ここでは実際に映画「LOOPER/ルーパー」を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

LOOPER/ルーパーの評価・・・4つ星

looper03

原 題: LOOPER
製作年: 2012年
製作国: アメリカ
出演者: ブルース・ウィリス ジョセフ・ゴートン・レヴィット エミリー・ブラント
    : ポール・ダノ ノア・セガン パイパー・ペラーボ ジェフ・ダニエルズ
監 督: ライアン・ジョンソン
製 作: ラム・バーグマン ジェームズ・D・スターン
脚 本: ライアン・ジョンソン

あらすじ

殺すべき標的が30年後の自分というひねりの利いた設定と巧みな脚本が各方面から絶賛されたSFアクション。出演は「ダークナイト ライジング」のジョセフ・ゴードン=レヴィットと「ダイ・ハード」のブルース・ウィリス。監督は「BRICK ブリック」のライアン・ジョンソン。2074年、タイムマシンの使用が固く禁じられた世界で、犯罪組織は違法なタイムマシンを殺人に利用していた。彼らはタイムマシンで標的を30年前に送り、待ち構えている処刑人“ルーパー”に殺害を実行させていたのだ。2044年、ルーパーとして30年後の未来から送られてくる標的の殺害を請け負っていた男ジョー。ある時、そんなジョーの前に標的として現われたのは、なんと30年後の自分だった。 (TSUTAYA online より引用)

 

感想/レビュー

何度かCMを見てコンセプトがおもしろそうだったから記憶に残っていたのでDVDで見ることにした作品です。

タイムトラベルものは結構興味を魅かれるものがあり、その中でも未来の自分と殺し合うっていうのがなんだか面白そうでした。

見てみた結果、やっぱり面白かったです。

ブルース・ウィリスが出演にしている最近の映画の中では1番おもしろかったです。

物語は終始暗い雰囲気でしたけど、ストーリーが好きな作品でしたね。

5つ星と迷ったけど、迷った挙句4つ星にしてしまいました。

海外の批評家の評価は結構高かったですね。

出演者は言わずと知れたブルース・ウィリス、インセプションや50/50などに出演しているジョセフ・ゴートン・レヴィット、憧れのウェディング・ベルなどに出演しているエミリー・ブラント、ナイト&デイなどに出演しているポール・ダノ、コヨーテ・アグリーなどに出演しているパイパー・ペラーボ、様々な作品に出演しているジェフ・ダニエルズが出ていました。

LOOPER/ルーパー予告編動画(これからみようと思っている方に)

以下からはネタばれになりますので注意してください。

内容は未来から送られてくる者を殺すことが仕事であるルーパーという職業についているジョー(ジョセフ・ゴートン・レヴィット)が未来から送られてくる自分を取り逃がしてしまうというものです。

2044年から30年後の未来ではタイムトラベルが開発されており、これを行うのは禁止されていた。

しかし犯罪者たちはそんな法律は無視し、タイムトラベルを邪魔者を消すための道具として利用していた。

テクノロジーの発展により、未来では人殺しを行うとどうやっても足がつくようになっていた、

そこで犯罪者たちは人殺しを行う時過去に送って処分させていたのである。

この過去で殺しを行うものをルーパーと呼び、ジョーもその1人であった。

しかしルーパーには決まりごとがあり、その1つは仕事を始めてから30年後に情報の流出を防ぐために過去に送られて自分自身に殺されてしまうことである。

これをループを閉じるというようだ。

ある日、いつものように仕事につくが時間になっても標的が送られてこない。

少し遅れてきた標的はなぜか手が自由で紙袋をかぶっていなかった(標的は全て手を縛られ紙袋をかぶせられている)。

ジョーはこの標的(ブルース・ウィリス)未来の自分であることを瞬時に悟り、ループを閉じることに何の疑問も持っていなかったジョーはオールド・ジョー(ブルース・ウィリス)を殺そうとするが逃げられてしまう。

未来ではレインメーカーと呼ばれる謎の人物が社会を牛耳っているらしい。

オールド・ジョーが過去に来たのはそのレインメーカーを殺してしまうためだった。

未来で得た情報を元に検索するとレインメーカーであると思われる子供の候補は3人に絞られた。

ジョーはそのうちの1人の元に行きオールド・ジョーが来るのを待つことに。

しかし実はジョーが来た所の子供がレインメーカーであることが分かってしまう。

オールド・ジョーがレインメーカーのを殺しに来た時、ジョーは母親が殺され悪の道に染まっていくレインメーカーの姿が明確なビジョンとして見えてしまう。

そこでジョーは自分自身を殺すことによってオールド・ジョーの暴走を食い止める。

これでレインメーカーも生まれることなく未来は平和になるだろう・・・。

と言った感じの内容です。

ブルース・ウィリスが過去に来たあと、ブルース・ウィリスが過去にループを閉じる場面が流れるが、あそこはあまり気にしない方がいいでしょう。

頭がこんがらがってしまって物語が楽しめなくなるので。

タイムパラドックス的なことは置いといて純粋に物語を楽しめば、かなりおもしろい作品だと思います。

以上がLOOPER/ルーパーと感想のレビューでした。