ここでは実際に映画「RED/レッド」を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

RED/レッドの評価・・・4つ星

red02

原 題: RED
製作年: 2010年
製作国: アメリカ
出演者: ブルース・ウィリス ブライアン・コックス メアリー=ルイーズ・パーカー
    : カール・アーバン ヘレン・ミレン リチャード・ドレイファス ジョン・マルコヴィッチ
    : モーガン・フリーマン レベッカ・ピジョン
監 督: ロベルト・シュヴェンケ
製 作: グレゴリー・ノヴェック ジェイク・マイヤーズ
脚 本: ジョン・ホーバー エリック・ホーバー
原 作: ウォーレン・エリス[ライター] カリー・ハムナー

あらすじ

DCコミックスの同名グラフィック・ノベルを、実力派ベテラン俳優陣の豪華競演で実写映画化した痛快アクション・コメディ。引退した元スパイたちが、自分たちの口封じに動き出した古巣CIA相手に反撃に出る姿を描く。出演はブルース・ウィリス、モーガン・フリーマン、ジョン・マルコヴィッチ、ヘレン・ミレン。元CIAエージェントのフランクは、今は独りで年金暮らしの悠々自適な日々。年金担当のサラと電話で話すのが唯一の楽しみ。そんなある日、突然何者かの襲撃を受ける。難なく返り討ちにしたフランクは、サラの身を案じて強引に拉致すると、かつての仲間たちのもとへ。そして、首謀者を突き止め、反撃を開始するべく伝説のチームを復活させるのだった。 (TSUTAYA online より引用)

 

感想/レビュー

友達に勧められて見た作品になります。

と言っても手に入れてから半年以上ほったらかしにしていた作品ですね。

理由は・・・自分で見つけたものしか興味が無いからです。

と思っていたのですが、先日ようやく見る機会を得たので見てみると・・・なんとおもしろいではありませんか!

4つ星評価ですけど5つ星に近い4つ星評価ですね。

今までほったらかしにしていたのが申し訳なかったですね。

紹介してくれたH君ごめんね(笑)。

出演者には言わずと知れたブルース・ウィリスモーガン・フリーマン、ボーンシリーズや猿の惑星:創世記などに出演しているブライアン・コックス、レッド・ドラゴンなどに出演しているメアリー=ルイーズ・パーカー、スタートレックシリーズに出演しているカール・アーバン、ナショナル・トレジャー2 リンカーン暗殺者の日記やテンペストなどに出演しているヘレン・ミレン、ジョーズや未知との遭遇などに出演しているリチャード・ドレイファス、トランスフォーマー/ダークサイド・ムーンやコン・エアーなどに出演しているジョン・マルコヴィッチなどそうそうたる顔ぶれです。
最近は豪華な俳優陣でも中身が伴っていない映画が多くありますが、この作品は内容も伴っており非常に面白い作品でした。

単純で話もわかりやすかったですしね。

本当に面白かったのでこの映画は是非見てください。

RED/レッド予告編動画(これからみようと思っている方に)

以下からはネタばれになりますので注意してください。

内容は引退したCIAが機密保持のために抹殺されるのを逆に刺客を倒していくというもの。

フランク(ブルース・ウィリス)は非常に優秀なCIAのスパイで今は引退して年金で生活を送っていました。

そんな彼の唯一の楽しみは役所に勤めるOLのサラ(メアリー=ルイーズ・パーカー)との電話でのやり取りでした。

そんなある日、フランクの家に刺客が送られます。

これを何の苦もなく返り討ちにしたフランクは自分がなぜ狙われているのかもわからず、取りあえずサラの家へと向かいます。

電話が盗聴されていたからです。

サラを半ば強引に拉致して連れ出したフランクは友人で今は介護施設で生活しているジョー(モーガン・フリーマン)の元へ。

かつてのエージェントが狙われていることを知らせ、警戒するように伝えます。

そしてある計画にかかわっていたエージェントが次々に消されていることを突き止めたフランクはかつての仲間であるマーヴィン(ジョン・マルコヴィッチ)に協力を仰ぎ、元・MI6の名狙撃手であるヴィクトリア(ヘレン・ミレン)の協力も得て自分たちを狙ってくる組織をつぶしにかかります。

ちなみにフランクたちを狙っていた黒幕は副大統領で昔エクアドルでの作戦の時に大量虐殺にかかわっていたのだとか。

そしてその後始末を任されていたフランクたちが狙われることになったんだとか。

いわゆる口封じですね。

黒幕を突き止めたフランクたちは情報収集の途中で人質にとられたサラを救出するために副大統領を誘拐する計画を立てます。

そして副大統領が出席するパーティーでひと騒動を起こし、副大統領を誘拐することに成功します。

サラとの人質交換は穏やかに終わるはずもなくフランク一同は相手を全員抹殺。

黒幕も消してめでたしめでたし・・・という感じです。

正直この作品は文章にしにくかったですね。

なので文面ではあまりおもしろさは伝わらないかもしれません。

ですが映画はとってもおもしろかったので是非見てください。

ベテラン俳優が繰り広げる名演技とアクションにくぎ付けになると思いますよ。

もうすぐ続編にあたるREDリターンズも公開されるので非常に楽しみですね。

REDリターンズの予告動画はこちらから

以上がRED/レッドの感想とレビューでした。