海外ドラマ

海外ドラマ「Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第二章 王国の激突」第十話『Valar Morghulis/勝者』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第二章 王国の激突」第十話『Valar Morghulis/勝者』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

第二章 王国の激突 相関図(クリックで拡大)(スターチャンネル公式サイトより引用)

GOT2

 

第十話/エピソード10のあらすじ

戦闘で傷を負い意識を失ったティリオンだったが、目覚めると頭に包帯が巻かれた状態でベッドに寝かされていた。スタニスに勝利した新王ジョフリーは玉座のある謁見室で戦闘で功を立てた者を称え、祖父タイウィン公に国の統治を引き受けてほしいと“王の手”に任命。ラニスター軍と同盟を組み参戦したロラス・タイレルには、サンサとの婚約を破棄して彼の妹マージェリーを王妃にすると約束する。一方、ウィンターフェル城を占拠したシオンは北部軍に囲まれ、ルーウィンはシオンに降伏するよう進言する。孤立無援となったシオンの部下までも謀反を起こす。デナーリスが“不死者の館”でドラゴンを見つけた頃、“壁”には真の脅威が迫っていた…。(ワーナー公式サイトより引用)

 

Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第二章 王国の激突 動画(これからみようと思っている方に)

以下からは第二章 王国の激突の第十話『Valar Morghulis/勝者』のネタばれになりますので注意してください。

戦争が終わり、ティリオンは見知らぬ部屋のベッドの中で目を覚ました。

pdvd_287

目の前にいたグランド・メイスター・パイセルにどこだと聞くと自分の新しい部屋だと言われる。

この戦争でティリオンは王の手の任を解かれており、新たにタイウィンが王の手となっていた。

ジョフリーは皆の前で改めてタイウィンを王の手に任命。

更にタイレル家とラニスター家の仲を取り持ったリトルフィンガーにはハレンホール城が与えられた。

ジョフリーがロラスに望みはあるかと尋ねると妹のマージェリーを王妃にしてほしいと言いだす。

29margaery.bmp

ジョフリーはサンサとの婚約を破棄しマージェリーを新たな王妃として迎え入れる。

サンサは心の中で大喜びするも、そこへリトルフィンガーがやってくる。

2x10-Valar-Morghulis.mkv3970

そしてウィンターフェルに帰れると思っているサンサに王は今後も君を虐待し、女となった君に別の楽しみ方をすると警告してくる。

リトルフィンガーは家に帰してやろうかと提案してくるが、サンサはこれを断ってしまう。

一方、ティリオンのもとにヴァリスがやってくる。

そしてティリオンを狙った自軍の兵士はサーセイの指示だったと教える。

またヴァリスは友のあかしだと言いティリオンの元にシェイを連れてくる。

シェイは一緒にペントスへ行こうと誘うが、ティリオンは自分は他人を出し抜いて楽しむのが好きだと言ってそれを断る。

その後ヴァリスは娼婦のロスの元へ向かった。

そしてリトルフィンガーから解放してやろうかと持ちかけたのである。

戦争に負け撤退したスタニスはメリサンドルを責めた。

王になるためにレンリーを殺したことをスタニスは後悔したが、メリサンドルはあなたはこれからも大切にしてた者たち全てを裏切る。

でもその価値がある、あなたは光の戦士に他ならない、王を名乗る偽者を征伐する、そして王になると告げる。

そのころ、ジェイミーをキングスランディングに連れて行っているブライエニーがつるされた少女の死体を発見する。

2x10-Valar-Morghulis-game-of-thrones-31040147-1333-750

ブライエニーがその死体を埋葬しようとするとそこへスタークの兵が3人やってくる。

なんとかやり過ごそうとするが、連れているのがジェイミーだとばれてしまう。

ブライエニーは仕方なく3人と戦い皆殺しに。

一方、ロブはタリサと結婚したいとキャトリンに話していた。

キャトリンはフレイ公との約束を破ればタダで済まないと警告するがロブは聞く耳を持たない。

そしてロブとタリサは2人だけで密かに結婚してしまうのだった。

valar-morghulis-robb-stark-game-of-thrones-married

ところ変わって、ウィンターフェルを乗っ取ったシオンはスターク軍に包囲されていた。

シオンの軍は20人に対し敵は500人と勝ち目はなかった。

