海外ドラマ

海外ドラマ「Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第三章 戦乱の嵐-前編-」第一話『Valar Dohaeris/新たな時代』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第三章 戦乱の嵐-前編-」第一話『Valar Dohaeris/新たな時代』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

第三章 戦乱の嵐-前編- 相関図(クリックで拡大)(スターチャンネル公式サイトより引用)

GOT2

 

第一話/エピソード1のあらすじ

“ホワイト・ウォーカー”との新たなる闘いが幕を開ける。熾烈な戦闘のすえ、生き残った“冥夜の守人(ナイツ・ウォッチ)”たちは“壁”への帰還を決断し、南へ向かう。一方、ジョンは“壁の向こうの王”マンス・レイダーと対面を果たし、彼の信頼を得ることに成功する。キングズ・ランディングではティリオンが父親であるタイウィン公に戦功をあげた見返りを主張するが、タイウィン公の怒りを買ってしまう。サンサのもとに現れた“小指(リトルフィンガー)”は首都を離れる任務があればサンサを連れ出せるかもしれないと話す。一方、デナーリスは軍隊を築くため“奴隷商人湾”へ向かう。(ワーナー公式サイトより引用)

 

Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ 第三章 戦乱の嵐-前編- 動画(これからみようと思っている方に)

以下からは第三章 戦乱の嵐-前編-の第一話『Valar Dohaeris/新たな時代』のネタばれになりますので注意してください。

仲間に置き去りにされホワイトウォーカーに遭遇したサム。

なぜかホワイトウォーカーはサムに手を出すことはなく、サムは一目散に仲間の元へ帰っていく。

その途中、味方らしき男がうずくまっているのを発見する。

サムが恐る恐る顔をのぞくと男は殺されていた。

301BlackBrother

そこへホワイトウォーカーがやってきてサムを襲ってくる。

だが間一髪のところでゴーストがやってきてサムを守る。

続いてモーモント総帥もやってきてホワイトウォーカーの体に火をつけた。

モーモント総帥は脅威が迫っていることを壁に伝えなければと言い、壁に戻ることを決意する。

そのころ、野人の集落に連れて行かれたジョンは巨人族など見たこともない種族を目にし驚く。

Game_Of_Thrones_-_Valar_Dohaeris_-_Jon_looks_at_a_giant

そしてついにマンスレイダーに謁見する。

ジョンはなぜ仲間になりたいのかと聞かれ、自分はホワイトウォーカーと戦いたいからだと話すとマンスレイダーの信用を得ることに成功する。

一方、戦いに敗れたスタニス軍の腹心であるダヴォスは重傷を負いながらも生きて孤島に打ち上げられていた。

ダヴォスは近くを通った船に助けてくれたと合図を送る。

乗組員にどこのを王に忠誠を誓っているのかと尋ねられると正直にスタニス王だと言った。

幸運にもその船は親友のサラドール・サーンの船だった。

ダヴォスは彼にスタニスに元まで送ってほしいと頼むが、サーンは今やスタニスはメリサンドルにしか会わず従わない物は闇に仕える者と呼び火あぶりにしていると教えた。

それでもダヴォスはスタニスに会うことを曲げず、なんとかスタニスのいるドラゴンストーンまで送ってもらえることに。

スタニスに会ったダヴォスは今すぐメリサンドルから離れるよう進言するが、逆にメリサンドルは自分がいればワイルドファイヤにやられた味方を助け戦争を勝利に導けたと反論される。

