ここでは実際に映画「テイカーズ」を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

テイカーズの評価・・・4つ星

takers2

原 題: TAKERS
製作年: 2010年
製作国: アメリカ
出演者: マット・ディロン ヘイデン・クリステンセン チップ‘TI’ハリス
    : イドリス・エルバ クリス・ブラウン ジェイ・ヘルナンデス ゾーイ・サルダナ
    : マイケル・イーリー ポール・ウォーカー
監 督: ジョン・ラッセンホッブ

あらすじ

マット・ディロン、ポール・ウォーカー、ヘイデン・クリステンセン、クリス・ブラウンはじめ人気スターの共演で全米スマッシュ・ヒットとなったスタイリッシュ・クライム・アクション。監督は長編2作目の新鋭ジョン・ラッセンホップ。綿密な計画のもと、年に一度だけ大仕事をして確実に大金をせしめ、普段は優雅なセレブ生活を満喫するゴードンら5人の銀行強盗グループ“テイカーズ”。一方、テイカーズを必死に追う刑事ジャックとその相棒エディは、少ない手がかりから徐々に核心へと迫っていく。そんな時、テイカーズの前に出所したばかりのかつての仲間ゴーストが現われ、かつてない大きな強盗計画を持ちかけるが…。 (TSUTAYA online より引用)

 

感想/レビュー

ポール・ウォーカーが出演していたので気になってみた作品です。

出演はクラッシュなど数多くの作品に出演しているマット・ディロン、スターウォーズの2,3作目やジャンパーに出演しているヘイデン・クリステンセン、マイティーソーシリーズやプロメテウス、パシフィック・リムなどに出演し今のりに乗っているイドリス・エルバ、そしてワイルドスピードシリーズに出演しているマイケル・イーリーポール・ウォーカーといった豪華俳優陣の共演作です。

知っている人が見たら超豪華だと思う俳優陣になります。

オーシャンズの次ぐらいに豪華な俳優陣がそろっているんじゃないですかね(笑)。

テイカーズ予告編動画(これからみようと思っている方に)

以下からはネタばれになりますので注意してください。

内容はテイカーズという強盗団が綿密な計画を立てて大金を強奪していくというものです。

テイカーズはもともと6人だったが前の仕事でゴーストがつかまっていました。

そしてゴーストが出所すると5人の前に再び現れて仕事の話を持ちかけます。

しかしこの仕事はゴーストが他の強盗団から教えてもらった内容の仕事でした。

これが最後のシーンに大きくかかわってきます。

ゴーストからの仕事を持ちかけられたテイカーズは疑いながらも仕事を受けることに。

そして綿密な計画を立てていつも通り現金を強奪します。

今回は現金輸送車が運んでいる30億ドルを強奪するというものでした。

本当にそんな車が通るのか疑いながらも計画を実行。

うそならゴーストを殺して計画終了だったのですが、すんでのところで現金輸送車が登場。

道路を爆破し地下に落として現金を強奪することに。

しかしタイミングが合わず車を地下に落ちませんでした。

しかしここでジョン(ポール・ウォーカー)が車に乗り込んで無理やり現金輸送車を地下に落とします。

そして現金を強奪しメンバーはちりぢりに。

しかしここでジェシー(クリス・ブラウン)が警察に追われることになります。

なんとここでジェシーは警察を射殺。

まあこれはストーリー上あまり関係ないんですが・・・。

何とか逃げ切ったメンバーはホテルの一室に集合。

ここでゴーストが裏切ります。

最初に言ったゴーストが仕事の内容を教えてもらった同業者が起こってゴーストを殺しに行きます。

しかしゴーストは仲間を売ることでこれを回避します。

テイカーズはゴーストの代わりに同業者に襲撃されます。

ここでヘイデン・クリステンセンは死んでしまいます。

なんとかこれらを撃退したテイカーズは裏切ったゴーストを・・・。

結末は自分で見てくださいね(笑)。

ストーリーは単純で見やすい作品だったと思います。

ただ最後はちょっとしっくりこなかったというかここで終わりかという感じでした。

でもこれだけ有名な俳優陣が出演していたのにもかかわらず、お互いの個性をつぶし合うことなく1つのまとまった作品に仕上げていた点は評価できると思います。

個人的にはもっとポール・ウォーカーがメインで話が進むとうれしかったんですがね。

まあ面白い作品ではあるので1度見てみるのもいいと思います。

以上がテイカーズのあらすじと感想のレビューでした。