ここでは実際に映画「ワールド・ウォーZ」を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

ワールド・ウォーZの評価・・・5つ星

worldworz02

原 題: WORLD WAR Z
製作年: 2013年
製作国: アメリカ
出演者: ブラッド・ピット ミレイユ・イーノス マシュー・フォックス
    : デヴィッド・モース ジェームズ・バッジ・デール ダニエラ・ケルテス
    : ルディ・ボーケン ファナ・モコエナ アビゲイル・ハーグローヴ
    : スターリング・ジェリンズ ファブリツィオ・ザカリー・グイド
監 督: マーク・フォスター
製 作: ブラッド・ピット デヴィッド・エリソン
脚 本: マシュー・マイケル・カーナハン
原 作: マックス・ブルックス

 

あらすじ

人類とゾンビの全面戦争の顛末を綴ったマックス・ブルックスの世界的ベストセラーをブラッド・ピット主演で実写映画化したパニック・アクション超大作。ゾンビの蔓延で世界中が大混乱に陥る中、ワクチン開発のために各地を飛び回る元国連捜査官の主人公が目の当たりにする惨劇の一部始終を圧倒的スケールで描き出す。監督は「007/慰めの報酬」のマーク・フォースター。感染者が凶暴なゾンビと化す謎のウイルスが突如出現し、爆発的な感染拡大で世界が崩壊の危機を迎える。かつて伝染病の調査や紛争地域での調停に手腕を発揮してきた元国連捜査官のジェリーは、国連からウイルス調査への協力を求められる。愛する家族の安全と引き換えに、調査への同行を決意し、世界各地の感染地域へと向かうジェリーだったが…。 (TSUTAYA online より引用)

 

感想/レビュー

CMを見て面白そうだなと思った作品になります。

率直な感想は、非常に面白かったです。

久々にいい映画を見たと思いました。

ただ好き嫌いは結構別れると思います。

私はかなり好きな部類の作品でした。

とってもおすすめなので是非ご覧になってみてください。

出演者にはオーシャンズシリーズに出演しているブラッド・ピット、L.A.ギャングストーリーなどに出演しているミレイユ・イーノス、バーニング・クロスや終戦のエンペラーなどに出演しているマシュー・フォックス、ハートロッカーなどに出演しているデヴィッド・モース、ローンレンジャーやアイアンマン3などに出演しているジェームズ・バッジ・デール、本作がデビュー作となるダニエラ・ケルテス、デンジャラス・ランなどに出演しているファナ・モコエナなどが起用されていました。

ブラッド・ピット以外は最近見るようになった俳優や新人が多く起用されていましたね。

子役の子たちも良かったと思います。

ワールド・ウォーZ予告編動画(これからみようと思っている方に)