怒ったダヴォスがメリサンドルに襲いかかろうとするも衛兵に抑えられ、牢獄に入れられてしまう。

3x01-Valar-Dohaeris-game-of-thrones-34127324-1021-571

一方、キングスランディングでは回復したティリオンが行動を起こしていた。

ディリオンはポドリックにブロンを連れてくるよう指示し、娼婦と楽しんでいたブロンを無理やり連れて行く。

ポドリックが返ってくる前にティリオンの元へサーセイがやってくる。

サーセイはティリオンがタイウィンに会おうとしているという情報を入手し、自分が刺客を放ったことを話されないかと探りを入れてきたのである。

これに対してティリオンはただ愛する父親に会いに行くだけだと言い話をごまかした。

そうこうしているうちにポドリックがブロンを連れて帰ってくる。

ブロンは部屋の前で待っているシティウォッチといざこざを起こし一触即発の雰囲気になってしまうが、すんでのところでサーセイが出てきて場はおさまった。

ティリオンはブロンを護衛に付けるとタイウィンに会いに向かった。

ティリオンはタイウィンにジェイミーがいない今キャスタリー・ロックを治める権利は自分にあると主張するが、これに対して

3x01-Valar-Dohaeris-game-of-thrones-34117943-1920-1080

「生まれるときに母親を殺した、出来損ないの邪悪な奴だ」と罵り、
「家名を名乗らせているのは、自分の子ではないと証明出来ないからだ。二度とキャスタリーロックを主張するな」

と告げられる。

同時刻、サンサはシェイと共に船を眺めて談笑していた。

そこへリトルフィンガーがやってきて自分がキングスランディングを離れる時に連れていけるかもしれないから準備をして置くようにと話す。

その傍らでロスはシェイにサンサから目を離さずリトルフィンガーにも用心しろと話した。

got0301-1780

一方でジェイミーは輿に乗って蚤の溜まり場を通り過ぎようとしていた。

すると後ろの輿からマージェリーが降りて中へ入っていってしまう。

マージェリーは今回の戦で親を失った子供たちを慰め支援していたのである。

Valar_Dohaeris_still_

その夜、マージェリーは食事の場でサーセイから蚤の溜まり場に行くのは危険だと警告されるが、「飢えは人を野獣にする、タイレル家がその手助けをできることが幸せ出ある」と言い、サーセイの警告を一蹴する。

その姿にジョフリーはすっかり魅了されてしまい、マージェリーの見方をしてしまう。

そのころ、ハレンホールに到着したロブは惨劇を目の当たりにする。

game-of-thrones-s3-ep1-img2

城内の人間が一人残らず殺されていたのである。

その中にはタリー家の旗主マリスター家の者も殺されていた。

ただかろうじて息があったメイスター・クァイバーンをを救うことだけはできた。

しかしロブは反対するタリサをよそにキャトリンを再び幽閉してしまう。

ところ変わって、船を手に入れたデナーリスはアスタポアへ向けて出港していた。

ドラゴンたちの成長速度はすさまじかったが、デナーリスはまだ不十分だと嘆いていた。

game-of-thrones-3.01-Valar-Dohaeris-dragons

また初めて船に乗ったドスラク人たちは皆船酔いでダウンしていた。

ジョラーは奴隷市場でアンサーリード(穢れなき軍団)を手に入れ軍隊を作れば鉄の玉座を得る手段になると進言する。

アスタポアにつくとデナーリスは早速奴隷商人のクラズニスにあい、軍隊を手に入れようとする。

game-of-thrones-3.01-Valar-Dohaeris-main

ただその奴隷たちの過酷な訓練と非情な行いをデナーリスは憂いていた。

その後デナーリスが街を歩いていると一人の少女と出会う。

しかしその後ろからはフードをかぶった謎の人物が後をつけていた。

デナーリスは少女に優しく接するが、なんとその少女は黒魔術師でありデナーリスの命を狙う刺客だった。

デナーリスはサソリに殺されそうになるも、それを救ったのは後ろからつけていた謎の人物だった。

Barristan_Manticore_S3_Ep1

その男はロバート王のキングスガードだったバリスタン・セルミーだった。

バリスタン・セルミーはもう二度と裏切りはしないと誓い、クイーンズガードに加えてほしいとデナーリスに忠誠を誓うのだった。

----------------------------------------------------------------------------------

逃げ遅れたサムなんとか無事でしたね。

ちゃっかり先に逃げた仲間も生きていましたし。

ただホワイトウォーカーと争った跡なのかかなり傷ついていましたね。

ジョンはマンスレイダーに気にいられることに成功しましたが、果たしてどうなることやら。

ティリオンは父親からもないがしろにされてさすがにかわいそうですね。

サンサに近寄ってくるリトルフィンガーは相変わらず信用できませんし。

ドラゴンは着々と大きくなっていますね。

これはデナーリスが攻めてくるのも近いのでは。。

以上が第三章 戦乱の嵐-前編-の第一話『Valar Dohaeris/新たな時代』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.