ここでは実際に映画「ドラゴン・キングダム」を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

ドラゴン・キングダム・・・2つ星

dragonkingdom01

原 題: THE FORBIDDEN KINGDOM
製作年: 2008年
製作国: アメリカ
出演者: ジャッキー・チェン ジェット・リー マイケル・アンガラノ
    : コリン・チョウ リウ・イーフェイ リー・ビンビン モーガン・ベンワー
監 督: ロブ・ミンコフ
製 作: ライアン・カヴァノー ユエン・ウーピン ジョン・フェルトハイマー
脚 本: ジョン・フスコ

 

あらすじ

アジアが世界へ誇る2大アクション・スター、ジャッキー・チェンとジェット・リーの競演で放つスペクタクル・アドベンチャー。現代のアメリカから古代中国へ迷い込んだ青年が悪の呪いを解く大役を担い、2人の武術の達人と共に邪悪な敵へ立ち向かう。共演はマイケル・アンガラノ。現代のボストン。カンフーオタクの気弱な青年ジェイソンはギャングに脅され、馴染みの質屋を襲撃する羽目に。そしてギャングの凶弾に倒れた老主人から、元の持ち主へ返すようにと金色の棒を託される。しかし、ジェイソンもギャングに追い詰められ、その棒を持ったままビルの屋上から転落してしまう。だがやがて目を覚ますと、時空を越えて古代の中国に行き着いていた。 (TSUTAYA online より引用)

 

感想/レビュー

好きな俳優の1人であるジャッキー・チェンの映画でネットでの評価が割と高かったので見てみました。

ジェット・リーとの初共演作ということもあり話題を呼んだようですが、正直な感想はあまりおもしろくなかったです。

なぜこの映画がこんなに高評価なのか不思議なくらいおもしろくありませんでした。

ジャッキー映画特有の笑いをとってくるような場面もありませんでしたし、アクションもワイヤーを使いまくっていたのでジャッキーとジェット・リーの良さが全く伝わってきませんでした。

こんなに豪華な共演なのに残念の一言です。

なぜ世間の評価はこんなにも高いのか・・・謎です。

まあ確かに予告動画だけ見ればおもしろそうではあるんですけどね。

出演者にはジャッキー・チェンジェット・リーのほかに、エージェント・マロリーなどに出演しているマイケル・アンガラノ、銅雀台などに出演しているリウ・イーフェイ(劉亦菲)、バイオハザードV リトリビューションなどに出演しているリー・ビンビン(李冰冰)などが起用されています。

知っている人は知っている俳優陣ですね。

ドラゴン・キングダム予告編動画(これからみようと思っている方に)

以下からはネタばれになりますので注意してください。

内容は現代のカンフーおたくであるジェイソン(マイケル・アンガラノ)が中華街の質屋である棒を見つけるところから始まります。

その棒は孫悟空が使っていたとされる如意棒で持ち主が現れるまで待っているんだとか。

中国の海賊版DVDを手に入れた帰り道でジェイソンはクラスメイトにからまれてしまいます。

そしていつも行く質屋の強盗の手引をさせられることに。

店主であるポップ(ジャッキー・チェン)は強盗の主犯であるルポに打たれて重傷を負ってしまい、ジェイソンに如意棒を持ち主に返すことを託します。

如意棒を託されたジェイソンでしたが、ルポたちに襲われてビルの屋上から転落します。

気がつくと見知らぬ土地に来ておりそこで早速襲われてしまいますが、通りすがりのルー・ヤン(ジャッキー・チェン)という詩人に助けられます。

そしてルーから如意棒にまつわる伝説を聞きます。

驚いたジェイソンでしたがまたしてもここで如意棒を狙うジェイド将軍に狙われてしまいます。

ルーと将軍を敵と狙うゴールデン・スパロー(リウ・イーフェイ)に助けられたジェイソンは如意棒を孫悟空の元に返すためにカンフーの修業をすることに。

しかしルーたちが目を離したすきに謎の人物に如意棒を奪われてしまいます。

謎の人物はルーにサイレントモンク(ジェット・リー)と名付けられ、如意棒を取り返すためにルーと一戦交えることに。

ルー・ヤン(ジャッキー・チェン)vsサイレントモンク(ジェット・リー)

サイレントモンクは伝説にある導かれし者を探しているのだとか。

その導かれし者がジェイソンなんだとか。

ルーとサイレントモンクは如意棒を孫悟空の元に戻す前にジェイソンを鍛えることに。

ここでへタレのカンフーおたくだったジェイソンは見る見るうちに上達していきます。

しかしある時ジェイド将軍の刺客に襲われルーが重傷を負ってしまいます。

ルーを治すにはジェイド将軍が持っている不老長寿の霊薬を飲ませるしかないとのこと。

ルーを助けたいジェイソンは単身ジェイド将軍のもとに。

そして部下である白髪魔女(リー・ビンビン)と戦いやられそうになります。

その時サイレントモンクとスパロウが助けに来て見事霊薬を得ることに成功します。

復活したルーは白髪魔女と、サイレントモンクはジェイド将軍と戦います。

そして一瞬のすきをついてジェイソンが孫悟空の封印を解くことに成功します。

ここでなんとサイレントモンクが孫悟空の分身であったことが判明します(最初からわかっていますが)。

そして復活した孫悟空がジェイド将軍を倒し、王国に平和が訪れましたとさ・・・という感じです。

さて、孫悟空の封印を解いたジェイソンは元の世界に戻ることに。

気が付いたらビルから落ちたところでした。

当然強盗を行ったルポたちに再度襲われてしまいます。

しかしキングダムでカンフーを習ったジェイソンはルポたちを撃退してしまいます。

現代でスパロウと同じ顔の女性と出会いポップも一命と取り留め一件落着です。

ただ結局ルーとポップが同一人物であるかはわかりませんでした。

最後のセリフからすると同一人物であると思われるのですが・・・・。

という感じの作品になります。

ストーリー的にはおもしろく感じるこの作品をなぜこんなにも面白くなく感じてしまうのか?

それはおそらくアクションシーンがワイヤーを使ったものが多く含まれていたからでしょう。

ジャッキーにワイヤーは映画の質を下げるだけですね。

ジェット・リーとの豪華な共演だっただけに残念の一言ですね。

以上ドラゴン・キングダムのあらすじと感想でした。