ここでは実際に映画「リンカーン/秘密の書」を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

リンカーン/秘密の書の評価・・・4つ星

原 題: ABRAHAM LINCOLN: VAMPIRE HUNTER
製作年: 2012年
製作国: アメリカ
出演者: ベンジャミン・ウォーカー ルーファス・シーウェル ドミニク・クーパー
    : メアリー・エリザベス・ウィンステッド アンソニー・マッキー
監 督: ティムール・ベクマンベトフ
製 作: ティム・バートン ジム・レムリー ティムール・ベクマンベトフ
脚 本: セス・グラハム=スミス

あらすじ

“あのリンカーン大統領はヴァンパイア・ハンターだった”という奇想天外な設定の下、その知られざる活躍を有名な逸話や史実を巧みに織り交ぜて描き出した痛快エンタテインメント冒険活劇。監督は「ウォンテッド」のティムール・ベクマンベトフ。貧しい開拓農民の家に生まれたリンカーンは、幼い頃に最愛の母を失う。その後、母の命を奪った復讐の相手が闇の勢力=ヴァンパイアと知るリンカーン。彼はヴァンパイアの生態をよく知るヘンリーのもとで、ヴァンパイア・ハンターとしての修行を重ねていく。やがて使い慣れた斧を手にハンターとしての活動を始めたリンカーンだったが…。(TSUTAYA online より引用)

 

感想/レビュー

CMが結構おもしろそうだったので期待してみました。

結構おもしろかったです。

主演は本作が出世作となるベンジャミン・ウォーカー(個人的感想)、キャプテンアメリカに出ていたドミニク・クーパー、ツーリストにチョイ役で出たルーファス・シーウェル、メアリー・エリザベス・ウィンステッドとアンソニー・マッキーはいろいろな作品に出ているようだが記憶になし、といった面々が出ている。

リンカーン秘密の書予告編動画(これからみようと思っている方に)

以下からはネタばれになりますので注意してください。

内容は母親がヴァンパイアに殺されて、ヴァンパイア(この時点では知らない)にヴァンパイアハンターになれと訓練を受けてハンターに。

リンカーンやりながらハンターやってるという感じでした。

っていうかヴァンパイア消えたり腕力強かったり人間より確実に強いのにリンカーンに結構あっさりやられ過ぎではないだろうか?

CGの部分は若干もの足りなさはあったが全体的によくまとまった作品だったと思う。

1つ腑に落ちなかったのはリンカーンの親友のアンソニー・マッキーは訓練を受けていないのにリンカーンばりにヴァンパイアを狩っていた。

あの訓練は何だったのか、、、。

まあでも面白かったので良しとしよう。

そういえばヴァンパイアはなぜヴァンパイアを攻撃できないのだろうか?

始祖だからとか言ってたけどなんか自分的にはあまり納得のできない部分だった。

あと途中で友人が裏切ったような感じの場面になった時、自分は結構騙されてしまった。

まさにヴァンパイアの師匠と同じような心境だったと思われる。

でも結局あの友人・・・。