ここでは実際に映画「ゼロ・グラビティ」を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

ゼロ・グラビティの評価・・・3つ星

gravity02

原 題: GRAVITY
製作年: 2013年
製作国: アメリカ
出演者: サンドラ・ブロック ジョージ・クルーニー エド・ハリス
監 督: アルフォンソ・キュアロン
製 作: アルフォンソ・キュアロン
脚 本: アルフォンソ・キュアロン ホナス・キュアロン

あらすじ

「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」「トゥモロー・ワールド」のアルフォンソ・キュアロン監督が無重力の宇宙空間を舞台に贈るSFサスペンス。スペースシャトルで船外活動中に予期せぬ事故で宇宙空間へ放り出された2人の宇宙飛行士の運命を、無重力の世界を圧倒的な臨場感で再現した3D映像でスリリングに描く。出演はサンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー。地上600kmの上空で地球を周回しているスペースシャトル。今回が初めてのミッションとなる女性エンジニアのストーン博士は、ベテラン宇宙飛行士コワルスキーのサポートを受けながら船外での修理作業に当たっていた。その時、不慮の事態で大量の破片がスペースシャトルを襲う。衝撃で漆黒の宇宙へと放り出されてしまう2人だったが…。 (TUTAYA Onlineより引用)

 

感想/レビュー

スゴイ話題になっていた作品なので取りあえず見てみました。

率直な感想はやっぱり思っていた通りこんなもんだったなぁ・・・という感じです。

出演者が2人だけだということを知っていたので、過度な期待はしていませんでしたが、やはり想像していた通りの感じでした。

悪くはないんですが別段よくもなかったですね。

出演者にはスピードやデンジャラス・バディなどに出演しているサンドラ・ブロック、オーシャンズシリーズなどに出演しているジョージ・クルーニー、あと声だけでしたがスノー・ピアサーなどに出演しているエド・ハリスらが起用されていました。

・・・少ないですね(笑)

ゼロ・グラビティ告編動画(これからみようと思っている方に)

以下からはネタばれになりますので注意してください。

内容は宇宙で船外活動をしていた乗組員が事故に巻き込まれるというもの。

医療技師を務めるライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)はハッブル宇宙望遠鏡の修理のため宇宙で船外活動をしていた。

Gravity-Sandra_Bullock-George_Clooney-004

チームを率いるのはマット・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)で、他にも数名の仲間がいた。

