ここでは実際に映画「英国王のスピーチ」を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

英国王のスピーチの評価・・・4つ星

kingsspeach2

原 題: THE KING’S SPEECH
製作年: 2010年
製作国: イギリス/オーストラリア
出演者: コリン・ファース ジェフリー・ラッシュ ヘレナ・ボナム=カーター
    : ガイ・ピアース ティモシー・スポール マイケル・ガンボン ジェニファー・イーリー
監 督: トム・フーパー
製 作: ジェフリー・ラッシュ ティム・スミス ポール・ブレット
    : マーク・フォリーニョ ハーヴェイ・ウェインスタイン ボブ・ウェインスタイン

あらすじ

「シングルマン」のコリン・ファースがエリザベス女王の父にして国民から慕われたイギリス国王ジョージ6世に扮し、その知られざる感動秘話を映画化した伝記ドラマ。共演はジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター。英国王ジョージ5世の次男ジョージ6世。幼い頃から吃音というコンプレックスを抱え内向的な彼は、苦手なスピーチを克服すべく、何人もの言語聴覚士の治療を受けるものの一向に改善しない。そんな夫を心配する妻エリザベスはスピーチ矯正の専門家ライオネルに最後の望みを託す。その矢先、兄エドワード8世が突如王位を返上、恐れていた国王の座に就くことを余儀なくされ、泣き崩れるジョージだったが…。 (TSUTAYA online より引用)

 

感想/レビュー

この作品は友人に勧められて見た作品になります。

正直あまり興味のなかった作品でしたが、見てみると結構おもしろい作品でした。

どういった切り口の作品になっているのか想像もできなかった作品だったのですが、笑いあり感動ありと見ていて飽きない映画だったと思います。

出演はシングルマンのほかにマンマ・ミーア!や裏切りのサーカスに出演しているコリン・ファース、パイレーツ・オブ・カリビアンシリーズに出ていたジェフリー・ラッシュ、ハリーポッターシリーズやダークシャドウなどに出演しているヘレナ・ボナム=カーター、ハートロッカーやプロメテウス、ロックアウトに出演している最近波に乗っているガイ・ピアース、ハリーポッターなどに出演しているティモシー・スポールマイケル・ガンボン、コンテイジョンなどに出演しているジェニファー・イーリーなどが出ていました。

知っている人は知っている有名俳優ばかりが出演している作品です。

ヘレナ・ボナム=カーターはジョニー・デップと共演することが多く、変な役をすることが多いのですが、今作ではまじめな奥さんの役だったのでちょっと驚きました。

あれはあれでありですね。

私の好きなガイ・ピアースもちゃっかり出演していました。

今作ではあまりいい役どころではなかったですけどね。

英国王のスピーチ予告編動画(これからみようと思っている方に)

以下からはネタばれになりますので注意してください。

内容は吃音症に悩むアルバート(コリン・ファース)が言語聴覚士のライオネル(ジェフリー・ラッシュ)と共に吃音症を克服していくという内容の作品です。

ちなみに吃音症とは発語時に言葉が連続して発せられたり、瞬間あるいは一時的に無音状態が続くなどの言葉が円滑に話せない病気のことを言います。

幼いころから吃音症に悩まされていたアルバートはある時父の代わりに国民の前で演説をすることになります。

当然結果はさんざんなものとなりました。

見かねたエリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)はアルバートに治療を勧め、言語療法士のライオネルに治療を依頼することになります。

彼の治療法は今までにない奇抜なアイディアのものばかりでアルバートは本当に効果があるのか疑問に思います。

ある時ライオネルはシェイクスピアの「ハムレット」を朗読できるか賭けを持ちかけ、アルバートに音楽の流れたヘッドホンをつけさせ自分の声が聞こえないようにしてから朗読させます。

ついに嫌気のさしたアルバートは怒って帰るのですがこの時ライオネルはハムレットを録音したレコードを彼に渡します。

自宅に戻ったアルバートはレコードを聞いてびっくり。

なんとすらすらと朗読できているのです。

再び治療を再開した2人でしたが、父が崩御し兄のデイヴィッド王子がエドワード8世として国王になります。

しかしエドワード8世は王の立場では絶対に結婚できない女性と結ばれることを望んでいました。

パーティーでも国王にあるまじき行動をしていた兄に注意を促すと逆に責められる始末。

このことをライオネルに話すとアルバートに代わりに王になるべきだと話します。

しかしそれは反逆罪に当たるとしてアルバートとライオネルはけんか別れをしてしまいます。

そんな時結婚をあきらめきれない兄はなんと退位して王の座をアルバートに譲ってしまいます。

王位継承評議会で宣誓をしなくてはならないアルバートの吃音症は以前なおっておらず、またもや結果はさんざんなものになってしまいました。

そこでアルバートはけんか別れをしていたライオネルに謝罪し再び治療を続けることに。

そして紆余曲折を経ながらも2人の友情は深まり、ついに吃音症を克服することに成功しました。

その後アルバートの戦時演説には必ずライオネルが同席したそうです。

とここまでがこの作品の内容になります。

これだけをみると正直どこがおもしろいのかわからにという人もたくさんいると思います。

私も書きながらこれのどこがおもしろいんだと思ったぐらいですので(笑)

この作品の面白いところはアルバートとライオネルが共に吃音症の治療を行っていく姿が実にコミカルに描かれているところだと思います。

ジェフリー・ラッシュがとてもいい味を出していましたね。

これぞ名俳優といった感じでした。

予告動画にもそんな感じが垣間見られるのでよかったら見てください。

苦手なものを信頼できる友人と克服していくという今の若者に足りないものを訴えているような作品になっているので、ぜひ見てみてください。

以上が英国王のスピーチと感想のレビューでした。