ここでは実際に映画「エミリー・ローズ」を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

エミリー・ローズの評価・・・3つ星

emilyrose02

原 題: The Exorcism of Emily Rose
製作年: 2005年
製作国: アメリカ
出演者: ローラ・リニー トム・ウィルキンソン キャンベル・スコット
     : ジェニファー・カーペンター コーム・フィオール ジョシュア・クローズ
     : ケネス・ウェルシュ ダンカン・フレイザー JR・ボーン メアリー・ベス・ハート
監 督: スコット・デリクソン
製 作: ポール・ハリス・ボードマン ボー・フリン
脚 本: ポール・ハリス・ボードマン スコット・デリクソン

あらすじ

実話を基に、悪魔に取り憑かれてこの世を去った少女の数奇な運命を辿っていくオカルト・ホラー。悪魔祓いによって少女を死なせたとして法廷に立たされた神父と女性弁護士の真実を巡る緊迫の裁判劇を描く。ある日、神父ムーアが19歳の女子大生エミリー・ローズに悪魔祓いを施した末、死に至らしめたとして過失致死罪で起訴された。彼の弁護にあたるのは野心的な女性弁護士エリン。エミリーは精神病で、薬の服用をやめさせたことが原因だと主張する検事側に対し、エリンはムーアの真摯な主張をもとに悪魔の存在を証明していく…。(TUTAYA Onlineより引用)

 

感想/レビュー

エクソシストに関する映画はわりと好きなので見てみました。

率直な感想はエクソシスト映画としてはもの足りなかったという感じです。

実話をもとにしているだけあって、面白みに欠けるというか、エクソシズムの部分がいまいちのような感じがしました。

出演者はトゥルーマン・ショーなどに出演しているローラ・リニー、ローン・レンジャーなどに出演しているトム・ウィルキンソン、アメイジング・スパイダーマンなどに出演しているキャンベル・スコット、ファインド・アウトやハングリー・ラビットなどに出演しているジェニファー・カーペンター、K-19などに出演しているジョシュア・クローズ、デイ・アフター・トゥモローなどに出演しているケネス・ウェルシュなどが起用されていました。

一昔前に活躍した俳優が多く出ていたような気がしますね。

エミリー・ローズ予告編動画(これからみようと思っている方に)

