ここでは実際に映画「イングロリアス・バスターズ」を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

イングロリアス・バスターズ・・・2つ星

ingrourious02

原 題: INGLOURIOUS BASTERDS
製作年: 2009年
製作国: アメリカ
出演者: ブラッド・ピット メラニー・ロラン クリストフ・ヴァルツ イーライ・ロス
    : マイケル・ファスベンダー ダイアン・クルーガー  サム・レヴァイン
    : ダニエル・ブリュール ティル・シュヴァイガー B・J・ノヴァク
監 督: クエンティン・タランティーノ
製 作: ローレンス・ベンダー
脚 本: クエンティン・タランティーノ

 

あらすじ

「キル・ビル」のクエンティン・タランティーノ監督が、第二次大戦下のフランスを舞台に繰り広げられるナチス殲滅作戦の行方をスリリングに描くアクション・エンタテインメント大作。1944年、ナチス占領下のフランス。かつて、ナチスのランダ大佐によって家族を皆殺しにされた少女ショシャナは、ただ一人逃げ延び、現在はパリで映画館主に身をやつしながら復讐の機会を窺っていた。同じ頃、アルド・レイン中尉率いる連合軍の極秘部隊“バスターズ”がナチスを次々と虐殺、ドイツ軍を震え上がらせていた。そんな中、ショシャナの映画館でナチスのプロパガンダ映画のプレミア上映が決まり、ヒトラーはじめナチス高官が一堂に集結するのだったが…。 (TSUTAYA online より引用)

 

感想/レビュー

ネットでの評価が軒並み高かったので気になってみてみた作品です。

でもその期待とは裏腹に私にとってはあまりおもしろくない映画でした。

ストーリー自体はよくできていたと思います。

ただ全体的に暗い映画で、盛り上がる場面がなかったのも事実です。

こういう感じの映画は私はあまり得意ではないようです。

ブラピの映画は暗いのが多いので、好き嫌いがはっきり分かれますよね。

出演者には言わずと知れたブラッド・ピット、グランド・イリュージョンや人生はビギナーズなどに出演している最近キテいるメラニー・ロラン、三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船やジャンゴ 繋がれざる者などに出演し今作ではアカデミー賞助演男優賞などを受賞した人気急上昇中のクリストフ・ヴァルツ、ホステルシリーズなどに出演しているイーライ・ロス、プロメテウスやX-MENシリーズなどに出演しているマイケル・ファスベンダー、トロイやナショナルトレジャーシリーズに出演しているダイアン・クルーガー、ボーン・アルティメイタムなどに出演しているダニエル・ブリュール、ブラック&ホワイトや三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船などに出演したティル・シュヴァイガーなどが起用されていました。

俳優だけ見るとすごく豪華な顔ぶれですね。

イングロリアス・バスターズ予告編動画(これからみようと思っている方に)

以下からはネタばれになりますので注意してください。

内容は第2次世界大戦中のナチスドイツとイギリスとの対立を描いています。

第一章 その昔…ナチ占領下のフランスで

ユダヤ人ハンターとして恐れられていたハンス・ランダ親衛隊大佐(クリストフ・ヴァルツ)はあるフランス人の一家を訪ねて昔近辺に住んでいたユダヤ人で1つの家族だけが今も行方不明になっていると切り出します。

そしてその家でユダヤ人の家族がかくまわれていることが分かり、ランダ大佐は一家を皆殺しにします。

しかしなんとか娘のショシャナ(メラニー・ロラン)だけは逃げることができ、この娘が後に大きな役割を果たすことになります。

第二章 名誉なき野郎ども

アルド・レイン中尉(ブラッド・ピット)率いる連合軍の極秘部隊“バスターズ”はナチスを残虐な手口で殺すことでその名をドイツに轟かせていました。

ユダヤ系アメリカ人で構成されたバスターズはドイツに乗り込むと捕虜はとらないという方針の下、拷問を加えた上で殺害し、レインの祖先でもあるアパッチ族の慣わしに倣って、各員が100人のナチス兵から頭皮を剥ぐように命令されます。

ここで各隊員は頭をそぎ落とすのですが、これが結構グロかったりします。

またレイン中尉はドイツ人でありながらナチス将校13名を虐殺して監獄に入れられていたスティグリッツ(ティル・シュヴァイガー)を仲間に加えてバスターズの戦力をさらに強化します。

第三章 パリにおけるドイツの宵

1944年6月、ユダヤ人で一家惨殺から唯一逃げ延びていたショシャナはパリに移り住み、エマニュエルと名前を変えて映画館を経営していました。

エマニュエルに思いを寄せるドイツ狙撃兵フレデリック(ダニエル・ブリュール)は自信がモデルとなって自身が主演を務める映画のプレミア会を彼女の映画館で行うように映画監督のゲッベルス宣伝大臣(シルヴェスター・グロート)に申し出ます。

プレミア会を自分の映画館で行うことになったショシャナは映画館に集まるのは憎きドイツ兵の高官ばかりであることから映画館を燃やしドイツ兵を全員抹殺する計画を立てます。

第四章 プレミア作戦

ドイツの高官ばかりが集う映画のプレミア試写会の情報はイギリス軍にも入っていました。

そこでイギリス軍はドイツ語と映画史に堪能なヒコックス中尉(マイケル・ファスベンダー)を呼び寄せプレミア作戦に加わるように指示します。

プレミア作戦にはヒコックス中尉とバスターズのメンバーに加えてドイツ人でイギリス側のスパイでもある人気女優であるハマーシュマルク(ダイアン・クルーガー)が参加する予定でした。

そこでヒコックス中尉はハマーシュマルクと計画を確認するためにドイツ兵になり済ましあるバーへ向かいます。

しかしそこには運悪くドイツ兵が集まっており、さらにドイツ兵の高官将校であるヘルシュトローム少佐(アウグスト・ディール)にヒコックスの正体がばれてしまいます。

ここで激しい銃撃戦となり、ハマーシュマルク以外は皆死んでしまいます。

その後この場を訪れたランダ大佐によってその場にハマーシュマルクがいたことがばれ、疑いをかけられてしまいます。

第五章 ジャイアント・フェイスの逆襲

プレミア上映会で続々とドイツ兵の高官が集まってくる中、ハマーシュマルクはレイン中尉とその他2名をイタリアの友人であることにしレイン中尉達を映画館に招き入れます。

しかし映画館の警備をしていたランダ大佐にハマーシュマルクが呼び出され、スパイであることがばれて殺されてしまいます。

そしてレイン中尉も同様につかまってしまいます。

しかしここでランダ大佐はレイン中尉達を処刑するのではなく、取引したいと申し出ます。

その内容はなんとヒトラー殺しに協力し、自分の地位と安全を保証するようにとのものでした。

イギリス側はこれを了承し、プレミア作戦を続行します。

またその裏ではショシャナがドイツ兵を一掃するために映画館を爆破する計画を着々と進めていました。

そして映画が始まり、終わりにさしかかった頃、プレミア作戦とショシャナの計画が実行され、ドイツ兵は皆殺しにされてしまいます。

作戦がうまくいったランダ大佐は上機嫌でイギリスに亡命するも、レイン中尉はこれがおもしろくなくナイフでランダ大佐の額にナチスのマークを刻むシーンで終了する。

ストーリー自体は本当によくできていると思います。

ただやっぱり雰囲気は好きになれず、結構なエグさの映画でしたね。

ネットでの評価は高いのできっと面白い作品なのでしょう。

ただアクション映画好きにはあまりおすすめできませんけどね。

以上イングロリアス・バスターズのあらすじと感想でした。