以下からはネタばれになりますので注意してください。

内容は突如世界にゾンビがあふれかえるというもの。

元国連職員ジェリー(ブラッド・ピット)はフィラデルフィアで妻のカリン(ミレイユ・イーノス)と長女レイチェルと次女コニーの4人で静かに暮らしていました。

ある日、いつものように娘たちを学校に送っていると、なぜか道路は大渋滞を起こしており、何台ものヘリや白バイが出動していました。

すると前方で突然大きな爆発が起き、暴走したトラックが横を走っていきました。

その場から逃げるようにそのトラックの後を追うが、他の車と接触しやむなく車を捨てて逃げることに。

車外ではおかしくなった人々が逃げ惑う人々を襲っていました。

それらにかまれた人は12秒後には同じような状態になり人を襲っていました。

なんとか車を盗みその場から避難したジェリーたちは、かつての同僚である国連事務次長のティエリー(ファナ・モコエナ)から連絡を受け取ります。

それによると、今回の騒動は世界規模で、謎のウイルスに感染している人の数は増え続けているとのこと。

ジェリーはティエリーに救助を求め、明日の朝には迎えに来ることを約束します。

それまでジェリーたちは郊外のアパートで夜を過ごすことに。

アパートで休めるところを探していると、夫婦と子供の3人の家族が部屋にかくまってくれることになります。

一夜を過ごし、救助のヘリが向かっているため屋上に移動することに。

ジェリーは助けてくれた一家に一緒に来るかと問いますが、一家は一緒には来ませんでした。

屋上に進む途中で例の感染者(ゾンビ)に襲われますが、すんでのところで助けてくれた一家のこどもに救われます。

一家はゾンビにおそわれており、生き残っているのはこどもだけでした。

ジェリーは子供を連れてヘリで一緒に逃げることに。

なんとか重要人物が避難している空母まで避難することに成功します。

そこで元腕利きの国連調査員のジェリーは任務に加わらないと家族を追いだすと脅されます。

ジェリーは家族のため仕方なく国連の調査に協力します。

ジェリーがまず向かったのは最初に「ゾンビ」というワードが入ったメールをよこしていた韓国でした。

そこで感染源の特定をし、ワクチンを作ろうとしていたのです。

ジェリーの仕事は特殊部隊とともに若いウイルス博士の身を守ることでした。

彼が感染源を特定しワクチンを作るという人類の希望だったのです。

韓国の空港に着くと管制塔は無人の状態でした。

外に出ると案の定ゾンビたちに襲われます。

この時逃げようとしたウイルス博士は足を滑らせ、持っていた銃で頭を撃ち抜き死んでしまいます。

ゾンビに襲われているジェリーたちは、在韓米軍基地の生き残りの兵士に助けられます。

彼らの話によると、ある村にいった人物が何かのウイルスに感染し、その患者が別の人間をかみ次々に感染が広がってしまったとのことでした。

8人が犠牲になるも、なんとか事態を鎮圧していた部隊は、その時1人のけがをしている男がゾンビたちに全く襲われなかったという話をします。

また部隊につかまっていた元CIAのエージェントにより、イスラエルはいち早く壁を築きゾンビの被害にあっていないという話を聞かされます。

世界的混乱を救うため、ジェリーは自らの手で原因を究明することを心に決めます。

イスラエルに着くとジェリーはCIAの男から聞いていたユルゲン・ヴァルムブルンという男と接触します。

ヴァルムブルンはインドでゾンビがでたという話を聞き、それを信じることでいち早く対策をとることができたと語ります。

しかし感染源を特定することはできず、できる対処はゾンビから隠れることだけだといいます。

納得のできないジェリーはさらに情報を収集しようと試みますが、壁によりすっかり安心しきった住民たちは大騒ぎしてしまいます。

音に反応するゾンビたちは壁の中にたくさんの人間がいることに気が付き、ついに壁を乗り越えてきてしまいます。

平和だったイスラエルは突如地獄と化します。

イスラエルから脱出するためにジェリーは女兵士のセガン(ダニエラ・ケルテス)と共に空港へ向かいます。

セガンは途中ゾンビに指をかまれてしまいますが、ジェリーがすぐさまて首を切り落としたことでなんとかゾンビにならずに済みます。

ゾンビから逃げる時ジェリーはゾンビどもに素通りされる老人や少年の姿を目の当たりにします。

なんとか最後の航空便に乗ることに成功したジェリーはパイロットに近くのWHOによりワクチン開発の研究がされている施設へと向かうように指示します。

イスラエルで見た現象からゾンビどもから身を守る方法を思いついたからです。

ジェリーはセガンの傷の治療を済ませ、泥のように眠っていると、何か後部座席の方からおかしな声が聞こえてきます。

なんとゾンビが紛れ込み、後部座席はゾンビだらけとなっていたのです。

ゾンビは前方まで押し寄せ、このままでは助からないジェリーはセガンの持っていた手榴弾を機内で爆発させます。

当然飛行機は墜落し、ジェリーも気を失ってしまいます。

気が付くと腹に飛行機の破片が突き刺さっており、他の生存者はいませんでした。

・・・と思いきやセガンは生きており、2人はWHOの研究機関まで歩いていきます。

そこまでたどり着くと、重傷を負っていたジェリーは気を失ってしまいます。

気がついた時には2日以上経過しており、おなかの傷も治療されていました。

ただこの間、国連にはジェリーは死んだと判断されており、家族はカナダのセーフゾーンに移されてしまいました。

ジェリーはティエリーに連絡し、WHOの職員に自分が何者なのかを説明してもらい、そこに来た目的を話します。

ジェリーの考えではゾンビがウイルスを感染させるためには健康な人間が必要であると語ります。

そしてすでに致命的な菌などを持っている人間にはゾンビたちは見向きもしないという大胆な仮説を立てていました。

自身の仮説を証明するためには、まずゾンビだらけとなった棟まで行き、感染菌をとってこなければいけませんでした。

ジェリーとセガンに加えてWHOの職員が菌体を取りに行くことに。

身長に進んでいた3人でしたが、大きな音を立ててしまいゾンビたちに見つかってしまいます。

ジェリーは人におとりとなりセガン達を逃がします。

セガン達はなんとか元の場所に戻ることができましたが、ジェリーは1人で菌体を取りに行くことに。

無事に保管場所まで付いたものの、外にはゾンビが待ちうけていました。

そこを無事に通過するには自分の仮説を実践する必要がありました。

ジェリーは勘を頼りに病原菌を自分に注射し、自ら被検体となりました。

そして十分な時間が経過するのを待って、ゾンビが待ち受けるところへ向かいます。

するとジェリーの仮説通り、ゾンビにはジェリーが見えていないかのように素通ししていきます。

これによってジェリーは見事に仮説を実証し、病原菌がゾンビたちの対策になることを証明したのです。

これを機に病原菌を無毒化したワクチンが開発され、人間の反撃が始まったのです。

任務を話したジェリーは家族が待つカナダへと向かい、無事に再会を果たすのでした。

「ワールド・ウォーZ」はこれから始まるとジェリーは独白し、ストーリーは終わるのでした。

という感じです。

いや~非常に見ごたえがありました。

ゾンビ映画には欠かせないハラハラドキドキ感が常にありました。

笑える部分もあり、非常にできの良い映画だったと思います。

個人的にはブラピの映画の中では最も評価の高い映画ですね。

是非見てみることをおすすめします。

以上がワールド・ウォーZのあらすじと感想のレビューでした。