄せる。

kinvara-1024x576

デナーリスこそが光の王が遣わしたと主張する彼女にヴァリスは、別の紅の司祭はスタニスこそ選ばれし者だと言ったが王都奪還に失敗し、ウィンターフェルでも敗北し死んだと反論。

それに対してキンヴァラはヴァリスのことを腕の悪い妖術師に去勢されていなければ神に選ばれし者を助けることはなかったと言い、切りとった一部を炎に入れた時に聞いた声が誰のものだったのかを知っているはずだと言いヴァリスをけん制した。

三つ目の鴉の元にいるブランはいつものように過去をのぞいていた。

そこではるか昔森の子らが人の心臓にドラゴングラスを埋めてホワイトウォーカーを生み出したことが明らかとなる。

binexch-copy

現実に戻ったブランはそのことを森の子らに問いただすと、当時は戦争中で兵士が必要だったと説明した。

いつまでたっても核心部分を教えてくれない三つ目の鴉に反発したブランは夜中皆が寝静まった時に、一人で木の根に触れて能力を使ってしまう。

するとブランの目の前には死の軍団がおり、奥に進むとホワイトウォーカーである夜の王がいた。

どうせ相手には見えていないと高をくくっていたブランだったが、夜の王はブランの方を見てくる。

それに呼応するように死の軍団もブランの方を向きてきて、ブランは夜の王に腕を掴まれてしまう。

960

叫び声をあげながら目覚めたブランは三つ目の鴉に夜の王に出会ったことを話す。

三つ目の鴉が触れられなかったと尋ねると、ブランの腕には夜の王による印が刻み込まれていた。

それを見た三つ目の鴉は奴らに居場所がばれたため今すぐここから逃げろと言われる。

また「お前が私になる時が来た」と言い能力を使ってブランを過去へいざない全ての知識を渡した。

ミーラが外を確認するとすでにホワイトウォーカーは洞窟を囲んでいた。

23thrones-newsletter-master768

森の子らが抵抗を見せるがホワイトウォーカーは気にせず洞窟の中に入ってくる。

ブランは能力を使っており動けない状態で、ホーダーもブランが中にはいらなければ役に立たない。

ミーラは必死にブランを起こそうとするうが全く反応がない。

bran_gots6e5-640x356

そのころブランは三つ目の鴉と共に過去のウィンターフェルを見ていた。

そこにはかつてのホーダーの姿もあり「ホーダーの中に入って」というミーラの叫び声も聞こえていた。

三つ目の鴉は友の声に耳を傾けろと言い、ブランはそこで更に能力を使ってホーダーの中に入ろうとしたのである。

これによりホーダーは「ホーダドー」を叫び声をあげて錯乱状態に陥り、次第にその声は「ホーダー」となって行った。

game-of-thrones-s06-e05-the-door

現実では迫りくるホワイトウォーカーに森の子らが必死に応戦し、ミーラもドラゴングラスのやりで敵を一人倒した。

ブランが過去でホーダーに入った時、現実でもホーダーが動き出しブランを連れて外へ逃げようとする。

ミーラはダイアウルフのサマーにも一緒に来るよう言ったが、サマーは勇敢にも死の軍団に立ち向かい殺されてしまう。

winter-killed-summer-literally-and-metaphorically

また三つ目の鴉もホワイトウォーカーの手によって殺されてしまう。

奥の扉から出たホーダーは死の軍団が追ってこれないよう体を張って扉をまもっていた。

gotep605cutivam20160418001644081jpg-6da9f1_765w

ミーラは一人でブランを連れ吹雪の中を必死に逃げた。

ブランたちが見えなくなるとホーダーは死の軍団に襲われてしまうのだった。

----------------------------------------------------------------------------------

ブランの方がまさかの急展開。

ついにブランが三つ目の鴉になるための扉を開けましたが、その代償としてサマーとホーダーを失ってしまうことに。

ダイアウルフはこれで行方不明のアリアのナイメリアのみに。

ホーダーもなぜあんなことになったのかわかりましたね。

すでにこの時からブランが関わっていたとは。

ホーダーは本当にブランのための戦士だったんですね。

”Hold the door”
”Hold th door”
”Hold t door”
”Hold door”
”Holdor”

これがホーダーの由来だったとは。

ってかブランの能力は過去にも干渉できるほどスゴイものなんですね。

まあ三つ目の鴉も過去を変えてはならないと言っていましたのでそうだとは思っていましたけど。

ブランとミーラは無事に逃げれるといいんですけどね。

ホワイトウォーカーはもともとドラゴングラスによって生み出された者たちだったからドラゴングラスで倒せるようでしたね。

ブランのところが衝撃的すぎて他のところのことをほとんど忘れてしまいましたw

以上が第六章 冬の狂風の第五話『The Door/扉』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.