ここでは実際に映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェストの評価・・・4つ星

deadmanchest2

原 題: PIRATES OF THE CARIBBEAN: DEAD MAN’S CHEST
製作年: 2006年
製作国: アメリカ
出演者: ジョニー・デップ オーランド・ブルーム ビル・ナイ ナオミ・ハリス
    : ステラン・スカルスガルド ジェフリー・ラッシュ キーラ・ナイトレイ
監 督: ゴア・ヴァービンスキー
製 作: ブルース・ヘンドリックス エリック・マクレオド チャド・オーマン マイク・ステンソン

あらすじ

2003年に公開され世界的に大ヒットしたアクション・アドベンチャーの続編。前作に続いてジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイが再登場。呪われた海賊バルボッサとの壮絶な闘いを乗り越え、再びブラックパール号の船長となったジャック・スパロウ。しかし最近なぜか浮かない様子。それもそのはず、彼は、海賊なら誰もが恐れる幽霊船フライング・ダッチマン号の船長デイヴィ・ジョーンズにもうじき魂を奪われようとしていたのだ。彼は13年前、ブラックパール号を手に入れるためジョーンズと“血の契約”を交わしていて、その契約の刻限が迫っていた…。 (TSUTAYA online より引用)

 

感想/レビュー

大ヒット人気シリーズパイレーツ・オブ・カリビアンの第2作目になります。

今まで最初から最後まできちんと見たことが無かったのですが、いまさらながら見る機会があったのでついでに感想を書こうと思った次第です。

出演者は前作に引き続きジョニー・デップオーランド・ブルームキーラ・ナイトレイジェフリー・ラッシュに加えてアンダーワールドシリーズに出ているビル・ナイ、007スカイフォールなどに出演しているナオミ・ハリスなどが出ています。

まあジェフェリー・ラッシュは今作では最後にちょっとだけ出てくるだけなのですけどね。

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト予告編動画(これからみようと思っている方に)

以下からはネタばれになりますので注意してください。

内容は前作の最後にウィル(オーランド・ブルーム)とエリザベス(キーラ・ナイトレイ)がジャック(ジョニー・デップ)の逃走を手助けしたことにより死刑宣告を受けるところから始まります。

ウィルはベネット卿と取引をし、ジャックの持っているコンパスを持ってくることで無罪放免にしてもらうことに。

ジャックを探しある島でブラックパール号を見つけたウィルはその島でジャックと再会しますが。なぜかジャックは先住民の族長になっています。

しかも先住民はジャックが神だと思い込んでおり、肉体という牢獄からジャックの魂を解き放ちたいと思っているとか。

そのためジャックも下手に行動ができない立場にありました。

そのため先住民にウィルがつかまってもほったらかしに。

ウィルは先につかまっていたブラックパール号の乗組員と同じ檻に入れられますが、自力で脱出することに。

その騒ぎに乗じてジャックも自力で逃げることに。

このジャックが逃げるところで笑えるシーンが多数あるのでここは必見です。

思わずクスッとなってしまうと思います。

あれはジョニー・デップならではのシーンですね。

何とか逃げ切った一行ですが、ウィルはジャックにコンパスを渡すように持ちかけます。

ここでジャックはウィルに取引を持ちかけ、ウィルはデイヴィ・ジョーンズのフライング・ダッチマン号に1人で乗りこむことに。

取引とはデイヴィ・ジョーンズのチェストが入っている箱を開ける鍵を持ってくるようにとのことでした。

しかしここでウィルは当然のようにつかまってしまいます。

ウィルはここでなんと父親と再会。

1作目でも話に出てきたブーツストラップビルですね。

まああまり関係はないですけど。

ウィルはジョーンズにゲームを持ちかけ見ごと鍵のありかを聞き出し、デイヴィ・ジョーンズが寝ている間に鍵を盗みます。

そして次はチェストが入っている箱を探しに行きます。

これはジャックが持っているコンパスを頼りに船を進めることになります。

島につきチェストを見つけた一行はチェストの取り合いとなってしまいます。

ここでデイヴィ・ジョーンズの部下も入り混じって大混戦となりますが、結局チェストを手に入れたのはノリントン(ジャック・ダヴェンポート)でした。

しかしデイヴィ・ジョーンズは箱を取り戻してチェストも入っていると思い込んでいるため、ジャックたちが乗っているブラックパール号をクラーケンを使って沈めようとします。

ここでジャックがエリザベスの罠にはまり1人で船に残ることに。

クラーケンに食べられてしまいます。

そして物語は次の作品へということになります。

この作品のいいところはアクションシーンの端々にコミカルなシーンを加えていることだと思います。

思わずクスッとなるような場面がたくさんあるのでとても楽しめる作品だと思います。

やはりジョニー・デップならではの面白さがありますね。

私の一番好きな場面は最初のジャックが族長になっているところで、背中に棒を指したまま逃げるシーンですかね。

ここで棒高跳びみたいになるところがあるんですけど、ここでぎりぎりとんだはいいけど、刺さっている果実がどんどん下にずれてしまい結局落ちてしまうんですね。

ここは笑える一番のシーンだと思います。

家族で見ても面白い作品だと思うので是非見てください。

以上がパイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェストと感想のレビューでした。

最後にパイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェストのNG集があったのでそれも載せておきますね。