ここでは実際に映画「オーシャンズ11」を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

オーシャンズ11の評価・・・4つ星

oceans1102

原 題: OCEAN’S ELEVEN
製作年: 2001年
製作国: アメリカ
出演者: ジョージ・クルーニー ブラッド・ピット マット・デイモン
     : ドン・チードル バーニー・マック ケイシー・アフレック スコット・カーン
     : シャオボー・チン エディ・ジェイミソン エリオット・グールド
     : カール・ライナー ジュリア・ロバーツ アンディ・ガルシア
監 督: スティーブン・ソダーバーグ
製 作: ジェリー・ワイントローブ
脚 本: テッド・グリフィン

あらすじ

保釈中のカリスマ窃盗犯ダニー・オーシャンは刑務所暮らしの4年間にとてつもない犯罪計画を練り上げていた。それは、ラスベガスの3大カジノの現金がすべて集まる巨大金庫から、厳重な警戒とセキュリティシステムを破って現金を盗み出すというもの。その額なんと1億6000万ドル! オーシャンは旧友のラスティに話を持ちかけ、この計画の遂行に不可欠な各分野のスペシャリストのスカウトを始める。やがて、11人の選りすぐりの犯罪ドリーム・チームが誕生した。こうして11人のプロによる、ミスの許されない秒刻みの史上最大の強奪作戦が始まった……。 (TSUTAYA online より引用)

 

感想/レビュー

大ヒット人気映画オーシャンズの第1作目になります。

何度か見たことがありましたが、久しぶりに見てみました。

やはり完成度が高く非常に面白かったです。

ちなみに今作のオーシャンズのメンバーはこのようになっています。

大泥棒ダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)
詐欺師ラスティー・ライアン(ブラッド・ピット)
2人の恩師でラスベガスの有名人ルーベン(エリオット・グールド)
スリのライナス・コールドウェル(マット・デイモン)
メカ・爆発物を扱うバシャー・ター(ドン・チードル)
イカサマ賭博師フランク・カットン(バーニー・マック)
電気専門のリビングストン・デル(エディ・ジェイミソン)
雑伎団出身のイエン(シャオボー・チン)
潜入担当のマロイ兄弟、バージル(ケイシー・アフレック)とターク(スコット・カーン)
最年長のソール(カール・ライナー)

今作ではその他にジュリア・ロバーツやアンディ・ガルシアなどが出演していました。

オーシャンズ11予告編動画(これからみようと思っている方に)

以下からはネタばれになりますので注意してください。

内容は保釈された大泥棒が、すぐさま次の大規模な計画を仲間と実行していくというもの。

窃盗の容疑で4年間も服役していたダニーは、服役中にラスベガスの3大カジノお金が集まる金庫を破るという計画を立てていた。

カジノの経営者はテリー・ベネディクト(アンディ・ガルシア)という男で、テリーはダニーが服役している時にダニーの元妻であるテス(ジュリア・ロバーツ)をダニーから奪っていた。

ダニーは計画を実行するためにまずは旧知の仲であるラスティーのもとを訪れる。

ラスティーはさびれた賭博場で詐欺をしており、現状にすっかり退屈していた。

ダニーはラスティーに計画の内容を伝え、11人の仲間を集めることに。

まずはお金を出してくれるスポンサーで2人と顔なじみのルーベンを訪ねる。

最初は断られるものの、標的が自分のホテルをつぶしたベネディクトであると聞くとすっかりやる気になる。

そして、爆弾専門のバシャー、いかさま師のフランク、伝説の詐欺師のソールなどその筋の専門家たちを次々に集めていく。

最後にダニーの知人で伝説的な泥棒であるボビーの息子のライナスを引きいれ、11人のメンバーを集めることに成功。

綿密な計画が立てられていく。

まず電気専門のリビングストンはカジノに潜入し、監視カメラをハッキングすることに成功する。

アジトには金庫の模型を作成し、軽業師のイエンに何度も練習させていた。

バシャーはラスベガスを停電させるために爆発の計画を立てていたが、建物の爆破解体により計画が破たんしてしまう。

そこでラスベガスに停電を起こせる「ピンチ」という機会を盗みに行くことに。

ダニーやバシャーが盗みに行くがライナスは車で留守番だった。

自分にもできると思いこんだライナスはダニーたちの後を追ってしまうが、その直後にダニーたちは盗み出してきてしまう。

ライナスが一人捕まりそうになり、ダニーたちは助けに行くことに。

すんでのところでライナスを助けることに成功する。

こうしてピンチを手に入れることに成功する。

そしていよいよ計画を実行することに。

まずダニーはわざとベネディクトの部下に捕まり、カジノ内部に潜入することに成功する。

ソールが大富豪に化けて、金庫に爆弾を持ち込むことにも成功。

イエンが荷物の中に隠れてこちらも金庫に潜入することに成功する。

ライナスはベネディクトから金庫の暗証番号を盗むために内部に潜入させていたフランクと協力して、見事暗証番号を盗むことに成功する。

エレベータに乗り見つかりそうになるも、ソールが迫真の演技で死んだふりをし、それを見に来た医者はラスティ―であった。

ソールはここで死んだことに(笑)。

ライナスが見つかる前にリビングストンが監視カメラをハッキングし、なんとかばれずに潜入が成功する。

そしてここで計画から外されていたと思っていたダニーとライナスが合流することに。

ダニーとライナスがエレベーターから金庫に続く道を進む準備を進め、張り巡らされた赤外線探知機を停止させるために、ここでバシャーがピンチを作動させる。

見事停電を起こすことに成功し、2人は探知機をかいくぐり金庫へ進んでいく。

ちょっとしたトラブルがありながらも、金庫に潜入していたイエンも中から爆弾をセットすることに成功する。

しかしてが挟まり爆発に巻き込まれそうになるも、なんとここで起爆装置の電池が切れており、イエンはすんでのところで危険を回避できた。

金庫内部に潜入し、それをベネディクトに見せつける。

ダニーたちは自分たちを無事に外に逃がしてくれたら半分の8000万円を残してやると交渉する。

ベネディクトは条件をのんだふりをして警察に電話。

すぐにSWATが駆け付ける。

SWAT部隊が突入するも中には既に誰もいない状態だった。

ここが最大のネタバレですが、実はSWATがダニーたちが変装した姿であり、最初に持ちだしたカバンはお金ではなく、車にも誰も乗っていなった。

ダニーたちはおとりを使って、自分たちはSWATになり済ますことによって堂々とカジノに入り、カバンにお金を詰め込んで逃げることに成功するのだった。

ダニーは保釈期間中であったため、再び刑務所へ。

3ヶ月から6ヶ月後に出所し、ラスティーが迎えにきた。

車にはベネディクトから取り返したテスも同乗していた。

こうしてごとにカジノの金を強奪することに成功するのだった。

という感じです。

はっきり言ってこの作品の面白さは文章では伝わりませんね。

シリーズの中でこの作品が一番おもしろいと思うので、是非ご覧になってみてください。

こんなに豪華な俳優が出る映画は他にはなかなかありませんよ。

以上がオーシャンズ11の感想とレビューでした。