以下からはネタばれになりますので注意してください。

内容は実際に行われた悪魔払いに関するものになります。

ムーア神父(トム・ウィルキンソン)はエミリー・ローズ(ジェニファー・カーペンター)に悪魔払いを行い命を奪ったとして起訴されていた。

ムーア神父は司法取引に応じる気はなく、自分はさばかれてもいいから真実を明らかにしたいと考えていた。

その真実とはエミリーはあくまで病気によって死んだのではなく、悪魔に取りつかれて死んだというものだった。

ムーア神父の弁護士にはある殺人犯の無実を証明した敏腕のエリン・ブルナー弁護士(ローラ・リニー)が担当することになった。

ブルナーは神などを信じない人間だったが、今回の裁判でその考えが一変することとなる。

エミリーが悪魔に取りつかれたのは大学に入ってすぐのことだった。

エミリーの家は決して裕福ではなかったが彼女はなんとか奨学金で大学へ通うことができた。

ジェイソン(ジョシュア・クローズ)という男友達もできていた。

ある日エミリーは午前3時に突然目を覚ます。

何か焦げ臭いにおいがしたため、火事でも起こったのかと思ったのである。

しかし確かめに行ってもどこも燃えてはいなかった。

戻ろうとしたエミリーだったが、不意に扉が勢いよくあいてしまう。

恐怖を感じながらもエミリーはその扉を閉めて再び部屋へ戻った。

眠ろうとしたエミリーだったが、なんと机に置いてあったペン立てがひとりでに動いていた。

続いてベットのふとんがひとりでに動き、何かが自分に近づいてくる感覚に襲われる。

the-exorcism-of-emily-rose-450577l

コレがエミリーが悪魔と初めて接触した時だった。

そのごエミリーの周りでは恐ろしい出来事が頻発するようになった。

彼氏のジェイソンが雨の中何かに脅えるように教会に入っていくエミリーを見つけたが、中に入ってみるとエミリーの声とは別の声で「私にはかまうな」と警告される。

b2cc6cc82c0b9f8068feeb984b8e1228

それでもジェイソンはエミリーを見捨てることはなかった。

その晩、ひどくおびえるエミリーのためにジェイソンはエミリーの部屋に泊って行った。

ジェイソンが目を覚ますと、ベッドにエミリーの姿はなく、床に恐ろしい姿で横になりこちらを向いていた。

emilyrose03

ジェイソンは彼女を実家に戻すことにした。

しかし症状は一向に良くならず、エミリーはとうとう入院するはめになってしまう。

だがこれがエミリーの症状を悪くする決定的なものになってしまう。

エミリーの話では今まではなんとか悪魔に抵抗できていたと語っていた。

しかし病院に入院した時にとうとう抵抗できなくなり悪魔に体を乗っ取られたのだという。

病院では精神病と診断され、薬を処方されていたが、それを飲んでも症状は改善しなかった。

20130707_16914

そのためエミリーは薬での治療をやめて信仰で悪魔と戦うことを決意するのである。

当時エミリーを見た精神科の医者はエミリーは精神病などではなかったと語っている。

いよいよ悪魔払いを行うことになり、ムーア神父はエミリーを拘束し悪魔払いを始める。

20110802073630

しかしエミリーはその拘束を解き馬小屋へと逃げてしまう。

だがここで悪魔払いは続行される。

e3da1980489339ab6b7d467f55d04d9b

ムーア神父は悪魔の名前を聞き出そうとするが、なかなか口にはしなかった。

しかもその過程でエミリーの中には6体もの悪魔が巣食っていることが判明した。

結局この時の悪魔払いでは悪魔を退けることはできなかった。

その夜、エミリーは1通の手紙を書いていた。

それは悪魔払いを行った後に、マリア様に出会いどうして自分に悪魔がとりついたのかというものだった。

exorcism-of-emily-rose-the-20050830052654742-1234629

その時エミリーは悪魔を払って生き続けるか、悪魔を払わずに苦しみを背負うかの選択を迫られたのだという。

そしてエミリーは悪魔を払わないことを決意する。

したがって、エミリーはそのご悪魔払いを受けることはなかった。

ただ、拒食症により食べ物も口にしていなかったため、どんどんやせ衰えていき、ついには死に至ってしまった。

ムーア神父はエミリーに薬を飲ますことをやめさせ、効果のない悪魔払いで彼女を死に追いやったとして罪に問われていたのである。

emiri-saiban

弁護士のブルナーは必死に悪魔払いに関する情報をかき集めた。

この時、ブルナーはムーア神父に警告されていた。

この裁判は闇の力が働いているため、自分も確実に悪魔の標的にされると。

実際、ブルナーは何度も午前3時に目が覚め、不可解な現象に襲われていたのである。

午前3時というのは、キリストが死んだとされる午後3時から最も遠い時間で、悪魔の力が最大限になる時とされている。

エミリーが悪魔に襲われたのもこの時間だった。

ブルナーは恐怖と闘いながらも裁判では決して相手に屈しなかった。

しかし悪魔払いに居合わせた精神科医に出廷を求めていたところ、彼はブルナーの目の前で事故にあい命を落としてしまう。

彼も悪魔の存在を信じていた。

が、彼が悪魔に殺されたのかは謎のままである。

あらゆる可能性を示したブルナーだったが、ムーア神父は過失致死の有罪判決を受けることになってしまう。

しかし、陪審員は刑期を今日までと定め、判事はこれに同意したため、ムーア神父は有罪判決を受けながらも自由の身となったのである。

という感じです。

ちょいちょい怖い場面はありましたが、本家のエクソシストに比べるといまいちといったところですね。

まあ実話に基づいたものなので仕方がないと言えばそれまでですが・・・。

エクソシスト好きにはもの足りないものだと思いますよ。

以上がエミリー・ローズの感想とレビューでした。