望遠鏡を修理している博士は何度も調整してはデータを送信するが、なかなかデータが送信されずどこが悪いのかわからず苦労していた。

そんな時、マットたちにある連絡が入る。

それはロシアが自国の衛星をミサイルで破壊した際にでた破片が宇宙空間を漂っているというものだった。

ただ現時点ではその破片が自分たちのところまで来る可能性は低かった。

データがなかなか送信できないため博士はアームを利用して別の場所を見てみるがそれでもうまくいかない。

zero_gravity_trinity_01._V368293522_

と、そうこう作業していると事態は急変する。

例の破片がこっちに向かってきているようなのだ。

もともとの破片自体は飛んできていないものの、その破片が別の衛星に当たって2次的に被害が広がり破片が同じ軌道に入ってしまったのである。

マットはすぐに船外活動をやめてシャトルに避難するように指示した。

だが博士はもう少しで作業が終わるといい船外に残ってしまう。

気が付いた時には破片はもうよけられない位置まで来ていた。

無数の破片が時速3万2000kmで襲いかかってきたのである。

01

修理していた望遠鏡はもちろんのこと、シャトルでさえも甚大な被害をこうむった。

更にアームが破壊せれてしまい、博士は一人で宇宙空間に放り出されてしまったのである。

博士が混乱する中、マットは冷静になるよう呼び掛ける。

マットの言葉で冷静さを取り戻した博士は現在地をマットに知らせ助けに来るのを待った。

ただ酸素残量が残り9%しかなかった。

数分後、博士を見つけたマットが助けにやってくる。

マットは博士を自分にくくりつけるとひとまずシャトルへ戻った。

だがシャトルはボロボロになっており、外で作業をしていたクルーはもちろんのこと中にいたクルーも既に息はなかった。

シャトルはすでに全壊状態だったため、マットは近くを飛んでいるISSに向かうことに。

マットは博士に語りかけながら一緒にISSを目指した。

gravity-movie-review-space-2

だが直前でマットの燃料が尽きてしまう。

2人はISSに体当たりする形で突っ込むこととなる。

マットと博士はなんとかISSになどり付くことに成功するが勢いを殺すことはできなかった。

131003_zerogravity

博士は開いていたパラシュートのひもに足が絡まり、なんとかその場にとどまった。

だがマットは宇宙空間に放り出されてしまう。

必死にロープを手繰り寄せる博士。

だがマットはこのままでは2人とも死んでしまうことを理解していた。

マットは2人をつないでいるロープを自ら切り離し一人宇宙空間へと流されていった。

a0212807_2358758

マットはライアンに最後の指示を出し、何が何でも生きて帰ると約束させる。

酸素残量が0%の中、ライアン博士は最後の力を振り絞って必死にISSの入口まで向かった。

なんとかISSの中に入ることができた博士はすぐに通信室に向かったが誰も応答してくれなかった。

02

どうしようか模索する中、更なるトラブルが発生する。

ISSで火災が発生したのである。

博士はすぐにISSにある宇宙船であるソユーズに乗り移った。

ソユーズはすでに着陸用のパラシュートが開いてしまっているため、それで地球に変えることはできなかった。

マットは通信が切れる前にソユーズに乗って中国の宇宙ステーション『天宮』に向かうように指示していた。

博士はソユーズを起動させすぐに天宮に向かおうとする。

だがソユーズのパラシュートがISSに絡まってしまい飛び立てない。

20131220192011

博士は船外にでて自分の手でパラシュートを外すことに。

しかしここで再び無数の破片が博士に襲い掛かる。

博士は必死に船体につかまりながらパラシュートを取り外し、再び船内に戻った。

20141105165406

準備が整ったためいよいよ天宮目がけて飛び立とうとする博士だったが、またしてもトラブルが発生する。

なんと燃料が全くなかったのである。

コレでは天宮まで向かうことなどできない。

死を悟った博士は自らの手で酸素バルブを緩めて船内の空気を抜いた。

maxresdefault2

ゆっくりと意識が遠のく中、ここで奇跡が起こる。

なんとマットがソユーズにやってきたのである。

maxresdefault

そして博士に最後まであきらめなといい、天宮まで行く方法を伝える。

博士が気が付くと、もう隣にマットはいなかった。

そう、幻覚だったのである。

だがコレで希望を取り戻した博士はバルブを閉めて最後の賭けに出る。

それは着陸に使う逆噴射の推進力を利用して天宮まで向かうというものだった。

博士はソユーズの船体を外し逆噴射を使って天宮まで向かった。

fd1e8ddc

タイミング良く船体から飛び出し消火器を使って方向を修正しながら見事に天宮までたどり着いた。

だが天宮はすでに大気圏に突入しようとしていた。

Gravity-movie-2013-trailer-screenshot-debris

急いで船内に入った博士はマニュアルを読み着陸プログラムを発動させる。

大気圏に突入し船体に大きな負担がかかる中、一瞬ヒューストンとの連絡が復活する。

だがその連絡に応答できるほど博士に余裕はなかった。

なんとか無事に大気圏を突破しパラシュートも開き海に不時着することに成功。

水が入ってくる中急いで船外に乗り出した博士。

博士は奇跡的に地球へと生還したのである。

・・・という感じです。

正直展開としてはよくあるパターンで、特別わくわくするようなシーンはなかったように思います。

まあでも出演者2人にしてはまあまあだったと思いますが。

可もなく不可もなくと言った感じなので見る際は過度な期待はしすぎないようにしてくださいね。

以上がゼロ・グラビティの感想とレビューでした。