シオンはメイスター・ルーウィンに弱音を吐き、ルーウィンは今すぐ逃げるよう助言。

それが無理なら北へ行きナイツウォッチになるしかないと言ったが、シオンはグレイジョイが逃げるなど一家の恥だと拒否した。

覚悟を決めたシオンは兵の前で演説し喝を入れるが、兵はシオンには従わず彼を後ろから殴り気絶させウィンターフェルから撤退した。

Alfie-Allen-Game-of-Thrones-Valar-Morghulis

この時メイスター・ルーウィンは敵の刺され重傷を負ってしまい、城は焼き払われてしまう。

地下墓所に隠れていたブランやリコンは出てきて無残な光景に愕然とする。

その後、ブランたちはある木の下でルーウィンを発見する。

maxresdefault

死んではいなかったもののもう時間の問題だった。

オシャはルーウィンに南のスターク軍と合流するつもりだと話すと、南ではなくジョンのいる北の壁を目指せと言われる。

ルーウィンはブランたちを遠ざけると、2人を守れるのはお前だけだとオシャに託し、ナイフで楽にしてほしいと頼んだ。

こうして4人は北に向けて出発することとなる。

一方、ジャクェンの協力によりハレンホールを脱出したアリアとジェンドリー、ポットパイの3人。

その途中でジャクェンが待っていた。

ジャクェンは自分と一緒にブレーヴォスに来るかとアリアに尋ねたが、アリアは兄弟を探しに行かないとと言い申し出を断った。

するとジャクェンは貨幣を渡し、自分が必要になったらブレーヴォス人に「ヴァラー・モルグリス」と言えとアリアに伝えた。

game of thrones valar morghulis

そして一瞬にして顔を変えアリアたちの前から去って行った。

再びところ変わって、デナーリスはジョラー達と共に不死者の館へと足を運んだ。

だが中心に位置する塔に来ても入口がない。

デナーリスとジョラーはその塔を一蹴すると、デナーリスが姿を消す。

何らかの方法により中に入れられたデナーリスは一人でドラゴンの声のする方へと向かった。

そして奥にはパイアット・プリーがおり、3匹のドラゴンも一緒に拘束されていた。

thrones_valar3

パイアット・プリーはデナーリスを一生捕らえたままドラゴンを利用すると言ったが、デナーリスの掛け声でドラゴンたちは一斉に火をふきパイアット・プリーを焼き殺した。

その後ザロのもへ行ったデナーリスは彼の金庫のカギを奪い裏切っていた侍女とザロを連れて金庫へ向かった。

デナーリスが金庫を開けると中には何も入ってはいなかった。

デナーリスはザロと裏切った侍女をその金庫の中に閉じ込め、ザロの金品を全て奪い海を渡る準備を進めるのであった。

そのころ、野人に捕らえられたジョンはマンスレイダーの元へ連行されていた。

しかし途中でクォリンがわざとジョンと対立したように見せかけ一騎打ちをすることに。

valar-morghulis-03-1024

2人とも生き残れないと悟っていたクォリンは自らをジョンに殺させ「ナイツウォッチの仕事は壁を守ることだ」と言い息を引き取った。

その戦いを見ていた骸骨公はジョンの拘束を時、マンスレイダーに会う時だと言ってジョンを野人の集落へと連れて行った。

一方、ジョンの帰りを待っているサムはグレンやドロラス・エッドと共に冬を乗り切る準備をしていた。

するとそこで仲間からの笛の合図が聞こえる。

笛の合図は3回なり、ホワイトウォーカーの襲撃を意味していた。

仲間たちはすぐに逃げて行ったがサムは置いていかれてしまう。

そして次の瞬間、サムはホワイトウォーカーの大群を目にしたのであった。

1280x720-cLw

----------------------------------------------------------------------------------

ティリオンに来ていたけどホントかわいそうになってきますね。

ジョフリーはサンサとの婚約を破棄しちゃいましたし。

でも誰も見てないところでサンサはスゴイ嬉しそうでしたね。

アリアに協力していたジャクェンは実は魔術師だったんですね。

実はものすごいいいやつだったりして。

ロブはタリサと結婚しちゃってフレイ公が黙ってないでしょうね。

シオンが後ろから殴られた時は思わず笑っちゃいました(笑)。

ジョンの立場は若干良くなったけど、このまま野人として暮らしていくんですかね?

ホワイトウォーカーついに来たので、ここから別の戦争がはじまりそうですね。

第3章も楽しみです。

ゲーム・オブ・スローンズ 第三章:戦乱の嵐-前編-

以上が第二章 王国の激突の第十話『Valar Morghulis/勝者』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.